探偵ブログ

親子の絆が試される息子の素行調査。そこには衝撃の事実が…

遠くで暮らす息子さんや娘さん。いくつになっても親は、「どんな生活をしているのか」「トラブルはないのか」と心配なものです。今回は、ご両親が遠方で暮らす息子さんの素行調査を依頼したケースをご紹介しましょう。

※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

 

息子が大学へ通っていない。なぜ?理由は?

相談者:40代 職業:パートタイマー

我が家は夫と私、そして一人息子の三人家族。息子は2年前に大学進学をし、自宅からは飛行機を利用しないと行けないほどの遠方で下宿生活を送っていました。一人っ子なだけに、大切に育てた息子です。本当は、遠くの大学へ行かせるのは寂しかったけれど、仕方ないですよね。ママ友の息子さんも同じ大学へ行くので、思い切って送り出しました。

息子が大学2年生になったとき、そのママ友の息子さんから連絡がありました。「2年生になってから研究室に1度も顔を出していない。もしかして地元に戻ったのか?」……身に覚えのないことだったので、急いで息子に事実確認をとりました。すると、「大学は休んでいない」とのこと。

双方の言い分が異なっており、さらに大学に連絡すると、やはり息子は大学にしばらく行っていないようでした。息子は私に嘘をついていたのです。

 

夫と一緒に素行調査を依頼。見えた衝撃の真実

息子を問い詰めても、報告してくれたママ友の息子さんと関係が悪くなると思い、夫に相談。すると知り合いが探偵事務所を経営しているとのことで、二人で相談に行きました。ここから離れた土地の素行調査ですが、「○○(大学のある地域)での調査は経験がある」とのこと。息子が大学へ行っていない間、何をしているのかを調査してもらいました。

2週間後、調査結果を見て私たちは唖然。息子は、大学へ行かずにアルバイトをしているようでした。しかも、いわゆる「ゲイバー」と呼ばれるもの。素行調査の結果、大学へ行っていないのはゲイバーのアルバイトをしているため、また、バイト先の人とどこかへ出かけていることもある、とのことでした。

 

家族で話し合い、親子の絆を再確認

とてもびっくりしましたが、そのとき探偵さんは「息子さんは素行不良というわけではありません。まじめに業務に当たっているとのことです。一度話し合ってみてはいかがでしょうか」とアドバイスをくれました。

全く、その通りです。夫も「ギャンブルにはまっていたり、犯罪に巻き込まれているのかと思った。むしろ、安心した」とのこと。私も、最悪の結果を想像していたために、調査結果に驚きはしたものの、安心したことと息子を信じてやれなかったことに悔しさを感じました。

調査のことは伏せて、息子を地元に一度呼び出して話し合いました。大学を休んでいる理由、これからどうするのか、また、息子の趣味について。いずれも息子は嘘を付くことなく話してくれたので、ここでまた親子の絆が深まったと思っています。

あのとき、探偵さんに調査を依頼し、的確なアドバイスをもらえて本当に感謝しています。息子も私たちにカミングアウトできたことで、実家を居心地よいと感じてくれているようです。大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

遠方の子どもさんの素行調査も探偵へ相談を

いつになっても親は子どもが心配なもの。自宅から離れたところで一人暮らしを送るなら、なおさらです。子どもの素行調査はぜひ中央リサーチへご相談ください。誠心誠意調査させていただきます。

夫の浮気相手は私の親友。探偵の調査でわかった事実

夫や妻の浮気相手は何も自分の知らない相手ばかり…というわけではありません。今回は、夫の浮気相手は妻の親友だった…というケースをご紹介します。

※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

 

明らかに様子がおかしくなった夫

相談者:30代女性 職業:会社員

 

私と夫は大学時代からのサークル仲間。大学卒業後も、私たち夫婦を含めた男女10名は特に仲がよく、今でも定期的に集まっています。

仲間もうらやむほどのオシドリ夫婦と言われていた私たちでしたが、結婚後しばらくしてから暗雲が立ち込めるようになりました。夫の様子が明らかにおかしくなったのです。スマホを肌身離さない、「タバコを買いに行く」などと言って、夜に出かけることが多くなった、私の目を見て話さない…。素人目にも、「この人、浮気してるな」と感じていました。ストレートに問い詰めたってきっと夫はシラを切るに決まっている、スマホはロックされている。どうしたらいいのかわからず、途方にくれる毎日でした。

 

調査の結果、浮気相手はサークル仲間!

