探偵ブログ

恩師のお墓参りはできるのか。探偵のお墓探し調査

古い知り合いの訃報が突然舞い込んできた経験はないでしょうか。長い間連絡を取っていないと、現住所がわからずお墓参りもできないことがあります。ここでは、恩師のお墓探しを探偵に依頼したケースを見ていきましょう。

高校時代の友人と偶然再開。恩師の死を知らされる

私は50代の女性です。高校を卒業してからすでに30年以上、当時の友人たちとも時々連絡を取る程度になっていました。それでも、高校3年のクラスはとても仲がよかったため、できればもう一度集まりたいと思っていたのです。

そんなある日、高校時代の友人と街中で偶然出会いました。まさか近くに住んでいたとは思っていなかったので、喜びもひとしおでした。ところが、友人に誘われて行った喫茶店で、恩師であるE先生の訃報を聞くことになったのです。

恩師のお墓の場所は不明。探偵にお墓探しを依頼

訃報とはいっても、先生が亡くなったのは何年も前のようでした。不覚にも情報を逃していたのです。せめてお墓参りに行きたいと思ったのですが、友人も人づてに先生の不幸を聞いたらしく、詳細がわからないとのこと。

どうやら先生は、定年退職後に引っ越しており、その関係で行方がわかりにくくなったようでした。何人かの友人にも聞いてみたのですが、先生の出身地に関する情報が入った程度で、お墓の場所まではわかりません。私は考えた末、探偵に先生のお墓を探してもらうことにしたのです。

恩師のお墓を発見!念願のお墓参りを果たせた

最初のうちは、こんなことで探偵に調査を依頼するなんておかしいのではないかと思っていました。しかし、担当してくれた探偵さんによれば、お墓探しは別段珍しくない依頼とのこと。お墓を探すのも行方不明者を探すのも同じであり、誰かに会いたいという気持ちが大切だと言ってくれました。

私は先生の転任先や出身地など、お墓の場所につながりそうな情報をすべて探偵に提供しました。正直儚い希望だと思っていたのですが、調査開始から1ヶ月ほど経って、なんと先生のお墓が発見されたのです。お墓の管理事務所にも確認したところ、間違いないことがわかりました。

その後、数人の友人と連れ立って、念願のお墓参りをすることができました。何でも試してみるものですね。尽力してくださった探偵さんには感謝を申し上げます。

お墓探しは人探しと同じ。探偵に依頼しよう

他人のお墓を見つけ出すことに、抵抗がある人もいるかもしれません。しかしながら、調査の本質としては人探しとほぼ同じなのです。友人や恩師などのお墓を探したい時は、探偵に依頼してみましょう。

管理職がライバル企業に情報をリーク?探偵の身辺調査で解決

企業の経営者にとって、リスク管理は重大な課題です。社員が不祥事を起こさないよう、コンプライアンスは徹底させなければなりません。今回は社員の身辺調査を探偵に依頼したケースを紹介します。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

社員から匿名の通報。営業課長に黒い疑惑

私は60代の男性経営者です。父から社長の座を引き継いで10年になります。近年は社内コンプライアンスの徹底が叫ばれるようになり、当社でも管理体制の見直しを進めていました。少しずつではありますが、よりクリーンで働きやすい会社に近づいていると思います。

ところが、当社の社員から匿名での通報がありました。何でも、営業課長がライバル企業に取引情報などをリークしているというのです。これは重大な裏切り行為であり、絶対に認められません。私は対応を迫られることになりました。

まずは慎重な事実確認が必要。探偵に身辺調査を依頼

私はまず、顧問弁護士に相談をしました。弁護士の話によれば、対応は慎重にすべきとのこと。他社の営業マンと飲みに行くことくらいはよくありますし、しょせんは匿名の通報にすぎません。リークが事実だったとしても、当社の受けた損害がはっきりしなければ、背任罪には問えないそうです。

いずれにしても、まずは真偽の確認が必要です。本当は身内だけで解決できればいいのですが、社員に営業課長を尾行させるわけにもいきません。そこで私は、顧問弁護士とつながりのある探偵事務所に、営業課長の身辺調査を依頼したのです。

営業課長は他社から接待を受けていた。呼び出して処分へ

会社の信頼に関わる問題なので、調査は1ヶ月かけて行ってもらうことにしました。営業課長が外出する時は、他の社員に同行していることが多く、その間におかしなことはできないでしょう。仕事以外で他社の人間と接触するなら、退勤後や休日になるはずです。私とごく一部の社員だけが事情を知る中、調査は開始されました。

