探偵ブログ

スマホ内の写真で浮気が判明!子どものために浮気調査を依頼

浮気はしていないと言い切るご主人を信じたかった奥さまですが、女性と写る写真を一緒に見てしまった娘さんのためにも真実を知りたかったという相談をご紹介します。
※体験談をもとにフィクションを交えて構成しています。

父親のスマホでゲームをしていた娘が写真を見つける

私の娘は小学6年生で、まだスマホを持たせていません。アプリのゲームをしたいときは、いつも私か夫のスマホを借りていました。ある日、夫のスマホでゲームをしようとしていた娘が別のボタンを押してしまい、開かれた画像に見知らぬ女性と夫のツーショット写真を見つけてしまいました。それを夫に内緒でこそっと私に知らせてくれたのです。

真面目な夫だったので、まさに青天の霹靂でした。思い切って夫に聞いて見ると、会社の後輩でやましい関係ではないとのこと。私としても夫の言葉を信じたいし、迷いながらもこのまま家族関係を続けていきたいと思っていました。
しかし、写真を見て以来、日に日に情緒不安定になっていく娘を見て、真実をはっきりさせなければいけないと探偵社に浮気調査をお願いしました。

真実を知ることで次に進むことができる

浮気調査開始から2日目で夫と相手女性との接触がありました。調査員の方が近くで会話を聞くことに成功したようで、内容を詳しく教えてもらうことができました。夫は女性に何回目かの別れ話をしていて、とても後悔している様子だったようです。私だけでなく、娘の様子から娘にも浮気がバレていることが最大の決定打となり、「自分が間違っていた」と別れ話をしているとの報告を受けました。

夫が浮気していたのは本当にショックでしたが、浮気してから日が浅いこと、相手から言い寄ってきたこと、最終的に家族を選んでくれたというのを知ることができたのは良かったです。
夫のことを信じ切れずにこれからの生活を続けていくよりは、真実を知ってスッキリしています。
ただ、娘にはまだ心のケアが必要ですし、相手の女性もまだ納得していないようだったとも聞き、今後どうなるかは分かりません。
でも、夫の気持ちは確認できたし、本人からの謝罪もあったので、夫婦で力を合わせてこれからの問題に取り組んでいきたいと思います。

ご自身のためというより、誰かのために真実を明らかにしたいというご相談も多くいただいております。一人で悩まずに、第三者に話をすることで解決に向かうこともあります。パートナの行動を不審に感じることがありましたら、中央リサーチにご相談ください。

 

また浮気されている?妻の浮気調査を依頼した男性

今回は奥様の浮気調査を依頼した男性からのお話です。「確実に浮気しているかどうかを確かめるために探偵事務所を利用した」と言います。詳しくお話を伺いました。
※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。

過去に浮気の前科がある美人妻

私は47歳の会社員です。3歳年下の専業主婦の妻と2人暮らしをしています。妻は若い頃から美意識が高く、エステに通ったりジム通いを続けていることもあって40代半ばの今もスタイル抜群です。そんな妻を私は誇らしく思っていました。

そんな妻ですが、実は何年も前に妻に浮気をされた過去があります。当時通っていたテニススクールのインストラクターが妻に一目ぼれしたらしく、はじめは妻も交際を断っていたらしいのですが、相手の男に言い寄られてついその気になってしまったそうです。私と目を合さなくなったり、家事を疎かにするようになり、明らかにいつもと様子が違うことに気づき、私が妻の携帯電話をこっそり見て発覚しました。妻に問い詰めるとあっさり認めて謝罪されました。私も妻を愛していましたし、一度の過ちなら許してもいいかなと思い、その後は再構築を続けていました。

ですが今回、当時と同じように妻の様子に異変があり、もしかしたらまた浮気をされているのではないかと疑い始めました。前回と同様に、携帯電話を見てみようかと試みましたが、ロックの解除はできず、浮気の証拠がわかりませんでした。そこで、今回は探偵事務所に依頼して妻が浮気しているかどうかを調査してもらうことになったのです。

