探偵ブログ

探偵の目にも涙

日ごろから薄情者と呼ばれることの多い私探偵ですが、時には人知れず涙することもあります。行方知れずの母を探してほしいとある40代のご婦人から依頼を承りました。聞けばご依頼主が小学生に上がったばかりのころ、親の家同士の事情で両親が離婚、ご依頼主姉妹は父親の下、継母に育てられたとのこと。その後ご依頼主も家庭をもち子育ても一段落、唯一どうしても気にかかるのが約40年も音信不通のままの実母のこと。数年前に継母が他界、父も認知が進んだことを機に実の母に一目会いたいとの相談でした。またよくある親子の感動のご対面かと、薄情者の探偵は指して驚きもせず、いつもの如く淡々と調査にとり掛かりました。実母の里を頼りに調査を進め、近くの町で一人暮らしをしていることがすぐに判りました。ご依頼主は実の母に会う前に探偵にこんな約束をしていました。もし一人寂しく暮らしているようなら会わせてほしい、でも家族と幸せに暮らしていたら会わないことにしますという内容でした。お節介の探偵は先に内情を知る
ため、ご依頼主には内緒で実の母に会い、あなたに会いたいという人がいますと告げました。80前になるであろう実の母は「それはとても嬉しいことです。」と感情を抑えながら続けました。「どこのどなた様か知りませんがこんな老人にありがたいことです。私は若いころに子供を捨てて逃げました。もうその子達も孫が出来る位のいい年になったことでしょう。私みたいなものが現れたらご家族が戸惑われるでしょう。私はどこか遠くの町で再婚してたくさんの孫と暮らしているとその方に教えて下さい。」と自らに言い聞かせるかのように言いました。それでも薄情探偵はなんとかならないものかと思い、ご依頼主から預かってきた当時の写真をカバンから取り出し母親に見せようとした瞬間、ふとテーブルの片隅に古ぼけた写真が飾ってあることに気づきました。そのセピア色の写真は薄情探偵が預かってきたものと同じものでした。

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