悩んだ結果、仲良しグループの女性メンバーだけを呼びだして、夫が浮気していると思う、と告げました。最初はみんな驚いていましたが、私が状況を詳しく話すと「それはクロだね…」と納得。「呼びだしてみんなで問い詰める?」「思い切って実家に帰ったら?」「ストレートに話した方がいい」、みんなさまざまな意見を出してくれました。すると、その中のひとりが「探偵事務所に頼んだら」と提案してくれたのです。しかし、他のメンバーが、「それはお金がかかるし、やめたほうがよさそう」と即座に否定したので、その提案は立ち消えになりました。しかし、私の中ではその提案がベストだと感じたので、翌日すぐに探偵事務所を訪れ調査を依頼。

調査の結果、夫はやはり浮気をしていました。しかも浮気相手は、「探偵事務所はやめたほうがいい」と反対したサークルメンバーだったのです。

怒り心頭の私は、仲良しグループ全員を呼び出し、みんなの前に調査結果と証拠写真を付きつけました。幸いにも私たち夫婦には子どもがいなかったので、私は即離婚。今は、元夫とその浮気相手以外のメンバーと交流を続けています。

 

疑わしいときにはすぐに依頼を

夫が浮気しているかもしれない、と思っても、なかなかその証拠を掴むのは難しいもの。そんなときは探偵に調査を依頼するのがベストです。確かな証拠をしっかりと収集してくれるでしょう。中央リサーチでは、お客様のご要望に応じて、確実な調査を遂行いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

妻の浮気相手はまさかの!一番の被害者は子ども…

妻や夫の浮気相手が、子どもの顔見知りだった場合…。その事実を知ったとき、子どもの心はどれだけ傷つくでしょう。今回は、妻が子どもの習い事の講師と浮気していたケースをご紹介します。

 

サッカーに夢中な娘

相談者:30代男性 職業:会社員

 

私には小学6年生の娘がいます。体を動かすのが大好きな活発な女の子で、女子サッカークラブに所属し、週に1回の練習を何より楽しみにしていました。練習場は家から少し離れたところにあるため、いつも妻が娘を車で送迎していました。週末はいつも練習試合、娘もそれに付き合う妻も大変そうでしたが、「サッカーが好きだから」という娘を夫婦で応援していました。娘の所属するチームは、保護者同士も仲が良いらしく、月に数回「保護者会」と称して、ミーティングや懇親会が開かれ、妻もその集まりに出るのが楽しみな様子でした。

 

娘の突然の告白に仰天

妻が例のごとく、「保護者会に参加する」と外出していた夜のこと、娘と家でテレビを見ていると、突然娘が泣きはじめました。驚いて「どうしたんだ?!」と聞くと、娘が思いもよらない告白をしてきたんです。

「ママとサッカーのコーチが付き合ってる、って噂になってるの。保護者会も3ヶ月に1回くらいしかしてない、ってチームの子が言ってた。同じチームの子のパパが、ママとコーチがふたりでご飯食べてるの見た、って。みんな、私がレギュラーになれてるのは、ママとコーチが付き合っているからだ、って。」

予想外の告白に言葉もありませんでした。帰宅した妻を問い詰めると、「そんなわけない、ありもしない噂だ!」と怒りだし、話になりません。

 

調査の結果、浮気が判明

どうしてもスッキリしなかった私は、後日探偵に調査を依頼しました。調査の結果、やはり娘の言うとおり、妻は娘のサッカーチームのコーチと浮気をしていました。チームのコーチにも家庭があったので、W不倫だったのです。

