探偵ブログ

探偵の皮算用

訳あって20年近くも音信不通の孫に会いたいという相談がございました。ご相談者は80過ぎの老夫婦。孫が出来てしばらくして、家同士の諍いが元で音信不通となり、以来、最近では風の便りさえなくなってしまったそうです。会うことが出来なければ、せめて成長した写真、電話でも手紙でも何でもいいから孫と話したいとのこと。探偵は早速、調査に掛かりました。お孫さんの生まれた所は広島ですが、父親の仕事の関係で札幌に成育したとのこと。現在、20才を過ぎているので、大学生か社会人になっているだろうということです。調査を進めたところ、早々に居場所が判りました。高校を卒業後、釧路の〇〇〇に勤める公務員として活躍中であることが判明しました。勿論、調べていることはお孫さんには内緒です。数日後、ご依頼主にその旨を報告すると、大変喜ばれましたが、北海道まで行くのは体力的に無理だし、突然会いに行くと戸惑うだろうから代わりに孫に会ってほしい、会って記念写真を撮ってきてほしいと言われます。季節は3月半ば、まだまだ観光シーズンではありませんが、それでも憧れの北海道に行けるとなればこれはラッキーです。任務を果たした後、2、3日北海道旅行でもして帰ることにしましょう。探偵は即座に旅行、いえ仕事の準備に取りかかりました。釧路から阿寒湖、摩周湖を回って知床コースなどはどうでしょう。タンチョウ鶴には出会えるかな、雪道は大丈夫かな、カニも食べたいなあ。そして2週間後、すっかり準備が整い、いよいよ北海道に出発です。でも待てよ、その前にお孫さんの勤務予定を確認しておいたほうが現地で慌てることがない。探偵は出発寸前に勤務先に確認をとりました。するといるはずのお孫さんがいないのです。探偵は動揺しながらも再度、確認してみました。すると、この春転勤になったとのこと。新任地は広島の呉といいます。なんと隣りの町ではないですか。こんなことになるならなぜもう少し早く予定をたてておかなかったのか、それも後の祭りです。数日後、探偵は浮かぬ思いでお孫さんと会い、ことの次第を告げると記念写真もそこそこに足早に引き上げました。こんな不真面目な私と違い、情に厚いお孫さんは札幌の両親の立場を考慮しながらも約20年振りに祖父母との再会を果たしたそうです。

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