その結果、直接的な証拠は出てこなかったのですが、ライバル企業から接待を受けていたことがわかりました。他にも何度か怪しげな接触があり、何かのメモを手渡すなどしていたのです。単なる飲み仲間とは思えません。

後日、営業課長を呼び出して詰問したところ、「接待を受けたのは事実だが、機密を漏らしたりはしていない」とのこと。少々苦しい言い訳とは思いました。こちらも証拠がないので軽い処分にとどめましたが、他の社員への警告としては十分でしょう。今後も社内コンプライアンスの管理体制を強化していきたいと思います。

機密をライバル企業に漏らされれば、会社は大きな損害を受けます。不審な行動をとっている、勤怠が不安な社員がいたら、探偵に行動調査を依頼するのも、解決する方法です。

友人が突然失踪。家族に代わって見つけ出すことはできるか?

行方不明者の捜索願は、家族や親族、雇用者や学校の先生といった関係の深い人しか出せません。また、事件性がなければ警察も積極的に動いてくれない場合が多くあります。ここでは、友人の捜索を探偵に依頼したケースをご紹介します。

小学校からの友人が失踪。捜索するも発見できず

私は30代の男性です。地元には私を含めて5人の友人グループがあり、小学校からずっと付き合いが続いています。社会人になってからは全員忙しい身ですが、定期的に会う機会を設けています。

ところがある日、友人Nが突然失踪したという連絡が入りました。自宅に置き手紙を残し、夜中にどこかへ行ってしまったらしいのです。私は友人たちとともに、思い当たる場所を探したり知人に連絡を取ったりしましたが、Nを発見することはできませんでした。

両親は捜索願を出す気なし。放ってはおけず探偵を頼る

私が驚いたのは、Nの両親が捜索願を出していなかったことです。私たちはご両親を説得に行きましたが、「あんなやつのことは放っておけばいい。これは私たち親子の問題なので、口を挟まないでもらいたい」と取り合ってくれません。

どうやらNは、以前からご両親との関係が悪化しており、しかもしばらく前に仕事をやめていたらしいのです。失踪の原因もこの辺りにあるのでしょう。あくまでも友人にすぎない私たちは、捜索願を出すことすらできず、途方に暮れました。

また、Nは成人ですし、病人や障がい者というわけでもありません。自殺をほのめかしてもいないので、たとえ捜索願を出したとしても、警察は積極的に動いてくれないようなのです。Nをこのまま放っておくわけにはいかない。そう考えた私たちは、探偵に人探し調査を依頼することにしました。

失踪した友人を発見!説得の末、帰宅させることに成功

探偵によれば、行方不明者の捜索は早めに始めるのが重要なので、私の決断は正しかったと言われました。本格的に潜伏しようとすると発見が厳しくなるので、これからしばらくの間が勝負のようです。私は天に祈る気持ちで報告を待ちました。

3週間後、探偵から発見の連絡が入りました。Nはそれほど遠くには行っておらず、県内のネットカフェなどを転々としていたようです。私は友人たちとNを説得しに行き、さらにご両親も説明して、Nを家に帰らせることに成功しました。家族の関係修復には時間がかかるでしょうが、最悪の事態にならなくてよかったと思います。

警察による捜索が不可能な場合は、探偵に相談を

事件性のない行方不明の場合、警察は動いてくれない場合が多いので他の方法を使うしかありません。 中央リサーチの所在調査は、確かな調査技術と膨大な情報ネットワークで、高い発見率を誇ります。万が一の時には、中央リサーチに捜索をご依頼ください。

浮気相手が同じマンションに!証拠写真は撮影できるか?

マンションは、原則として部外者の立ち入りを禁じています。探偵も立ち入ることができず、マンション内での浮気調査は困難を極めるのです。ここでは、妻が同じマンションの住民と浮気をしてしまったケースをご紹介します。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

妻がマンション内で浮気?1人暮らしの男性の部屋に出入り

私は30代の男性です。専業主婦の妻と2人でマンション暮らしをしています。条件の良いマンションなので、うまく入居できてラッキーだと思っていましたが、最近心配事ができました。妻が同じマンションの住民と浮気をしているようなのです。

私は日中家にいないので詳細はわからないのですが、別の階に住む知人が言うには、妻がその階の一室によく出入りしているとのこと。しかも、その部屋の住民は若い男性1人だけらしいのです。これが浮気でなければ何なのでしょうか。

マンション内の調査は困難。外での浮気を誘発できるか?

