探偵ブログ

浮気調査の進歩

近年、GPSの普及により様々な探偵機材も開発されています。

今の時代では一般の方もGPSはごぞんじかと思いますが、携帯電話内蔵型GPSやナビのGPS、車の盗難防止GPSなど様々な用途で使用されています。

驚いたのは、まず一つ目には、従来より、より小さく性能の良いものがたくさん開発されているのです。例えば認知症患者用に開発された靴のヒール中などにGPSが仕込まれているもので、その靴を履いていれば、本人が現在どこに居るのか?を確認できるものなのです。

しかし様々なGPS機材が開発されるも、調査での使用は利用目的に反する場合がございますので、内容により制限されますし乱用は注意が必要です。

本来、浮気調査で必要なのは、何時、誰と、何処で何をしているか?の事実確認と証拠です。残念ながらGPSでは誰と会っているか?その時、会った人物の住所や浮気の証拠(ホテルなどに入る瞬間の証拠)までは取れないのが現状なのです。いくら優れた機材が発売されても最終的には、やはり経験豊富な探偵の尾行や写真の技術が永久に必要とされるものだと思います。

二つ目に、カメラに於いても飛躍的に優れた商品が発売されているようで、倍率や画素数、起動の速さ、レンズの明るさなど、全てにおいて完成度の高いものがたくさんございます。

このように、夜、暗い場所でもシャッターチャンスを逃さずその瞬間を捉えやすくなっているので探偵にとってはありがたい商品なのです。

中でも驚いたのは赤外線カメラを使用する場合、モノクロでしか撮影できなかったものが、ついに赤外線カメラなのにカラーで撮影ができる商品が開発された事です。今後は車の車載カメラやバックモニターなどにも使用されるでしょうし、治安が急速に悪くなっている日本においても、日常的に必要不可欠となるであろうホームセキュリティーなどの防犯カメラにも効力を発揮する事と思います。

弊社も最新の機材を駆使し、常に今まで以上の探偵技術や探偵商品の開発にも努めてまいりたいと心がけています。

 

 

 

 

浮気調査の必要性

夫の帰宅時間が遅いことで悩んでいました。

仕事で残業になったといつも深夜に帰宅、「お仕事が大変で頑張ってるんだからしかたないか?」と自分に言い聞かせ夫を信用し続けてきました。

ある日、携帯電話がロックされていることに妻はふと気づいた。

なぜ?「ロックしないといけないのだろう?」もしかして何か隠し事でもあるのだろうかと少しずつ不信感が高って行きました。

数ヶ月経って、急に夫が離婚の話を持ち出してきました。

離婚理由は性格の不一致ということで協議離婚したいと。

不審に思い会社に残業の有無について確認したら実際はほとんど定時で退社していた事がわかったのです。その時、初めて気づいたのです。実は数年前から浮気相手がいてその女性と毎日のように会い帰宅時間が遅くなっていたのだと。そして、そのために携帯電話をロックしていたのだと・・・結果、今後はその女性と本気で結婚しようとしている事に。

しかし、夫もこの時点で離婚に際し、不利な環境にはなりたくないし、次の結婚相手との幸せな家庭づくりにもお金が必要だからこそ、夫の不貞な行動はその離婚話以降、差し控えているようでした。

よって浮気の事実関係は証明できぬまま慰謝料も、もらわずして離婚に至ってしまったのです。

妻は離婚後には経済力が一気に低下し貧しい生活を強いられました。

別れた夫は再婚し幸せそうに暮らしているようです。

当探偵社ではこのような事案で家庭を守り一生懸命頑張ってきた妻がより不幸になることは許されないことと思うのです。

単なる浮気が本気になりエスカレートしてゆく前に事実関係を早期に確認し修復に向かうための話し合いなどを持つことと、万が一、離婚に至っても、きちんと慰謝料を請求できる環境にしておくことこそが、浮気調査の最も必要とされる目的だと思われます。

不安や不審な出来事や些細なご相談も勇気を持ってお話ください。親身に対応し最良の方法で当探偵社は必ずお力になれる事をお約束いたします。

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します