肉体関係のない特定の男がいた

探偵の方には平日の5日間、妻の浮気調査をお願いしました。その結果、特定の男性と親しくしていることがわかりました。相手は同じジムに通う男性らしく、週に2日ジムに通っている妻と顔見知りになり親しくなったようです。相手の男の年齢は22歳でまだ大学生でした。写真で見る限りはさわやかな好青年でしたが、妻の手を繋ごうとしたり、肩を抱き寄せようとしたりと、妻に対して好意を持っている様子が伺えたそうです。妻はそうした男の手を振りほどいてはいたものの、一緒にランチを楽しむ姿はとても親しげでまるで恋人同士のようだったと言います。

その後ホテルには行かずに別れたそうです。でももしかしたら肉体関係があるかもしれないと思い、調査終了後も妻がジムに行く日だけ探偵に尾行してもらいました。4回尾行してもらったうち、男と会ったのは2回で、2回ともホテルには行かなかったそうです。調査したスタッフの方からは「奥様はお相手からのお誘いを何度も断っている様子でした。友達以上恋人未満の関係では?」と言われてしまい、確固たる証拠を掴むことができなかったので、妻に調査資料を見せて問い詰めてみました。

すると妻は、「過去に浮気の前科があり、もう二度と浮気をしないと誓ったから肉体関係は100%ない」と明かしました。相手の男のことが好きなのかと聞くと「恋愛感情が全くないと言ったら嘘になる」と正直な気持ちを明かした上で、「でも私はあなたがいないと生きていけない。もう彼とは会わない」と約束してくれました。今通っているジムも辞めるそうです。

20歳以上も年下の男に言い寄られて、妻も浮かれてしまったのかもしれません。この話を友人に話すと「それだけきれいな奥さんをもらったってことだろ。惚気るなよ」と言われました。決して惚気ているわけではないのですが…。浮気の一歩手前で相手のとの関係を断ち切ることができて良かったと思います。探偵の方に感謝しています。

この男性から奥様の写真を見せてもらいましたが、モデルさんのようにきれいな方で、浮気されるんじゃないかと心配になる気持ちがよくわかる気がしました。パ−トナーの浮気調査をご検討でしたら中央リサーチにお気軽にご相談ください。

昇進してから帰宅が遅くなった夫の浮気調査

今回お話を伺ったのは、大学の教授の奥様です。若い学生と関わりながら日々忙しく働くご主人の浮気を疑ったのは一枚のレシートがきっかけだったと言います。詳しくお話を伺いました。
※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。

大学教授の夫が購入したもの

私は43歳の専業主婦です。このたび、探偵事務所に夫の浮気調査を依頼しました。夫は51歳で、大学で教鞭をとっており、仕事に熱中して帰宅が遅くなることが多いです。一昨年に大学の准教授から教授に昇進して以来、さらに忙しそうにしています。

そんな夫の浮気を疑うきっかけがありました。夫は外出先で受け取ったレシートを自宅のごみ箱に捨てているのですが、たまたまその時、見慣れないロゴのレシートを見つけました。出張先で購入したと思われる、花屋のレシートです。結婚して20年近く経ちますが、夫は私に花を買ってきてくれたことなど一度もありませんし、日頃から花や植物には一切興味を示しません。私以外に花を贈る女性がいるのでしょうか。

ごみ箱に捨ててあったレシートを拾い上げ、保管しておきました。最近、「学会で発表する論文をつくるのに忙しいから」と言って普段以上に帰宅が遅くなっているのは女性の影があるからなのかもしれない。出張中に若い女子学生と二人で過ごしているのでは、そんな想像が頭を離れなくなってしまいました。
不安を解消させたくて、探偵事務所に調査を依頼しました。

浮気調査後に判明した花束の送り相手とは

浮気調査は一週間お願いしました。学会のために東京へ出張に行くときが怪しいと思い、その出張前後を狙ったのです。ところが、夫が浮気している様子は確認できなかったそうです。親しい学生や教授秘書との関係も確認してもらいましたが、一緒に出掛けることはあっても、手を繋いだりホテルに行ったりといった確固たる証拠がなかったと言います。出張中は一人でふらりと外出していたそうで、一連の行動から見ても浮気はしていないだろうという結果でした。