ご近所さんへの体面もありますから、下手を打って泥沼化はさせたくはありません。そこで私は、探偵に浮気調査を依頼することにしました。浮気相手もその部屋も特定できている以上、すぐに結果が出るだろうと思ったのですが、話はそう簡単ではないようです。

まず、探偵がマンションに入れば不法侵入になってしまうこと。そして、浮気相手の部屋がマンションの外部から撮影できる位置にないこと。この2つが問題でした。浮気がマンション内にとどまっている限り、証拠写真を撮影するのは不可能に近かったのです。

探偵との相談の結果、私は賭けに出ました。「最近、他の部屋によく行っているみたいだけど、何かあったの?」と妻に聞いてみたのです。妻は少し慌てたようでしたが、「友達になった人がいて、余った料理をおすそ分けしている」と返してきました。これで、今後の浮気がマンションの外で行われる可能性が少しは高くなるはずです。

妻のおびき出しに成功。浮気相手は引っ越し

浮気相手は平日が休みらしく、妻が相手の部屋に行くのは決まって平日のようでした。探偵には、平日に限定してマンション付近で張り込んでもらい、妻が出てきたところを尾行してもらうことにしたのです。

案の定、妻は探偵の網に引っかかりました。浮気相手とは時間をずらして外出し、外で落ち合ってデート。その後何食わぬ顔で家に帰る。このような流れで、週に1~2回浮気相手と会っていたようです。探偵が提出してくれた写真には、浮気相手とホテルに入る様子がしっかりと写っていました。

写真を見せたところ、妻がすぐに浮気を認めました。「ご近所さんにも見られていたんだぞ」と強く出ると、泣きながら二度としないと謝罪してきました。その後、マンションに居づらくなったのか、浮気相手は引っ越してしまったようです。難しい調査も引き受けてくれた探偵さんには感謝しています。

まとめ:難しい調査でも、遠慮なく探偵に相談しよう

探偵事務所は、尾行や張り込みが難しい場所でも工夫して調査いたします。お困り事がありましたら、一度ご相談ください。

虚言癖のある彼氏…将来が不安になり探偵に調査を依頼

探偵の仕事の一つに、結婚前に相手のことを詳しく調べる「結婚調査」というものがあります。「婚前調査」とか「身元調査」とも言われており、調査対象者についてわかることをできるだけ詳しく調べて報告させていただいています。今回は、結婚を前提に交際していた男性について、調べてもらったという女性からお話を伺いました。 ※弊社でご依頼いただいた案件ではありません。

虚言癖のある彼氏と交際

私には結婚を前提に交際していた当時27歳の男性がいました。出会ったのは社会人サークルで、共通の趣味の集まりで知り合い、交際に至ったのですが、その彼があまりにも嘘をつく人だったので、信用に値するかどうかを確認するために探偵に調査依頼をしました。

はじめはワインソムリエの仕事をしていると聞いていたので、お店でおすすめのワインを教えてほしいと言うと「ごめん、本当はソムリエじゃなくてレストランで配膳の仕事をしているんだ」と本当のことを言いだしました。フレンチのレストランでホールスタッフのアルバイトをしながらソムリエの資格を取るために勉強しているのだそうです。

また、彼の出身地は札幌だと聞いていましたが、よく話を聞くと本当は札幌から車で4時間以上かかる小さな町の出身でした。彼の嘘はそれだけでなく、他にも「友達と県外に遊びに行く」と言っていたにもかかわらず、うちの近くのパチンコ屋で彼の車を見つけたこともありました。また、デートの予定があったのに「その日は急に仕事が入った」と言ってキャンセルされたのですが、本当は親しい仲間でバーベキューに行っていたこともありました。

どれもこれも彼からすると「悪気のないウソ」のようで、その場で平謝りされるだけでした。ですが、彼が話すことにあまりにも嘘が多く、本当に彼を信用していいのかどうか、不安になってきたのです。友達からは「そんな虚言癖のある人、早く別れた方がいい」と何度も言われましたが、当時の私は結婚に焦っていて、彼を逃したらもう後がないと思っていたので、どうしても別れる気持ちになれませんでした。嘘偽りのない彼の本当の姿が知りたくなり、すがるような思いで探偵に調査を依頼したのです。