調査結果を妻とコーチに提示し話し合った結果、妻とは離婚、コーチはチームを辞任、娘もチームを辞めるという最悪の結果になってしまいました。娘の希望で今、娘は私と暮らしています。最近ようやく笑顔を見せくれるようになった娘。父親としては、娘の心の傷がいえ、またサッカーを楽しんでくれるようになってほしい…と願っています。

 

子どもの傷が深くならないよう、早めの対策を

親の浮気を子どもが知ってしまうと、子どもの心に深い傷を負わせてしまいます。子どもが悲しみの涙にくれてしまわないよう、パートナーの浮気に気づいたら、早めの対策をとりましょう。中央リサーチでは、誠意を持ってお客様の依頼にお応えいたします。

突然の離婚宣言!その裏に隠された真相とは…?

何の前触れもなく、突然妻や夫に「離婚したい」と告げられた…。そんなときにはたいてい、裏に大きな秘密が隠されているものです。今回は、突然夫に離婚宣告された妻のケースを紹介します。

※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

 

ある日突然「離婚したい」と言いだした夫

 

相談者:40代女性 職業:看護師

 

今思えば、数か月前から主人の様子はおかしくなっていました。家でも不機嫌そうにムスッとしている、会話が減った、帰宅時間が遅くなった…。「どうしたの?」と尋ねても、「いや、なんでもない。ただ仕事が大変で」と答えるだけ。私は、なんの疑いもなくその言葉を信用し、「無理しないでね、お疲れ様」と見守ることしかできませんでした。

そんなある日、仕事から帰宅した主人が、突然「離婚したい」と言ってきたのです。予想だにしなかった展開に唖然としていると、主人は次々と私に対する不満を述べはじめました。「最近太り気味で女性として見られない、仕事で疲れて帰っても、労わりや感謝の気持ちが感じられない、自分がぞんざいに扱われている気がする…」など。「だから、離婚したい」と。

「そんなに不満があるのなら、どうしてこうなる前に教えてくれなかったの?」と言っても、「積もり積もったものが爆発した。言わなくても気付いて欲しかった」との答え。とにかく私の態度に我慢ができないから離婚して欲しい、と繰り返すばかりです。

 

待っていたのは予想外の事態

泣いてすがる私を横目に、主人は「ひとりになりたい。とりあえずウィークリーマンションで生活する」と荷物をまとめて出て行きました。大学生のひとり息子は、県外でひとり暮らし中、残されたのは私ひとりです。何日も食べられず、眠れず…で耐え切れなくなった私は、学生時代からの親友に恥を忍んで相談しました。

すると友人は、「そういう場合って、たいてい浮気相手がいるってネットで見たことがある。一度調べてみたら?」とアドバイスしてくれました。彼女に付き添ってもらい、探偵事務所で相談。探偵も友人と同じ見解だったため、早速調査を開始してもらいました。

調査の結果、夫はやはりクロでした。浮気相手は主人の会社の部下、30代の独身女性でした。「ひとりになりたい」と言っていた夫は、ウィークリーマンションではなく彼女の暮らすマンションに転がり込んでいたのです。まるで新婚のようにふたりで手を繋いでいる夫と彼女の写真を見たとき、悲しみは怒りに変わりました。夫に連絡を取り、調査結果を見せ、「あなたとこの女性には、社会的制裁を受けていただきます」と言い放ってやりました。今後どうするかは検討中ですが、幸い私には手に職があり、息子や親族も私の味方になってくれています。あのとき、探偵事務所に調査を依頼していなかったら、きっとうまく夫に言いくるめられていただろう、と思うとゾッとします。友人と事務所の皆様には心から感謝しています。

 

ひとりで悩まず、相談を

突然パートナーから離婚を告げられてしまうと、どうすればいいのかわからなくなり、自分を責めてしまいがちです。しかしひとりで悩んでいても、解決の糸口は決して見つかりません。そんなときは、探偵事務所で相談してみるのもひとつの方法です。中央リサーチでは、お客様の相談に、親身になって対応いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