ではあの花屋のレシートは何だったのかと気になり、夫に問い詰めてみました。すると夫は「尊敬する先生が大会で賞をとったからお祝いの花束を買ったんだよ」と笑いながら釈明していました。私の不安は何だったのかと呆れました。

浮気を疑って探偵に調査してもらったと正直に話したところ、夫は驚きながらも「これからは君にも花を贈るようにするよ」と反省していました。
今思えば、夫の仕事が忙しくて、私は少し寂しかったのかもしれません。夫の潔白が証明されて冷静になってみると、どうして花束のレシートひとつでそこまで思いつめたのか不思議なくらいです。
夫とはこれからもっといい関係を築いていけたらと思います。

浮気調査で疑いが晴れた、というケースをご紹介しました。
普段買わないものを買っているところを見ると、「何かあったのだろうか」と心配になってしまいますね。浮気調査をご検討でしたらぜひ弊社にもご相談ください。

 

娘の彼氏は反社会的勢力の一員? 素行調査で正体判明

自分の子供が誰と交際しているのかは、多くの親御さんが気にしています。もし交際相手が素行に問題のある人だった場合は、どうすればいいのでしょうか。ここでは、娘の交際相手の素行調査をした例を紹介します。

自由に育ててきた娘から、彼氏を紹介したいと切り出される

私は商社で営業職をしています。家族は妻と、大学生の娘との3人暮らしです。基本的に放任主義なので、娘には何でも自由にさせてきました。親の意見を押し付けるようなことはほとんどなかったと思います。それだけに家族仲もよく、平穏に暮らしてきました。

そんなある日、娘がまじめな顔をして「彼氏を紹介したい」と言ってきたのです。私も男親ですから「ついに来たか」と一瞬ドキッとしましたが、うちの娘のことだからおかしな男とは付き合わないだろうと、楽観的に考えていました。

彼氏は素行が悪そうな男。悩んだ末、探偵に素行調査を依頼

初顔合わせの日、私と妻は彼氏を笑顔で迎え入れるつもりでした。ところが、彼氏の姿を見た瞬間、私は思わず「えっ?」と口に出してしまうところでした。どう見ても品行方正な若者には見えなかったからです。

もちろん外見で判断してはいけないと思い、しばらくは平静を装って4人で歓談していましたが、私の不快感は増すばかりでした。彼の口調から身振り手振りまで、あらゆるものに品性のなさが現れていたからです。それだけではなく、どうにもカタギではない空気を感じました。これは商社マンとしての勘でもあったと思います。

2時間ほどで彼氏は帰り、娘も一緒に出ていきましたが、私はどうしていいのかわからなくなりました。どんな相手と付き合うのも娘の自由だと、頭では考えています。でも、どうしても不安が拭えないのです。私は妻との相談の末、彼氏の素行調査を探偵に依頼することにしました。

彼氏は半グレ集団だった! 調査結果を元に娘を説得

放任主義の私が娘の交際相手の素性を探るなど、自分でも信じがたいことでした。そういった事情も含めて探偵に話したところ、娘を心配するのは親として当然であり、調査をするのは決しておかしなことではないと励ましてくれました。

彼氏の具体的な住所や勤務先などは聞いていなかったため、まずは娘の尾行から始めてもらいました。ほどなくして彼氏の自宅は特定されましたが、問題は職業です。どうやらまともに働いていない上に、反社会的勢力とつながりがあるらしいこともわかりました。正式な構成員ではないものの、いわゆる半グレ集団に所属していたのです。

こうなると、親としては絶対に交際を認められません。私は娘に調査結果と写真を見せ、あの男と別れるように頼みました。娘は彼氏の素性をまったく知らなかったらしく、「職業とかは関係ない、彼はいい人」と抵抗しました。しかし、私がそれまでにないほど必死で頼むので、最後には別れることを受け入れたのです。

翌年、娘は彼氏のことに触れ「今考えるとゾッとする」と自嘲していました。私もいささか放任がすぎたかと反省しています。今後も娘を束縛するつもりはありませんが、将来のことなどについては積極的に話し合っていくようにしたいと思います。

