探偵ブログ

行楽シーズンこそ浮気調査を!

離婚率が増加する昨今、その原因となる浮気も増加しているのが現状です。

特に、行楽シーズンになると単なる浮気が本気に移行し、夫婦間に深刻なダメージを与えていく事となります。それは一連の出会いの流れにも関係しているのかもしれません。一般的に春である4月は、入学式や入社式などもあり、1年のスタートというイメージをみなさん持たれていると思います。同時に、新しい出会いのスタート時期でもあるのです。この時期から新しい人間関係が始まり、浮気心のある人は、歓迎会などを通じてフィーリングの合う相手と、徐々に関係を深めるのです。5月にもなると、行楽シーズンという事もあり、皆さんアクティブになり、特定の相手と個人的に食事に行くなど、その関係はエスカレートしていきます。時は流れ、身も心も徐々に暑くなる夏が始まる7月頃には、肉体関係も深まり、完全に浮気が本気に移行されている事が多いのです。結果、ほおっておくと、秋である、9月頃には、情も移り切っても切れない深い関係へと発展。この時期に、あろうことか、浮気をしている側から、離婚の話を持ち出してくることもあるのです。春、夏、秋と季節の移り変わりに合わせて、一連の流れになっているように思えるくらいです。経験豊富な弊社、探偵の眼線から浮気の実態を見るとさまざまな行事や、移り行く季節で一貫する一つの行動パターンを繰り返している様に思えるのです。また、雇用機会均等法が施行され、女性の社会進出が増加、、女性の活躍の場も増加しました。しかし、その一方で、女性の浮気が目立つ傾向にあるのです。つい20年前までは、浮気は男性(夫)がするイメージがありました。その頃は、夫の浮気に悩む妻からの調査依頼がほとんどでした。現在の状況はどうかと申しますと、弊社の調べでは、男女比率で、男性(夫)からの浮気調査依頼が約30パーセント位、女性(妻)からの浮気調査依頼が約70パーセント位だと思われます。妻の浮気調査依頼増加の理由を、推測するに、男性(夫)は景気の悪いゆとりの無い時代に、お金の必要な浮気までは、中々難しくなった可能性はないのでしょうか?一方、女性側(妻)は、浮気相手にご馳走してもらえるなど、浮気をするにあたって、金銭面の事はあまり心配しなくてもいいのではないでしょうか。その結果が、このような今の時代の浮気比率なのでは?と考えます。いくら自由の時代と言っても、意味をはき違え行動し、少しくらいなら大丈夫、浮気なんだからいつでもやめられると、安易に、自分勝手に行動していると危険です。やがて浮気が本気になり、周囲の人を巻き込み、泥沼状態に陥ってしまいます。大切なお子様もいらっしゃる中での浮気による家庭崩壊は、たくさんの人を傷つけてしまいます。今や低下しつつある道徳心(モラル)や社会的責任感をもう一度考え直し行動する必要があるのではないでしょうか。

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します