探偵ブログ

探偵の間合い

私事で恐縮ですが、野球が好きで高校野球、プロ野球問わずよくテレビ観戦していました。よく打つ選手というのは間合いの取り方が上手だそうです。少し前では三冠落合さんが秀でていたような気がします。サブマリン山田久志さん、あるいは元カープの北別府さんとかとの対戦は一種の芸術品のような感じがしたことを思い出します。野球素人の私などが言うのも説得力に欠けますが、落合さんのバッティングは、そのバット操作も桁外れですが、なんと言っても相手ピッチャーに打たされたという記憶がほとんどない位、自分のタイミングで打っていたように思います。間合いを計る能力と言っても私にも説明が出来ませんが、恐らく始めは「多分おおよそこの位だろう。」という感覚を鍛錬によって次第に誤差をなくしていき最終的に寸分の狂いもなく正確なタイミングに近づける能力ではないかと思います。漫才などを見ていましても面白くて飽きの来ないコンビは、やはりなんとなく間合いの取り方が上手なのかもしれません。我が探偵にも間合いの取り方の卓越
した人がいます。たまに、その人の助手として同行させてもらうことがありますが、探偵の私から見てもその人はいつも安定しています。相手がどのような行動をとろうが慌てることなく、常に上手く相手との距離を保ちます。そしていつの間にやら事も無げに仕事を遂行しています。探偵版三冠落合ではないですが、その探偵はやはり間合いの取り方が優れているようです。つまりタイミングを外されない。相手が真っ直ぐを投げようが、カーブや変化球でかわそうが、あるいは一呼吸置こうが、常に安定して間合いを計ることが出来ます。その能力は昨日今日ちょっとやそっと努力したからといって身に付くものではないはずです。恐らく天性もずば抜けているのでしょうが、常日頃から四六時中訓練して体に染み込ませているのだと思います。私には到底そんな能力など持ち合わせてはおりませんので、私は私なりの地道なやり方で生きていこうと思います。いずれにしても、探偵版三冠落合にかかったら、相手はまさに蛇に睨まれた蛙の心境でしょう。

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