探偵ブログ

一般の人が浮気調査をする為、待ち伏せや尾行したら犯罪になるの?

配偶者が浮気・不倫をしていると知ったら、自分の目で浮気現場と浮気相手を確かめたいと、目の色を変えて調査を始める人もいます。

 

怒り狂う気持ちはよく分かりますが、自分で待ち伏せや尾行をしたら、返って自分がストーカー規正法の処罰対象になるリスクがあるので注意が必要です。

 

今回は、自分で浮気調査をする場合のリスクについて解説していきます。

 

一般人が尾行や張込みをするとストーカー扱いされる?

 

自分で浮気現場と浮気相手を突き止めようと、尾行や待ち伏せ、張り込みをすると自分がストーカーになってしまうリスクがあります。

 

探偵が依頼主から尾行や張込みをすることはあくまでも仕事ですから合法の範囲内で行動します。

 

しかし、自分で尾行や張込みをするのは仕事ではなく

感情に基づく行動ですからストーカーの行動原理と変わりありません。

 

「浮気をしているあなたが悪いんでしょ!」と言いたい気持ちは分かります。

 

しかし、相手からしてみれば、「ストーカーされている!」と逆に反撃されてしまうこともあるのです。

 

最悪の場合は犯罪になる

 

自分で尾行や待ち伏せをすると、ストーカー規正法の処罰対象になる可能性があります。

 

浮気調査をしていることがバレて、つきまといやストーカー行為だと警察に通報されたら、最悪の場合逮捕されることもあるので要注意です。

 

浮気の証拠を掴むために尾行や張り込みをして、最終的に自分が加害者になったら本末転倒です。

 

昔に比べて今はプライバシーが重要視されている時代です。

 

自分で尾行や張込みをするリスクは高くなっていることを知っておきましょう。

 

広島県の浮気調査は中央リサーチに相談しよう

 

浮気の確かな証拠を掴むことは、離婚する・しないにしても、慰謝料を請求する・しないにしても、今後の展開において大切です。

広島県で40年以上の実績がある中央リサーチは、安心して依頼できる探偵事務所です。

 

探偵業法に則った業務の中で合法の範囲内で尾行や張り込みを行うため、安心して任せることができます。

 

無料相談は、お電話やメール・ラインなどで承っていますので、お気軽に、ご相談してみてください。

浮気に築いても気づかないフリが、早期解決

毎日忙しく家事や子育てをしているのに、旦那さんが浮気をしていると知ったら、カチン!ときて激怒!

 

そんなドラマのようなシーンが実際の日常生活にも起こる可能性があります。

 

しかし、将来のために自分を守るならば浮気に気がついても冷静になって知らないフリをした方が得策です。

 

この記事では、浮気に気が付いたらしらないフリをすべき理由を解説していきます。

 

浮気発覚後は知らないフリをすべき理由

 

浮気をしたと分かり、その場で怒り狂って「許せない!」「相手は誰?」と怒鳴ってしまうと…?

 

旦那さんは、まずは「自分は浮気なんかしていない」と浮気疑惑を否定するでしょう。

 

「はい、浮気しました」と素直に認めるケースは稀ですから、ほとんどの場合は言い訳を始めます。

 

しかし、心の中では「マズイな」と思っているので、これ以上バレないように警戒心を強めて浮気を継続

ようになります。

 

例えば、メールやLINEメッセージを消したり、ひと目に気をつけてバレないようにデートをしたり…。

 

パートナーが浮気の警戒心をマックスになった場合、浮気の調査が難航化します。

 

まだ離婚は考えていなくても、パートナーが浮気・不倫の深みにハマり、離婚を決める可能性もあります。

 

その時に、確かな浮気の証拠を入手しなければなりません。

 

浮気相手と不貞行為(性行為)をしたと確定できる証拠のモノがなければ、浮気を正式に証明できないのです。

 

浮気の証拠がない場合、パートナーと浮気相手は「単なる友人です」としらばっくれて、逃げられるかもしれません。

 

証拠なしでは慰謝料も請求することができず、自分を守ることができなくなります。

 

最悪の場合、パートナーは浮気を否定したまま妻と子供たちをおいて、浮気相手の元へ行くでしょう。

 

つまり、浮気発覚時に怒り狂って旦那さんを責めてしまうと警戒心を強めてしまい、浮気調査が難しくなるのでNGです。

 

離婚する、しないに関わらず、早期解決には浮気調査をする必要があるので、相手を追い詰めるのは止めましょう。

 

賢い人は、浮気が分かってもクールな顔で知らないふりをし、浮気調査を着々と進めていきます。

 

浮気をされて、怒りや裏切りで発狂したい気持ちになるのは分かりますが、そこをぐっと抑えましょう。

 

浮気が分かっても普段通りに過ごして、今後のために自分のためにも浮気調査を開始することが大切です。

 

 

当事者が集める浮気の証拠より第三者の浮気の証拠の方が信憑性高いの?

