探偵ブログ

離婚の際に必要な浮気の証拠を取ってきてほしい

今回お話を伺う女性は、度重なるご主人の浮気に悩まされた末、慰謝料や養育費などの金銭的な面で有利に離婚しようとしたときに探偵事務所を利用したそうです。
※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。

浮気癖のある彼と結婚

私は35歳の主婦です。2歳年上の主人とは3年前に結婚し、2歳の子どもがいます。主人には交際期間に2回、結婚後も1回浮気をした前科があります。最後の浮気が分かったのが息子を出産した直後。妊娠中から浮気をされていました。悲しかったけど、子どもが生まれれば主人も変わってくれるだろうと信じていました。

ところが、息子の夜泣きが激しく、私が寝不足でやつれていたときも、主人は手伝うどころか、心配する声すらかけてくれませんでした。オムツを取り換えてくれるわけでもなく、家事を手伝うこともなく、もうこの人に期待しちゃいけないんだなと思うようになり、主人に対して愛情を失い、息子が1歳の誕生日を迎えた頃には主人との関係はもう冷え切っていました。

そして、最近になって主人の帰宅が遅い日が増えてきました。なぜか女の勘がはたらきました。主人がお風呂に入っている間にスマホを覗いてみたところ、浮気相手と思われる女とのやりとりを見つけました。これで交際期間も含めて4回目の浮気です。主人とは家庭内別居状態で、もう一緒にいる理由がないと思い、離婚を決意しました。

有力な証拠を確保するため探偵事務所に依頼

そこからの私の行動は自分でも驚くほど早かったように思います。すぐに離婚できるように、主人に気づかれないよう少しずつ荷物をまとめて実家に送り続けていました。また、主人のスマホを見た時、デートの約束の日時を把握していたので、その日に絞って探偵事務所に浮気調査を依頼しました。たった2日の調査でしたが、2人の密会現場、ホテルを出入りするところ、浮気相手の女の住所、勤務先など、十分すぎるくらいの証拠を用意してくださいました。

そして、こちらに有利になるような証拠を取りそろえたところで主人に離婚の意志を伝え、相手女性の自宅に慰謝料を請求する旨を書いた内容証明郵便を発送しました。主人もはじめは驚いていましたが、私に再構築する意志はないとわかると、観念した様子で離婚届に判を押していました。浮気相手の女性からは、こちらの要求通りの金額を一括で振り込んでもらいました。

この話を聞いた友人から「なんでそんな男と結婚したんだ」と言われることもあります。今となっては私もそう思います。ですが、当時の私は結婚願望が強く、周りの友達や同僚がどんどん結婚していく中で、結婚を焦ってしまいました。焦って浮気の前科がある男と結婚した当時の自分は、何て浅はかなんだろうと反省しました。今は子どもを保育園に預けながらフルタイムで仕事をしています。これからは私一人で息子を養い、父親代わりになっていきたいと思います。

弊社では、パートナーに浮気の疑いがある方、すでに浮気は確定していて証拠だけが欲しい方など、さまざまな事情を抱える方からご相談を受け付けています。中央リサーチでは浮気調査を専門で行っており、証拠収集にも確かな実績がございます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