自由な交際が正義とは限らない。不安なら探偵に相談を

現在は個人の自由を重んじる時代ですから、子供の恋人や友人についてとやかく言うのはおかしいと思う人もいるでしょう。しかし、事実を知るのと知らないのでは大きく違います。家族の交際相手に不安を抱いたら、探偵に素行調査を依頼してみてください。

 

優しさを踏みにじる夫に諦め 離婚に向けての浮気調査

互いに協力して、様々な困難や問題を乗り越えていく。本来、夫婦というのはそういった関係性のはずです。しかし、中にはそう考えていない人もいます。
今回は、優しさを踏みにじられてしまったケースをご紹介します。
※弊社にご依頼をいただいた案件ではありません。実話を基にしたフィクションです。

繰り返される借金

最初に彼の借金が発覚したのは結婚直前でした。理由を問いただすと、学生時代に始めたネットワークビジネスが原因だと言っていました。それまで、お金に困っている素振りを見せたこともなかったので、本当に驚きましたが、彼と一緒になりたかった私はそれまでの貯金で、彼の借金を支払いました。

しかし、借金は癖になるのでしょうか。結婚して2年後には新たな借金が判明しました。借金は2年間で150万円。
その時の借金の理由は、仕事関係の付き合いで必要だったというものでした。部下もでき、飲みに連れていく機会も増えたというのです。
共働きなので、お互い自由に使えるお金はそれなりにありましたし、同年代に比べても給料は決して少なくありませんでした。いくら付き合いが多くても、給料の中から払えないというのは考えにくいです。
納得いきませんでしたが、その時も私の貯金から一括で返済しました。その時に借金はしない。お金が必要な時は私に相談する。そう約束したのです。
しかし、その約束は守られませんでした。またも借金が発覚したのです。

再度の借金で浮気の疑い 探偵へ依頼

新たな借金は家への返済の催促電話で判明しました。今回はいきなり問いただすことはしませんでした。帰宅後、彼が寝たのを確認してから財布の中身を確認することにしてみたのです。
何故、そんなにお金が必要なのか?何に使っているのか?何かヒントでもないかと思い、財布の中身を確認してみたのです。そこで、見つけたのはジュエリーショップのレシート。高級レストランのレシート。女性もののショップのレシートなどでした。
それまで、浮気という理由を一切考えていなかった私はショックを受けました。しかし、それと同時に諦めもついたのです。
私は探偵事務所に浮気調査を依頼して、数々の証拠を集めました。

その後、この女性は証拠を突き付け離婚したそうです。彼の問題を夫婦の問題として考え、自分なりに解決しようとしていたのに、それを踏みにじられた。悲しい結末となってしまいましたが、せめてこの女性が前向きな気持ちで未来に進まれることをお祈りしています。

次に進むために証拠を確保しておきたい。そう考えているのであれば、早いうちに証拠を集めておいた方が得策といえます。
まずは、ご相談だけでも大丈夫です。気になる事があれば、いつでも中央リサーチへお問い合わせ下さい。

疑うのは悪いこと?事実確認のための浮気調査

夫婦を続けていくためには、お互いを信じることが大切です。しかし、信じ続けた結果、最終的にパートナーの裏切りに気付き、深く傷ついてしまうこともあります。
今回、紹介させていただく依頼人の方も信じ続けた結果、悲しい結果に直面してしまいました。
信じることも大切ですが、お互いの時間を無駄にしないためにも、不安を覚えた時には適切な対応が必要になってきます。
※弊社にご依頼をいただいた案件ではありません。実話を基にしたフィクションです。

エスカレートする行動

夫は、結婚前から自分の時間を大切にする人でした。彼のことを尊重しなければいけないという思いもあったので、ある程度は私も我慢していました。
結婚すれば家庭も大切にしてくれるだろうと思っていましたが、その期待は裏切られました。
彼の単独行動は、結婚してからますますエスカレートしていったのです。そして、気付けば外泊までするようになりました。
夫は、たまの休みくらい自分のために時間を使いたいと言います。私は、休日ぐらい二人で過ごしたいという気持ちを抑え、我慢してきました。