 

父親が浮気!娘の涙の調査依頼

浮気調査を依頼するのは、なにも配偶者のみとは限りません。今回は、父親の浮気を疑った娘が探偵に浮気調査を依頼したケースをご紹介します。

※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

 

きっかけは友人からのLINE。そこから発覚した事実…

 

相談者:20代女性 職業:会社員

 

ある日、友達から一通のLINEが届きました。その内容は「これ、あなたのお父さんじゃない?なんかお母さんじゃない女と手を繋いで歩いてるんだけど」。同時に送られてきた写メは、確かに父親らしき男性が、父と同じ50代くらいの女性と仲よさげに歩いているところ。このLINEを受け取ったときのショックは言い表すことができません。当時私は実家で両親と暮らしていました。母に何気なく「お父さん、最近変わったことない?」と聞いてみても、「何にもないわよ」との返答。よっぽど友人からの写メを見せようと思ったのですが、いたずらに母親の心を乱してもよくない…と我慢しました。

 

両親が寝静まった後、こっそり父のカバンをのぞいて携帯をチェック。そこには母親以外の女性との親密なメールのやり取りが残されていました。機械音痴の母が、自分の携帯を見るはずがない、と父も油断していたのでしょう。ふたりのツーショットや「お互いの離婚が成立したら、一緒になろう」という文章。「お母さんのことどう思ってるの…」私は怒りで全身がふるえました。

 

 

母親にはばれないように、秘かに探偵に依頼

 

最初は全てを母親に話して離婚を進めようかとも思ったのですが、それだと浮気相手と一緒になってしまい、母だけが苦労するのでは…そう思った私は、探偵事務所に相談に行きました。探偵の方も親身になって相談に乗ってくださり、出した結論は「母親にばれないように、父と浮気相手を別れさせる」ことでした。そうして私は調査を依頼。2週間、夕方と休日に尾行と張り込みを行ってもらいました。

 

調査の結果、やはり父親は浮気していました。相手はスナックのママ。父親が何度かそのスナックに通っているうちに親密な関係になったようです。私は父親を喫茶店に呼び出し、証拠写真を提示。情けなくて腹立たしくて、涙が次々とこぼれました。父親もそんな私を見て泣きながら謝罪。私は「今回は母には黙っておくけれど、今すぐこの女性と別れて。そして、罪滅ぼしにこれからの人生は母をしっかりと支えて生きていって。そうじゃないと親子の縁を切ります」と伝えました。父親はすぐにその女性と別れたようです。今、私はなんとなく父親と顔を合わせたくなくて家を出てひとり暮らしをしています。父親のことはまだ許せませんが…いつか許せる日がくるのかな、と思っています。

 

 

家族の浮気は放置しないで探偵に依頼を

 

両親や兄弟の浮気は、放置してしまうと家族に大きな亀裂をもたらしてしまう可能性があります。家族の様子がおかしいな、と感じたときには探偵に調査を依頼してみましょう。なお、未成年は法律上、調査の依頼ができませんので、信頼できる成人の親せきに依頼してもらいましょう。中央リサーチでは無料の相談も行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

だんだんと派手になっていく妻。探偵の調査で知った事実とは!

妻が突然身なりを気にするようになった。行き先を告げずに外出することが多くなった…これも浮気のサインのひとつ。今回は、妻の行動を不審に思った夫から依頼を受け、調査を行ったケースをご紹介します。

※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

 

身なりがだんだんと派手になっていく妻に不信感

 

相談:40代男性 職業:会社員

 