調査結果を見て唖然!彼の嘘は他にもあった

彼の出自から出身校、仕事や趣味、周りの評判まですべて調べ上げてもらった結果、すべてが嘘だとわかりました。レストランでのアルバイトは調査を依頼した2ヶ月前に辞めてしまったこと、彼の尾行をした日のほとんどがパチンコに行ったり、日雇いのバイトをしたりしていたそうです。そのような事実は聞いていなかったので驚きました。

彼の出身地まで行って聞き込み調査をしてもらったところ、近所の人や友人からは、彼には虚言癖がありあまり近づかない方がいいという噂まで耳にしたそうです。しかも、大学進学がきっかけでこちらに移り住んでいると聞いていたのに、実際には高校を出ても働かずに親に勘当され逃げるようにこちらに引っ越してきたらしく、大学には進学していないこともわかったのです。

ここまで彼に嘘をつかれていたことに愕然としました。虚言癖はあっても、彼は優しい性格なので別れたくありませんでした。調査報告書を受け取った時、涙ながらに「どうしよう…」と言うと「大好きな彼に嘘をつかれて傷つくのはあなたですよ」という探偵の方の一言をきっかけに、真剣に別れを考えるようになりました。

そして心の整理がついたところで彼に別れを告げました。彼は驚きとともにショックを受けていたようですが、これ以上嘘をつかれるのは嫌だと伝えると別れに応じてくれました。今は彼氏はいませんが、今度は嘘をつかない誠実な男性とおつき合いしたいと思います。

悔いを残さないためにも結婚前の調査を

交際相手を信じたい気持ちで調査を依頼した女性のお話でした。中央リサーチでも結婚前の調査を得意としておりますので、ご検討中の方はお気軽にご相談ください。

絶対にバレないと思っていた浮気がバレた「現地妻」の話

今回は、既婚者とわかった上で交際を続けていたという未婚女性から、相手の奥様に浮気がバレた時の経験について詳しくお話を伺いました。 ※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。

出張に来たときだけ会う「現地妻」

私は現在、保育士をしている25歳の女性です。過去に既婚者の男性と浮気し、相手の奥さんから慰謝料を請求された過去があります。出会いは仕事終わりに友達と飲食店でご飯を食べている時に声をかけられ、連絡先を交換した、いわゆるナンパからのスタートでした。

当時、男性は5歳年上の30歳。東京から出張でこちらに来ていて、他の支店に出張に行き続けているので、たまたま地元に来たときに私と会うという関係がしばらく続いていました。相手が既婚者だと知っていたので、はじめは友人の一人として会っていたのですが、何度か会って話をしていくうちに私から男性に好意を持ってしまい、思い切って告白してしまいました。驚いたことに、男性は私を受け入れてくれて、いけないとわかっていながら男女の関係に陥ってしまいました。

正直、私も彼も浮気していることはバレないだろうという自信がありました。何しろ相手は、園児の保護者でもなければ仕事関係の人でもありません。彼のことを知る人は地元には私しかいないので、手を繋いで歩いていても浮気を疑われる心配がないのです。彼の職場関係の人に知られる可能性もありましたが、彼の会社の支店がある場所から離れた場所でデートを繰り返していたので、他の人の目を気にしなくていいのです。それに、彼と会うのはこちらに出張に来た時だけで多くて月に1回程度。本音を言えばもっと会いたかったですが、あまりこちらにばかり出張に来ていると怪しまれる可能性があるという理由で、本当に仕事がある時しか会えていませんでした。まるで現地妻のようでしたが、当時の私はそうした関係に満足していました。

そんな不倫関係を1年近く続けていましたが、ある日突然、終了することになりました。

探偵の調査で浮気が発覚。慰謝料を請求される

ある日、自宅と職場に彼の奥さんから慰謝料を請求すると書かれた内容証明郵便が届きました。絶対にバレないと思っていたのに、奥さんにバレてしまったのです。そこからは、弁護士を挟んで慰謝料を減額交渉してもらい、親にも協力してもらってなんとか慰謝料を支払いました。そして彼との関係もあっけなく終わってしまいました。また、職場にも内容証明郵便が届いて他の同僚に浮気をしていることがバレてしまい、居づらくなったので仕事も失いました。残ったのは慰謝料の一部を肩代わりしてくれた親に対する借金だけでした。