疑うのはいけないこと、という思い込み

夫が外泊をするようになってから、気になることがいくつも出てきました。帰宅した夫から香水の匂いがしたり、常に携帯電話を気にするようになったり、妙にお洒落に気を使うようになったり。言い出せばキリがないほど色々なことが気になり始めたのです。
当然、浮気を疑うようになりました。しかし、私が夫を信じなければいけない。その考えが消えることはなく、疑う自分の方が悪いのではないか?といった考えに支配されるようになり、憂鬱な日々を過ごすようになってきました。

限界まで我慢した結果

疑う私が悪い。そんな風に考えても浮気を疑ってしまう。そんな悪循環の中、アドバイスをくれたのは中学時代からの友人でした。
信じることも大切だけど、疑わせる行動を取る相手にも非がある。だから、調べてハッキリさせよう。その言葉に背中を押されて、探偵事務所への浮気調査を決意しました。
調査結果は、やはり黒でした。その結果を夫に突きつけると、今までの行動を反省してもう一度やり直したいと言ってきました。悩まないわけではありませんでしたが、もう一度だけ信じてみようと思い、二人で夫婦をやり直しています。
今では、我慢するだけではなく思ったことは夫に伝えるようにしています。そして、夫もそれに応えてくれています。調査結果は悲しかったのですが、今では本当に依頼して良かったと思います。おかげで、二人で新しいスタートを切ることができたのですから。

話し合うことによって、二人の新しいスタートを切れる可能性は残されています。我慢していても、状況は変わりません。
もし、パートナーの行動に悩んでいるのであれば、新しいスタートを切るためにも白黒ハッキリしてみませんか?
まずは、ご相談だけでも大丈夫です。気になる事があれば、いつでも中央リサーチへお問い合わせ下さい。

 

浮気調査から始まった家族の絆

今回は浮気調査を依頼した女性のお話です。
何気なく見たスマートフォンの画面に、知っている名前からの通知メッセージを見てしまい浮気を疑い調査を依頼したそうです。
※弊社にいただいた案件ではありません。実話を元にしたフィクションです

知らぬ間の三角関係

私は30歳の専業主婦で、1歳の娘がいます。主人との出会い、それは私が当時働いていた宝石店がキッカケでした。
主人は運送会社で働いており、週に何度か私のお店に荷物を届けにきていた配達員でした。初めは受領印を押すだけの関係だったのですが、配達に来た時に会話をすることが増えていきました。少しずつ2人の仲は深まり、お付き合いする事になりました。

私たちの交際を祝ってくれたのは、同じ宝石店で働く同僚の「A子」です。私たちとA子の3人は次第に仲良くなり、仕事終わりに3人で飲みに行くなど、とても楽しく過ごしていました。
その後、私は妊娠を機に結婚しそのまま退職しました。この関係が、のちに大きなトラブルに繋がっていきました。

浮気相手はまさかの……

普段から肌身離さずスマホを持ち歩く主人。ある日の夜、たまたまスマホを置いたまま主人はコンビニへと出かけたのです。
そのとき主人のスマホから通知音が鳴り、何気なく画面を覗いてしまいました。すると、見覚えのある女性の名前から「今日はありがとう」とのメッセージが。
その名前は「A子」だったのです。なぜ、A子と連絡をとっているのか?私の知らない所で、2人の関係が親密になっていたのか?もう頭の仲が真っ白になりました。

スマホを覗いてしまった罪悪感から主人に問いただすこともできず、だからと言ってこのモヤモヤした気持ちを放っておくこともできず、思い切って探偵事務所に浮気調査をお願いしてみることにしました。

調査をお願いしたのは主人が退社する時間に合わせて平日の5日間を調査していただきました。
調査結果は、仕事終わりに2人で食事に行き、食事のあとはラブホテルに2時間ほど滞在するという親密なものでした。
完全に浮気だということがわかったので、証拠を用意して主人に問いただしました。すると、主人から思わぬ言葉が返ってきたのです。