私たち夫婦は結婚して10年、子どもはいませんが仲良く暮らしていました。妻も正社員で働いていたので、お互いの給料はお互いで管理、私は妻がいくら稼いでいるのか知りませんでした。そんな妻に私が不信感を抱いたのは、ほんの些細なことです。「あれ、なんか最近、見たことない洋服が増えたな…」これがことの発端でした。その頃、毎週末のように「取引先との会食だ」と言って出かけていた妻。最初はスーツで出かけていたのにだんだんと服装がカジュアルになり、近頃ではかなり露出の多い服装で出かけるようになったのです。「おかしいな?」と一度疑念が芽生えると、それはどんどんと大きくなるばかり。ベランダに干されている下着が派手になってきた、化粧品の数が明らかに増えてきた、ハンドバッグや靴が次々と購入されている…。もともと服やメイクにあまり興味がなかった妻が、次々と服飾品や化粧品を買い揃えていくのです。

 

それに伴い、行き先を告げずに外出することも増えました。「仕事が忙しくて、家で夕食がなかなか取れないわ」「今週末は急に県外に泊まりで出張になったの」などと言っては、家を空けるのです。そして、私とのスキンシップを拒むようになりました。昔は向こうから私に甘えてくることが多かったのに…。ここまでくると、疑惑は確信に変わりました。「妻は浮気をしているに違いない」私はそう思い、探偵に調査を依頼することを決心しました。

 

 

証拠を並べても開き直る妻に幻滅…

 

調査期間は20日間。しかし、最初の一週間であっさりと浮気の事実が認められました。妻は浮気相手とほぼ毎日、会社帰りにホテルへ行っていたのです。相手は会社の同僚。ふたりの仲は社内でも噂になっていたようです。証拠写真を妻に突きつけて、どういうことかと問いただすと、妻は謝るどころか「あなたに魅力がないから他の男性に惹かれただけ。離婚したいのなら勝手にどうぞ!」とあきれた開き直り。もちろん妻と浮気相手に慰謝料を請求して、離婚しました。

 

パートナーに不信感を抱いたら、探偵に依頼を

 

パートナーの様子に不信感を抱いたら、ひとりで抱え込まずに探偵に浮気調査を依頼しましょう。きっと問題解決の糸口が見つかるはずです。中央リサーチでは、お客様の不安を一刻も早く取り除くよう、誠意を持って調査いたします、どうぞお気軽にご相談ください。

思いもよらなかった浮気相手!探偵の調査で分かった真実とは?

夫や妻の浮気相手は、何も赤の他人ばかりだとは限りません。今回は、調査の結果、夫の浮気相手は身近な人物だった…というケースをご紹介します。

※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

 

明らかに浮気しているのがバレバレな夫

 

相談者:20代女性 職業:販売員

 

主人とは高校時代から8年間付き合って結婚しました。特に大きな喧嘩をすることもなく、順風満帆でここまできたと思います。しかし、結婚してからわずか半年で、主人は朝帰りをひんぱんにするようになりました。仕事からの帰宅も遅くなり、家の中でもスマホは肌身はなさず、誰がどう見ても怪しい状況でした。

 

見るに見かねて私も「あなた怪しいんじゃない?」「浮気してるでしょ?」と主人を問い詰めるのですが、「していない」の一点張り。最後にはキレて「そこまで言うなら離婚でもなんでもすればいいだろ!」と怒鳴るのです。私が責めると数日は大人しくなるのですが、またほとぼりがさめると朝帰り…この繰り返しにいい加減私も疲れ果ててしまいました。

 

浮気相手は思いもよらない身近な相手!

 

何人かの友人に相談すると、みんな口を揃えて「それ、絶対浮気してるよ!」と言う始末。「もう離婚しなよ」と言われることもありましたが、なかなかそこまでは踏み切れませんでした。ある日、例のごとく朝帰りをした主人を問い詰めると「うるさいな!そこまで言うなら探偵でも何でも雇って俺を調査しろよ!」と言ってきました。そのときに「そうだ、探偵に調査してもらおう」と思ったのです。主人は、まさか私が探偵を雇ってまで調べるとは思っていなかったんでしょうね。

 

