探偵ブログ

娘の浮気調査を依頼した母

今回お話を伺った方は、結婚した娘の行動を不審に思った母親からの浮気調査のお話しです。
※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼をいただいた案件ではございません。

玉の輿にのった娘

私は、60代前半の主婦です。
3年前一人娘を嫁がせ2歳の女児の孫がいます。
一人娘で甘やかせて育ててしまった娘には、散々翻弄して参りましたが、結婚して子供もでき、大分落ち着いてくれて、夫と二人穏やかな老後を送れるなと思っていました。

娘の嫁ぎ先は、全国に展開している外食チェーンを展開する会社を経営していました。
会社は後々長男が継ぐものの、次男である娘婿は、会社の役員であり、海外部門を任されています。
サラリーマン家庭の我が家とは不釣り合いではありましたが、娘は義母にたいそう気に入られ結婚に至りました。
嫁ぎ先の家族にも可愛がられ、娘も幸せな結婚生活を送っていると私も安心しておりました。
娘は大学を出てすぐに結婚し子供を授かりましたので、就職したことがありません。
友人達がバリバリ働いて、合コンや旅行など独身生活を楽しんでいる姿を見ては、羨ましいなあと、よく私に愚痴をこぼしていたので、私はたまに孫を預かり、夫婦で映画を見たり楽しんできなさいと、娘にはいつも協力的でした。

娘の朝帰り

娘の夫は海外部門を任されているので、海外出張も多くよく家を留守にします。
そんな日を見計らって、娘はよく実家に孫を連れて帰ってきました。
家族と同居しているわけではなく、一回りも歳が上の娘婿も細かい事は言わない大らかなやさしい人でした。
私も夫も孫が可愛いので、娘や孫を歓迎していたのです。
ところが、娘が我が家に帰ってくる頻度が少しずつ増えてきました。
しかも友人とランチに行くだとか、大学時代の飲み会があるだとかの理由をつけて、孫だけを私達に預け、出かけてしまうような日が続いたのです。
最初は大目に見ていたものの、ある日、いつものように孫を私達に預け、娘は遊びに行ってしまいました。
夜の10時になっても、11時になっても帰ってこず、携帯電話にメールを入れても返信はなく、結局娘が帰宅したのは、翌日の明け方でした。
そーっと鍵を開け、部屋に入ってくる娘に、私はもしやと胸騒ぎがしました。

探偵事務所に依頼

母親の私が言うのも何ですが、娘はとても美人で、スタイルも良く、年齢と共に拍車がかかり、まだ若いせいか、とても子供がいる様には見えません。
学生の頃は、街を歩いているとよく芸能プロダクションからスカウトされたものです。
大学時代も何人もボーイフレンドがいて、何かあったら心配だといつもハラハラさせられていました。
その日はきつく娘を叱りましたが、私の心は不安で押しつぶされそうになりました。
本来なら、もう金輪際孫を預からないというべきでしょうが、私は娘を泳がせることにして、探偵事務所に娘の調査を依頼したのです。

発覚した娘の浮気

私の不安は的中しました。
娘は私達に孫を預け、平日の昼間から若い大学生風の男とラブホテルで逢瀬を重ねていたのです。
他にも、二人で仲良く飲み歩く姿など多数が画像に納められていました。
もしやとは思いましたが、目の前が真っ暗になりました。
娘の家族や私達を裏切った娘を本当に許せません。

反省する娘

探偵事務所にいただいた調査報告書を娘に見せると、流石の娘も観念しました。
スポーツジムで知り合ったという、年下の大学生との浮気でした。
私は、怒り狂い娘を叱りました。
すると寝ていたはずの孫が起きて来て、「おばあちゃん、ママをいじめないで、ママ大丈夫?」と娘に抱きつきました。
ようやく娘も目が覚めたのか、「違うの、ママが悪い事をしたから叱られたのよ。ごめんね。」と、娘を抱きしめて号泣しました。

探偵さんのおかけで…

こんなやり取りがあったことは、旅行中だった私の夫にも、もちろん娘婿にも知られていません。
娘は反省してくれて二度としないと言っているので、私も信じようと思っています。
娘も離婚は絶対にしたくないと言っています。この事は娘と私の二人だけの秘密です。
探偵さんのおかげで、娘の目を覚ますことができました。
娘婿には申し訳ない気持ちで一杯ですが、娘と孫の幸せを願う故の親心でございます。

嫁いだ娘が浮気していたという事実に直面し、お母様はさぞやショックだったことでしょう。
改心した娘さんと二人だけの秘密として、事が大きくならないうちに納めることが出来て本当に良かったと思います。
中央リサーチでは浮気調査のご依頼を承っております。不審な行動を感じることがありましたら、お気軽にご相談ください。
弊社にご依頼されたご相談は、外部に漏れることは決してございませんのでご安心ください。

 

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