探偵ブログ

浮気調査の証拠には4K

近年、飛躍的にカメラの性能も向上しており、HDフルハイビジョン画質の時代から、ついに現在では4K画質(HDの4倍)の時代へと変わってきました。

しかし、ご存知でしょうか、4Kビデオなど購入され録画された映像を見る際に、4K対応テレビで見ないと4K画像では再生されていないのです。いままでのパソコンのモニターや、HDの液晶テレビなどでは、2K画像や1K画像に落ちて再生されてしまうのです。更にレコーダーなども4K対応でないと再生時4K画質にはならないのです。つまり、全てそれぞれの機器を4Kにすることで4K画質が体感できるようになるのです。

弊社、探偵業務では全て4K画質の上位機種に統一、従来のHD画質に比べて約四倍の高画質を実現した4K画質は浮気調査の証拠撮りや、ストーカー対策・嫌がらせ対策などの証拠撮りには欠かせないものとなり、より鮮明な画質を表現できるようになりました。画質にこだわるには理由があるのです。浮気調査など暗いところで、対象者のホテルやマンションの出入りの証拠をとる時に画像が鮮明でないと、裁判などで本人と断定されない可能性があるからです。従って、探偵は、尾行技術はもちろん、証拠となる写真やビデオの画質には、とことんこだわりを持つものなのです。もともと暗い所ではどうしても画質が落ちて粒子が荒くなりがちですが、その証拠撮りで、欠かせないものとして、4K画質に加え、赤外線(ナイトショット機能)、赤外線投光器(飛距離500メートル程度の軍用のもの)や、ナイトビジョン機能・レンズの大きさや、センサー感度上位機種、レンズの明るいもの(f値1.8~2.8程度)なども重要な証拠取りの必需品となるのです。更に探偵は、相手に気づかれる事なく調査を行うため、離れた場所からの証拠撮影が必須となりますが、最近のカメラの望遠能力も飛躍的に性能が向上していますね。従来の望遠機能カメラでは、倍率がいくら高くとも、デジタルズームなどに於いては、画質がかなり落ちてしまいキャプチャーや現像すると、中々鮮明な写真にはなりませんでした。しかし、最近では画質を、ほとんど落とすことなく20倍(光学)や30倍(光学)の望遠カメラやビデオカメラが続々発売されているのです。これら最新の科学機器を最大限、生かして常に研究し、よりブレずにくっきりと、そのタイミングを逃さずに出入りなどの瞬間を撮り、より鮮明な証拠として捉えることこそが探偵業の最も重要な業務なのです。

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します