探偵ブログ

浮気調査にGPSは有効なのか?

浮気調査で対象車両にGPSなどを事前に取り付け探偵が事務所内のパソコンや携帯などで対象者の立ち寄り先などを確認する調査方法。

 プロ探偵からのコメントとしましては、GPSのみを浮気調査として進め、それで浮気の証拠を出すという業者は、もしかしたら腕のない愚劣な探偵かもしれません?

裏話では腕のない探偵ほどGPSをあてにし、使用したがると言われております。

からくりは浮気調査の契約を高額で契約しておきながら人件費などの経費をかけずに簡単に浮気調査業務契約を消化するだけの業者がGPSをメインに使用する事が多いとされています。

GPSのみを当てにしていても問題解決にはなりえません。なぜならば、浮気調査の目的は「いつ・何処で・誰と・何を」の証拠写真収取が基本です。

にもかかわらずGPSでは車のみの動きで、運転している人物の特定もできません。例えば車は「駐車場に止まっています。」とか車は「スーパーに止まっています。」程度で誤差もあり、大まかな車の動きの情報等しかわからないのです。

必要なのは対象者が駐車場に車を停めた後の動きであり、いつ誰と、何処で何をしているのか?車からおりて歩いてどこに入ったのか?立ち寄り先がラブホテルならば、そこの出入り口に入る瞬間などの写真を撮る事が証拠なのです。

駐車場に車が有るだけではいつ、誰が、誰とホテルに入ったのか?証明できません。よって対象者が「ホテルには入っていない」と言えばホテルに入った事としては証明できないのです。

結果的に、GPSのみでは裁判証拠としては不十分ですし、GPSのみで人の動きを撮るためにはアプリを不正にセットするなどしないと、人の動きも全くもってわからないのです。

浮気の証拠を確実に進めて収集する為には探偵が尾行し、対象者が立ち寄り先に入る瞬間や出る瞬間で写真を撮ったりしていないと確実な証拠が取れないのです。一般的な使用ではGPSをメインに使用することは常に後手になり後から車の移動の記録をたどるしありませんので補助的に使用する程度の機械に過ぎないのです。

 

命を守る家出人調査

近年、突然、何の前触れもなく家出する方が多くなっているようです。

世の中の景気が悪いせいか借金などの金銭絡みで悩み、急にその場から逃げ出したり、不倫相手と手に手を取っていなくなるケース。

若年層の夢を求め、都会にあこがれ、親に反発し、家を出るケース。

しかし深刻なのは職場や学校内のいじめやトラブルが原因で精神的苦痛を受け続け、うつの状態が続く方が居なくなる場合です。

ストレス社会の社会現象とも思われる、うつ病の患者さんは、年々増加傾向にあります。

責任感が強く、まじめな方がこの病気にかかりやすいと言われます。

うつ病になってしまうと、人との関わりを嫌い、ひきこもり気味になってしまうとも言われます。万が一うつ病を発症していて家出をした際には、最悪、自殺してしまう可能性まであるのです。

だからこそ、一刻も早く捜索し、適切な治療を受ける必要があるのです。

症状が重くなれば死にたくなってしまう病気のせいで、かけがえのない命を失うことにならないように、適切、迅速な対処が必要です。

当社もその様な病の疑いのある家出事案であれば、本人が立ち寄りそうな歓楽街や、コンビニやパチンコ店、ホテルなどを捜索するのは、もちろんですが、最優先で、最寄りの山や川、海や駅、公園などを中心にくまなく捜索します。複数の探偵を動員し、探偵犬も捜索に加わるのです。

そういった方は所持金も着替えも、身分証明書も持たずに家出するケースが多く突発的なのが特徴的です。

家出の当日から日数が余り経過していなければ目撃証言や足取りがつかみやすく、探偵の活躍で、自殺に至る一歩手前で、発見、解決につながる事も多々御座います。

そのうち帰ってくるだろうと思われていませんか?

一旦、家出した本人は、自分の意思で出たのだから、日が経つにつれ、自分からはどんどん帰りにくくなっていくのです。

家を出ているうちに、病に犯されたり、危険に巻き込まれたりしたら手遅れです。

家族が一丸となって本人を救ってあげることこそ本当の家族ではないでしょうか。

深刻な状況にならない為に、命を守る為に、是非、早期にご相談ください。

中央リサーチは、必ず、お力になれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