探偵には20日間の調査を依頼。調査結果は目を疑うものでした。主人は予想通り浮気していましたが、浮気相手はなんと私の実の妹だったのです!どうやら高校生のときに、我が家に遊びに来ていた主人に妹がひと目ぼれ。以来ずっと主人のことを秘かに思っていたのだとか。結婚後、偶然街でふたりがばったり会って、お茶でも…という展開になったときに妹が主人に告白。そこから関係が始まったようです。調査結果を持って、家族会議。会議には私の両親と義理の両親、主人、妹が参加。調査結果を見た義理の両親は土下座して私に謝り、主人と妹は下を向いて私の両親になじられるがままになっていました。その後、夫とは離婚、妹とも絶縁しました。まだ心の傷は正直癒えてはいませんが、早く事実を知ることができてよかったと思います。

 

浮気の証拠を確実に掴むには、探偵に調査を!

 

相手が浮気しているだろうな、と確信しても証拠がなければシラを切りとおされてしまいます。確実に浮気の証拠を掴むには、探偵に調査を依頼するのが一番です。中央リサーチでは、お客様の要望に添えるよう誠意を持って調査に取り組んでまいります。

浮気だとばかり思っていたら…実は意外な結末に

夫に女性の影がチラつくと、平穏ではいられないものです。しかし、ひとりでアレコレ悩んでいても仕方ありません。今回は、夫の浮気を疑って探偵に調査を依頼した結果、意外な結末が待っていたケースをご紹介します。

※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

 

夫の携帯に、怪しい女性のメールが

 

相談:50代女性 職業:専業主婦

 

私と夫は結婚して30年、2人の子どもはそれぞれ就職し、夫婦ふたりで穏やかな毎日を送っていました。しかしある日、ほんの出来心から夫の入浴中に携帯電話を盗み見てしまったのです。スマホなんて使いこなせない夫のいわゆるガラケーに届いていた一通の女性からのメール。そこには「いいですよ。私でよければご一緒しますよ。専務ってとってもキュートなんですね♡」という文章。それを発端に夫と相手は何度かメールのやり取りを重ねていました。送信相手はどうやら会社の部下の女性らしいのですが、メールの内容は、ふたりが会う日時や、絶対に他言しないことを誓い合う内容など、明らかに親密な関係をうかがわせるものでした。

 

思いもよらなかった事態に私は気を失いそうなほどの衝撃を受けました。しかし、携帯電話を勝手に見た、などと告げると夫は烈火のごとく怒りだします。お風呂からあがってきた主人の前で、平静を装うのがやっとでした。主人が眠りについてから、主人の財布の中を見てみると、ダイニングバーのレシートと、ジュエリーショップのレシートが。その女性とデートを楽しんだ証拠なのでしょう。私は声を殺して泣きました。

 

 

娘に助言されて探偵事務所に調査を依頼。すると…。

 

どうしていいのかわからなくなった私は、次の日、県外に住む娘に電話で相談しました。「お父さんが浮気しているみたいなんだけど」と事の次第を話すと、「とりあえず、別れる別れないは置いといて、探偵に相手が誰なのか、調査を依頼した方がいい」とのアドバイス。私もいてもたっても居られなかったので、電話を切ってすぐに探偵事務所を訪問しました。

 

2週間後、探偵から意外な結果を告げられました。「ご主人は、浮気をしている気配はまったくありません。これ以上調査を長引かせても、結果は変わらないと思います。それくらい、本当に何もないんです。」それでもメールの内容が引っ掛かる…と伝えると、「私の勘ですが、おそらくかなりの高い確率で奥様の勘違いだと思います。ご主人に直接聞いてみてもいいかもしれませんよ」とのこと。

 

携帯を盗み見た後ろめたさから、主人を問い詰めるのはいささか勇気が要りましたが、探偵の「これくらいで壊れるようなら30年もご夫婦でいられないでしょう」という言葉に後押しされて、思い切って主人に「あなた、浮気していない?」と聞いてみました。何が何だかわからない…という顔をしている主人に、メールを見てしまったことを告げると、主人は顔を真っ赤にして書斎へと向かったのです。そして数分後、主人が私の前にジュエリーショップの袋を持って現れました。そしてこう言ったのです。「お前に何かプレゼントをしてあげたくてね。でも、私ひとりでは何を贈っていいのかわからないから、部下に相談したんだよ。一緒に選んでもらう代わりに食事をごちそうしてね。高くついたよ」

