探偵ブログ

依頼上手と依頼下手

「依頼上手と依頼下手 」極論かも知れませんが、探偵の世界にも買い物上手のお客様とそうでないお客様がおられます。

良い調査結果が得られるかどうかは、依頼した時点で既に決まっているように思えます

上手に依頼をされる買い物上手のお客様は、相談する側とされる側の双方が細かな打ち合わせの下、双方合意のうえで決定されているようです。ところが、そうでない買い物下手のお客様の場合、ただ金銭のことばかりに拘り、その上どちらかが一方的に話しを進め、お互いの十分な納得がないまま調査に入ってしまっているようです。皆さんにも心当たりはありませんか?…いきなり「1日尾行していただいたらおいくらでしょうか?」と。こちらが少し説明しようとすると、「値段だけ知りたかったんです。」と言ってまた他の探偵社に電話して料金の相談をする。これでは料金には納得出来たとしても、肝心の調査結果に満足できるはずがありません。例えば、病院の先生に「どうもお腹の調子が良くないので腹痛の薬を飲めば治るから薬を下さい、いく
> らですか?」などと言っているのと大差ありません。薬ひとつ処方するのに適切な診察、診療もしないお医者さんはいません。  これが所謂上手な患者さんになると、現在の症状、これまでの経緯などを的確且つ分かり易く説明しているようです。私達探偵の世界にもそれがそっくり当てはまります。これまでの経緯や現在の状況、何の目的でどんなことが知りたいのか、そのためにどのような方法でどんな調査をしたら良いのか等々を念入りに話し合いした上で初めて費用の話しに移ります。そして合意の上依頼となるのです。このようなやり取りを経て、はじめてスムーズな調査が可能となります。従って、冒頭で申し上げましたように、良い調査結果が得られるかどうかは依頼の時点で7割8割方決着していると言っても過言ではありません。皆様もどうか買い物上手のお客様になって下さい。

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