なぜバレてしまったのか、彼から聞いた話によると、スマホを使っている時間が長くなったこと、こちらの地元に出張に行くときだけやけに荷物が多く、女性向けの化粧品が入っていることもあり「出張先の支店に勤める若い女性に買ってきてほしいと頼まれている」と話していたが、なんとなく怪しいと思い、探偵事務所に相談して調査員を派遣して調査してもらったのだそうです。

遠距離での浮気だし会う回数も少なかったので、バレないと思っていたのですが、浮気はバレてしまうものなのですね。私はもうこれに懲りて二度と浮気をしないと心に決めました。今は新しい保育園で働き始めています。自分の過去を心から反省しながら、前向きな気持ちで仕事も恋愛も頑張りたいと思います。

浮気はたとえ遠距離でもプロの調査にかかれば暴かれます

今回は浮気相手の女性からお話を伺いました。相手の奥様はちょっとした普段の言動でご主人の浮気を察知したようですね。中央リサーチでも浮気調査を引き受けた実績が多数ございます。浮気調査を検討中でしたらお気軽にご相談ください。

祖父の戦友と遺族を探してほしい…少ない情報を手掛かりに行方調査を依頼

人探し調査でも、あまりにも情報が古くて見つからないかも…と話しながら相談をお寄せいただくことがあります。今回は、70年以上も前の手紙と写真をもとに調査依頼をしたという男性のお話です。※実話をもとにしたフィクションです。

祖父の遺品の中から戦時中の写真と手紙を発見

私は数ヶ月前、祖父を老衰で亡くしました。法要や役所への手続きなどが落ち着いたところで、祖父の遺品を整理していると、日焼けした桐ダンスの中から2人の男性が写っている古い写真が見つかりました。2人のうちの一人は祖父だとすぐにわかりました。祖父は生前、学徒兵として戦地に赴いたことがあるらしく、おそらく出征前に撮影されたものと思われます。出征後すぐに日本が降伏したため、祖父はかろうじて日本に帰ってこられたと聞いたことがあります。

そして祖父は写真だけでなく、一緒に写っていた男性から預かったと思われる手紙も保管していました。古い手紙だったので文字が薄くなっている箇所が多かったのですが、家族への感謝の言葉が丁寧に書き綴られているのがわかりました。

祖父は生前、一緒に戦地に赴いた友人は戦死したと話していました。この男性がその戦友かどうかはわかりませんが、写真の裏にうっすらと書かれた男性のものと思われる名前と、手紙の差出人の名前は一致していました。どのような事情で祖父が手紙を預かったのか、なぜ祖父がずっと保管していたのかはわかりません。しかし、家族宛ての手紙なら、本来なら家族や親族が受け取らなければならないはずです。

そこで私は妻と話し合い、探偵事務所に依頼して、写真に写っている男性とその家族がどこにいるのか、探してもらうことにしました。

妹が発見される

あまりにも情報が古いので、探偵に依頼したところで正直見つからないのではないか、と諦め半分で依頼したのですが、驚いたことに写真に写っている男性の遺族を探し出してもらうことができたのです。

ご遺族である男性の妹さんは県外の介護施設で暮らしていることがわかりました。早速、妹さんが居住する介護施設へ行き、写真と手紙を届けました。そして祖父がずっと届けられなかったお兄さんの写真と家族宛ての手紙を渡すと涙を流して喜んでくださいました。

祖父が生前、成し遂げられなかったことができて良かったです。手がかりがほとんどないにもかかわらず、祖父の友人の遺族を見つけてくださった探偵事務所の方に感謝しています。ありがとうございました。

人探し調査は、情報が古いと探すのに困難を極めます。探してほしい人がいるという方は、できるだけ早く探偵にご相談いただくことをおすすめします。人探し調査は中央リサーチでも数多くお引き受けしたことがございますので、まずはお気軽にご相談ください。

ドクターとの不倫 、探偵に浮気調査をされた看護師

離婚歴のある看護師が、一回りも年下の既婚の医師に言い寄られ、不倫関係になってしまったというお話です。看護師は、罪の意識にさいなまれながらも若い医師との関係を続けていたそうです。 その時は自分が探偵の調査を受けるとは思いもしなかったと、その時のお話をしてくださいました。 ※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼いただいた案件ではございません。