夫婦関係の再構築

主人は素直に浮気を認め、私に謝罪してきました。しかしその後、「結婚してからお前は子どものことばかりで、どれだけ話しかけても不愛想な返事しか返ってこない。いつもイライラした様子で、心休まる場所もなかった」と言われてしまいました。
私はハッとしました。思い返せば、産後の私は変わったかもしれません。主人とはろくに会話もせず、私は子どものことで手いっぱい。主人を思いやる気持ちなんて、子育てでかき消されていったように思います。

せきを切ったようにお互いの想いをぶつけ合い、悪かった部分も認め合い、初めて夫婦の在り方について2人で話し合いました。
主人は、A子とは完全に遊びだったようで、その後スマホも新たに買い替えました。あれから私たち家族は心機一転、お互いを思いやりながらとても仲良く過ごしています。

A子や主人のとった行動はいまだに許せない部分もありますが、あのときの話し合いが無ければ、私たちの関係は遅かれ早かれ破綻していたと思います。ひとりで悩んで時間を無駄にしていたら、主人の心は完全に離れ、再構築もできなかったかもしれません。
うやむやにせず、勇気を出して探偵の方にお願いして本当に良かったです。

パートナーの浮気を疑っていても、確実な証拠がなく悩まれている方は多くおられます。
まずはご相談いただけるだけでも結構ですので、中央リサーチまでお問合せください。
お客様のお力になれるよう最善の調査をご提案させていただきます。

 

婚約中の彼への浮気調査 不審感を探偵が取り除いてくれた

今回は婚約中の交際相手の素行に不信感を抱き、探偵に浮気調査を依頼した女性のお話です。調査を依頼した時のことをお話くださいました。
(弊社にご依頼いただいたケースではありません。体験談を元に、一部フィクションを交えています。)

約束をキャンセルする事が増え、不信に感じる

私は半年前に同じ会社の先輩と婚約し、来年春に結婚予定でした。
デートでは結婚式について話し合ったり、新婚旅行はどこにしようかと相談したりと楽しい話題ばかりで、私たち二人には明るい未来が待っていると信じて疑いませんでした。
そんな日が続いていたある日、突然彼がデートをキャンセルしてきたのです。
突然会えないというのは初めてでした。仕事が終わりそうにないということでしたので仕方ないと思い、その日は帰宅しました。
その後も、予定を聞いても会えない日が増えていきました。残業なのか付き合いなのか、彼は会えない理由をはっきり言わず、どことなく濁しているようでした。
私はもしかして彼が浮気しているのでは・・?と疑うようになっていきました。
もし、私の他に女性がいるなら婚約は破棄することになるでしょうし、そうなれば、両家の両親にも迷惑がかかります。結婚直前・直後に破局を迎えるシチュエーションを想像し、不安でおかしくなりそうでした。

そこで、事実をはっきりさせるために探偵に浮気調査を依頼し、彼の行動を調べてもらうことにしたのです。

浮気調査の結果に安心を得る

探偵は彼が退社した後の行動を尾行や張り込みで徹底的に調査してくれました。
数日後、調査結果を見て私はホッと胸をなでおろしました。
彼は女性と会っているのではなく、私に内緒でアルバイトをしていたのです。
アルバイトをしている理由も結婚費用を捻出するためだと知って、私は逆にうれしくなりました。
調査のためのカウンセリングはとても丁寧で、料金を払うだけの十分な調査結果にも満足しています。私の彼に対する不信感は完全に払しょくされました。

結婚がダメになってしまうのでは・・と調査中も不安で不安でたまらなかったのですが、調査結果を聞いて本当に依頼してよかったと思っています。
不安な気持ちから彼を疑ってしまったことを申し訳なく思いますが、これからは彼のことを信じて幸せな家庭を築けるよう頑張ろうと思います。

浮気ではないことが確認できた、というケースをご紹介しました。
不審感や不安な気持ちを抱えたまま過ごすことは、大変なストレスとなります。中央リサーチではお客様の不安を取り除けるよう、最善を尽くし調査いたします。パートナーの言動を不審に感じることがありましたら、ぜひ一度ご相談ください。

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します