探偵ブログ

探偵の言い分

どの職業もそうですが、プロと名のつく以上は結果がすべてです。お客様が満足していくらの世界です。いくら努力しようが結果が伴わなければ誰も評価してくれません。だけど、たまには探偵の言い分も聞いて下さい。皆さんご存知のように探偵の仕事は地味です。目立ってはいけません。時間も不規則です。昼も夜もありません。やれきょうは珍しく仕事が早く片付いた、久々に家族とテレビでも見ながら晩ご飯にしようか。と風呂から上がろうとした矢先、いきなり出動の電話。そそくさとさっき脱いだばかりの仕事着にまた着替えて即現場へ。これから長い戦い(張り込み)の始まりです。張り込みという仕事は動かなくて済むから一見楽なように思えますが、実際はそうでもありません。張り込みの間は飲み物はほとんど口にしません。生理現象がやってくるので。もちろん車載のテレビはおろかスマホをいじるのも厳禁ですし、雑誌や小説を読みながら張り込むなど、もってのほかです。じっと息を潜めるようにして、ただひたすら一点を凝視したままいつおとずれるか予想も
つかない一瞬のチャンスを待ちます。何事においても待つのは長い。待ち草臥れるとよくいいますが、たったの1時間でもそれが3時間にも4時間にも感じられたりするものです。張り込み中は、とにかく一点集中です。たとえ目の前を素敵な女性が通り過ぎたとしてもよそ見は出来ません。いくらお腹が空いたからといって、ちょっとラーメンをという訳にもいきません。ただひたすら一瞬のチャンスに備えます。そして待つこと9時間、そろそろ夜が白々と明けようかとする頃、遂に決定的瞬間。やれ嬉や大ヒットだ。ようやくつかんだ決定的証拠。喜び勇んでお客様の下へ。そんな汗と涙の結晶を手にしたお客様はお礼もそこそこに、今からすぐ弁護士と打ち合わせに行くと言い残して早々に立ち去ります。後に残された探偵は安堵と極度の疲労で呆然としたまましばらく席を立つことも出来ません。

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