小さなダイヤモンドがあしらわれたセンスのいいネックレス。私は涙でうまくつけることができませんでした。もちろん、うれし涙です。

 

心のモヤモヤはそのままにしないで探偵に依頼を

 

夫や妻を一度疑ってしまうと、その気持ちはどんどん膨らんでしまいます。ちょっとでも怪しいな?と感じることがあれば、思い切って探偵に調査を依頼してみましょう。すっきりするような結果が待っていることもあるのです。中央リサーチでは誠意を持ってお客様の依頼にお応えいたします。

危険な同窓会…。浮気調査で暴かれた真面目な夫のもうひとつの顔

同窓会で昔の恋人と再会し、お互いに燃え上がる…これは決して小説や映画の中だけの出来事ではありません。今回は、夫が同窓会で昔の恋人と浮気をしていたケースをご紹介します。

※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

 

同窓会に出席してから目を合わせなくなった夫

 

相談者:30代女性 職業:専業主婦

 

私の夫は周囲もうらやむほど家庭的で子煩悩なパパでした。会社が終わると真っ直ぐ家に帰ってきて、5歳と3歳の息子とお風呂に入るのが楽しみ、休日は家族でおでかけ…そんな幸せな毎日。家族のために毎日一生懸命働いてくれる主人を心から尊敬し、愛していました。

 

昨年の夏、主人のもとに中学校の同窓会の案内がきました。高校を卒業してすぐに地元を離れた主人、実に20年ぶりの旧友との再会をとても楽しみにしており、そんな主人を見ていると、私まで幸せな気持ちになりました。

 

ところが、同窓会に出席してから主人の様子が一変したのです。仕事から帰ってくるのが遅くなり、私とあまり会話をしなくなりました。息子たちが「パパ」と近づいても「ごめん、疲れているから」と言って、相手をしなくなったのです。そして、月に二回、多いときは四~五回、休日に「会社に行く」と言って朝から夜まで家を空けるようになりました。さすがに私も不信に思い、主人を問い詰めるのですが、「会社が大変なんだ」の一点張り。そして主人はいつからか私と目を合わせなくなっていました。

 

同窓会で昔の彼女と再会し、浮気していた主人

 

ここまで来ると、私の脳裏にも「浮気」の二文字がチラつくようになりました。でも、私が問い詰めても「仕事なのに疑うのか」と激昂するし、スマホはロック、財布や手帳を見てもこれといった証拠はありません。しかし、主人の帰りはどんどん遅くなり、とうとう無断で外泊するまでになってしまいました。私ひとりでは、何の解決にもならない…そう思って訪れたのが探偵事務所でした。

 

調査開始から一週間であっさりと浮気の証拠が集まりました。主人の浮気相手は中学校時代の元クラスメート。どうやら昔交際していた相手のようです。同窓会で再会したのを機に気持ちが盛り上がり、そのまま不倫関係に発展したようです。休日出勤というのも真っ赤な嘘で、車で二時間ほど走った距離にある地元に帰っては、浮気相手とのデートを楽しんでいたのです。証拠写真や調査結果を突きつけたときの主人の青ざめた顔は一生忘れないでしょう。主人は猛省し、浮気相手とも別れ、もとの子煩悩な父親に戻りました。しかし真面目で家族思いだとばかり思っていた主人のもうひとつの顔を知ってしまった私が、主人の目を見られなくなってしまいました。今、水面下で離婚に向けて準備を進めているところです。

 

怪しいと思ったらすぐに調査を。

夫や妻の態度が怪しい、浮気しているかもしれない…と思っても、個人での調査には限度があります。何か怪しい、と感じたら探偵に浮気調査を依頼しましょう。中央リサーチでは、お客様の不安を解消できるように誠意を持って調査を進めてまいります。

 

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します