探偵ブログ

老探偵の意地

 極たまに若手の探偵から探偵のコツとは何ぞや?という質問を受けることがあります。

恥ずかしながら探偵歴数十年になろうかという私ですが、口下手もてつだい未だに自信を持って答えることが出来ず、そんな私を見下してか近年は質問してくる若者もめっきり減ってしまいました。それどころか、私達ベテランよりも若い人達が、俺たちの方が何でも出来るというような自信に溢れた態度を示すものですから、益々自信を無くしてしまう昨今となっています。確かに比べてみれば、若者の方が運動神経はいい、頭も切れる、飲み込みも記憶力も柔軟性も全てに於いて勝っています。おまけに顔もスタイルもいい。

こうなってくるとベテラン探偵の出番など、野球に例えれば敗戦処理のピッチャーならまだ良い方で、単なる人数合わせのベンチ要員が関の山です。それでもベテラン探偵にも意地があります。長年その道で飯を食ってきたという意地があります。ベテランは若手のようには動けません。頭も硬く動作は鈍いです。その代わり周りをよく観察しています。細かいところまで、じっと見ています。試合の流れから微妙な天候の変化、グランド状態、そして相手選手の一挙手一投足まで。たとえ試合には出ていなくても常に流れを読み、そろそろ自分の出番がやってくることを確信しながら集中力を高めています。

そしていよいよベテラン探偵の登場、敗戦濃厚、諦めムードだった試合をベテラン探偵の読みの一振りでひっくり返してしまいました。一躍ヒーローのベテラン探偵ですが、試合後は何事もなかったかのように静かにグランドを後にします。ベテラン探偵は照れ屋ではありますが決して格好をつけている訳ではありません。自分の役目が何であるかということを悟っているのです。ベテラン探偵はベンチの隅が定位置ですし常に出番がある訳ではありません。日頃の主役は動きの良い若手です。

それでも数々の修羅場をくぐり抜けてきた経験はいくら主役といえどもベテラン探偵にはかないません。そしてその数少ない出番が必ずやってくることを信じ準備も怠りません。いつどこで声がかかっても役目を果たせるように・・・。

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