異動してきた年下のドクター

私は総合病院に勤務していた45歳の看護師です。5年前に離婚しこの病院に勤務するようになりました。子供はいません。 病院内の人間関係も大変ですが、何より患者さんに寄り添い、回復して退院していく笑顔を見る為に、医療現場に人生を捧げる覚悟で頑張っていました。

1年前に同系列の病院から異動してきたA先生は、体育会系で体格もがっちりしていて爽やかな印象を持ちました。 一回りも年下で、看護師としての私の仕事ぶりに信頼を寄せてくれていました。

そんなある日A先生から、食事に誘われました。 今までも他の医師から誘われることはありましたが、それは冗談か社交辞令のようなもので、本気のお誘いではありませんでした。今回も軽く受け流していたのですが、具体的に明日仕事が終わったら駐車場で待っていますからと言われてしまったのです。 他に若くて綺麗なナースは沢山いるのに何でこんなオバさん?と思いましたが、A先生は結婚してお子さんが産まれるそうで、なにか相談や仕事の話があるのかもしれないと思いました。

年下ドクターとの蜜月関係

A先生は、予約しているレストランがあるからと、そのまま夜の街に車を走らせました。ついた場所は、一流ホテルのフレンチレストランでした。 最初は仕事の話でしたが、ワインに気を良くしたのか、饒舌になったA先生は、ずっと気になっていたと私を口説き始めました。 奥様もいらっしゃるのに何を言っているんですか?などと軽くあしらったつもりでしたが、本当にあっけなくA先生がとっていたホテルの部屋で関係をもってしまいました。

罪の意識にさいなまれ、別れようと思いつつも、お互い離れられない仲になってしまい1ヵ月に2回程度A先生に言われるままに関係を続けてきました。 私からあえて奥様の事を聞くことはなかったのですが、子供が出来てから一度もそういう雰囲気になれないだとか、妻とは気持ちが離れているとか、時々冷めきった夫婦の事を先生は話してくれました。 私は看護師ですし、一回りも年上です。奥様と別れて一緒になってくれるなんてことは100%ないことはわきまえていました。

ただ時々妄想が膨らむこともありました。それは小さな儚い夢でした。 常に別れなければいけないという辛い気持ちで一杯でした。 そんな状態が1年以上続いたある日、事務長から呼び出しがあったのです。

事務長から突然の呼び出し

事務長に呼び出され、いきなり「A先生の奥様がご立腹だ。立場を考えてくれ。」と、神妙な顔つきで見せられたのは、医師との不倫現場を撮られた画像でした。 私はその場で退職を申し出て、病院を去りました。考えることも、A先生と連絡を取る時間もなくあっけない幕切れでした。出産のために実家に帰っていた奥様が、A先生の不審な行動に疑問を抱き、探偵事務所に浮気調査を依頼したのです。

奥様は私に慰謝料を請求するとまで言っていたそうですが、病院を辞めてその後何の連絡もありません。 A先生ともそれっきりで、顔を合わせることもなく別れました。

全く気づかなかった探偵の調査

私は今、介護用老人ホームに看護師として勤務しています。 患者さんからも慕われ評判の良かったA先生は、何事もなかったかのようにまだ病院に勤務されているそうです。

自分が探偵に調査されるなんてまったく想像しておらず、実際に調査されていたことにも全く気づきませんでした。不意打ちのように証拠写真を見せられたことは本当に衝撃でしたが、それで正気に戻ることができました。

A先生の奥様が探偵事務所に浮気調査を依頼していなければ、まだ辛い関係が続いていたかもしれません。そう思うと良かったというのは変かもしれませんが、関係が断ち切れたので本当に良かったと思います。 今は仕事が生きがいですが、いつかちゃんとした恋愛ができたらいいと考えられるようになりました。

浮気調査は探偵事務所にご相談ください

浮気相手の奥様が探偵事務所に調査を依頼し、関係が明らかになることでやっと医師との関係を絶ち切ることができたと言う看護師さん。ずいぶん辛い思いをされたと思います。今後は、誠実な恋愛ができることを心よりお祈り申し上げます。

探偵事務所で暴かれた真実によって、救われる人も大勢おられます。不安に思ったら、不審に感じたら、まずはご相談ください。中央リサーチでは、お客様のお力になれるよう最善を尽くし調査いたします。

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します