夫または妻が浮気をしていると分かったら、一刻も早く本当のことを知りたい、浮気相手を突き止めたいと思います。

 

自分の目で浮気現場を確かめたくて、尾行や張り込みをして証拠写真を撮影しようする方も多いです。

 

そこで気になるのが、自分で撮影した場合と第三者が撮影した証拠写真には信憑性の差があるのかということです。

 

今回は、浮気調査における証拠写真の信憑性について解説していきます。

 

浮気調査の証拠写真は対象者と浮気相手が鮮明に写っていなければならない

 

浮気による離婚で慰謝料や損害賠償を請求する場合、法廷で認められる証拠とは「不貞行為かあった」とされるモノです。

 

例えば、対象者と浮気相手とラブホテルに入ってく場面と出てくる場面に顔が分かるように取れている場合は強い証拠となります。

 

浮気を証明するには写真が鮮明であるかは大切なポイントです。

 

正面からの写真は信憑性が高い

 

証拠写真はターゲットが横向きや後ろ姿の場合がありますが、信憑性が高いのは正面から撮った写真です。

 

ラブホテルに入って出てくる写真をうまく撮影出来たとしても、本当にターゲットなのか分からない写真は

信憑性が低くなります。

 

誰が見ても、写真に写っているのは対象者と浮気相手だと分かるのは正面からの写真です。

 

正面からの徹底的な写真撮影はプロの技術が必要

 

ハッキリと鮮明な写真を正面から撮影するのは、尾行や張り込みのプロセスもあるので非常に難しい技術です。

 

誰が見ても対象者と浮気相手だと分かる確定的な写真を撮影するのは、素人ではリスクもありほぼ不可能です。

 

信憑性が高い証拠を揃えるならば、実績のある信頼できる探偵に依頼することをおすすめします。

 

浮気調査の証拠は動画などもあります。

 

近年はデジタル技術の発達により、浮気調査の証拠は場所や状況によって

動画も撮影可能です。

 

調査報告書には画像の他、動画が添付されることが増えています。

 

例えば、動画の場合はラブホテルに入ってから出てくるまでの間を途切れることなく撮影すれば、解りやすく明確なので写真よりも信憑性が増す場合もあります。

 

ちなみに、法廷で争われる離婚裁判にて不貞があった(性行為があった)と認められるホテルの滞在時間は40分以上です。

例えば交通事故の判断基準では当事者の主張が食い違う場合、当事者の証言より目撃者の情報が重要な証拠になります。

不貞にお於いても当事者の証拠より第三者の証拠を有効に活用していただく事をお勧めします。

 

浮気・不貞の証拠写真の鮮明さは何で決まる?

証拠の写真はどれくらい鮮明なものが撮れるのか気になっていませんか?

 

夜間でも昼間に匹敵するほどの写真を撮るには、カメラの画素数やセンサーサイズも関係しています。

 

今回は、探偵に依頼した写真の鮮明さについて解説していきます。

 

探偵に依頼した証拠写真の鮮明さは?

 

探偵は夜間でも顔がハッキリ分かる写真を撮る必要があります。

 

裁判で証拠となるのは「調査対象の顔が判別できるもの」と「調査対象を特定できるもの」です。

 

裁判に証拠として情報を提出される報告書には、対象者と浮気相手が分かるものが使われます。

 

カメラの画素数やセンサーサイズ

 

探偵が夜間で撮影する場合、カメラの画素数は1000万以上が求められます。

 

夜間でも昼間の写真と変わらないほど鮮明な写真を撮ることができるのです。

 

フィルム感度を示す値であるISO感度が12,800以上、ISO感度がオートで設定される高性能も重要です。

 

夜間でもブレない写真を撮るために、シャッタースピードは夜間でも1/30秒以内のカメラが求められます。

 

探偵事務所の証拠写真の鮮明さは報告書サンプルをチェックしよう

 

プロの探偵に浮気調査を依頼しても、すべての場面で二人の顔が鮮明に映っている訳ではありません。

 

例えば、ラブホテルの駐車場から二人で車を降りて部屋に入る場面、二人が同じ車両に乗りデートしている場面など様々なシーンが挙げられます。

 

場面によっては、横向きだったり後ろ姿だけの場合もあり、写真の鮮明度においても同じではないのです。

 

どこまでハッキリ写った写真を入手できるかどうかは

探偵事務所が持っている機材の質と技術にかかっています。

 

探偵事務所によってカメラの性能、機材、テクニックが変わるので仕上がりも変わるので要注意です。

 

探偵選びの際に、証拠写真の鮮明さが気になる場合は、探偵事務所にある報告書サンプルを参考にすると良いでしょう。

広島の浮気調査は、経験(機動力と土地勘)が重要

配偶者の浮気が分かった時はショックを受けますが、

その後の行動によって人生が大きく変わります。

 

浮気調査は探偵事務所に依頼するかによって、調査力に差があるので慎重に選ぶことが大切です。

 

今回は、広島で浮気調査を依頼する際に大切なポイントを解説していきます。

 

浮気調査は地域によって異なる

 

浮気調査は人生で何度もすることは少ないと思いますので、探偵事務所選びに迷う方は多いでしょう。

 

広島で浮気調査を依頼するならば、広島で浮気調査の実績がある業者を選ぶ必要があります。

 

浮気のデートは地域によって特徴があるので、地元の土地勘がある調査員の方が断然スムーズに調査を行うことができます。

 

広島で多くの浮気調査を経験してきた調査員は、デートスポット、ラブホテルの場所、行動パターンなどを知り尽くしています。

 

ベテランの調査員は機動力と経験があるので、短時間で高品質な証拠を入手することができるのです。

 

広島の土地勘がない探偵は失敗する可能性あり

 

広島で浮気調査を依頼するならば、土地勘があって地元に精通している探偵事務所に依頼することが大切です。

 

土地勘を持っていないと無駄に時間がかかり、調査が失敗しやすい傾向にあります。

 

広島での浮気調査の経験が浅く、土地勘がない業者に依頼するとターゲットにバレてしまい、警戒されて証拠が取れなくなるケースもあるので要注意です。

 

特に浮気調査は、探偵の調査カがモノを言うので、広島での浮気調査の経験が多いか必ずチェックしましょう。

 

広島での浮気調査は実績ナンバーワンの中央リサーチ

 

浮気調査で確かな証拠を掴むためには、経験豊富な調査員が揃っている探偵事務所に依頼しましょう。

 

広島での浮気調査は、実績ナンバーワンの中央リサーチがおすすめ。

 

広島の隅々まで精通しているプロフェッショナルな調査員が揃い、経験を活かした抜群の調査に定評があります。

 

中央リサーチは広島県内の浮気調査実績が多く、調査後もサポートしてくれるのが嬉しいポイント。

 

裁判で役立つ調査報告書を丁寧に仕上げてくれるので地元でも信頼されている探偵事務所です。

 

中央リサーチはホームページに明確な料金が掲載されており追加請求はないので安心して依頼できます。

 

夫・妻の浮気調査は電話やメール、LINEでお悩み相談を無料で対応しています。

 

広島での浮気調査を検討中の方は、まずは気軽に尋ねてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

あまりにも増え続ける人の家庭を壊す浮気や不倫の実態

㈱中央リサーチに依頼されるケースの約70%は、浮気・不倫調査が占めています。

 

「夫や妻が浮気・不倫をしている可能性があるので調べて頂けませんか?」という調査の内容です。

 

近年、人の家庭を壊す浮気や不倫が急増しており、それに伴って悲しむ人が増えているのが現状です。

 

この記事では、浮気や不倫が増え続けている実態のお話をお伝えします。

浮気・不倫調査を依頼するきっかけとなるのは?

テレビドラマでよく見かける浮気・不倫調査のシーンですが、一般の私達の日常生活でも起こる可能性が十分にあります。

 

多くの人は、夫または妻の浮気・不倫をスマートフォンの通信アプリ「ライン」のメッセージやメール、通話履歴、GPSなどで発覚したケースが多いようです。

浮気・不倫調査の費用相場は?

 

浮気・不倫調査にかかる費用は対応エリアや調査期間、状況によりケースバイケースです。

 

一般的な相場は、調査日数3〜5日で約45万円から75万円です。

 

どんな人が浮気・不倫の調査を依頼するの?

 

浮気・不倫調査を依頼する人の年齢層はかなり幅が広く、新婚さんもいれば、60歳前後の熟年夫婦まで年齢層はそれぞれです。

 

依頼主は男性よりも女性のほうが多く、女性のカンの鋭さが関係しているのかもしれません。

 

当探偵事務所のご依頼主さまが予想されている通り、対象者の90%は、実際に浮気・不倫をしているケースがほとんどです。

 

よくあるパターン!突然の離婚宣言はクロの可能性大

夫や妻から突然離婚宣言をされた場合は、浮気・不倫相手がいる可能性大と考えられます。

 

この場合、浮気・不倫をしている自分だけ都合よく話を進めるのであなたが損をする結果となります。

突然配偶者から離婚宣言をされた場合、裏には浮気・不倫相手がいると考え、調査を依頼して確かな証拠を入手することをおすすめします。

 

広島での浮気調査は㈱中央リサーチへ

突然離婚宣言をされたときに、浮気・不倫確かな証拠を持っていれば離婚請求は認められません。

最終的に離婚する・しない、慰謝料請求をする・しないに関わらず、浮気や不倫の証拠がある場合とない場合では今後の展開が変わるのです。

 

まずは、自分を守るためにも浮気や不倫の証拠を確保することは必須だと言えます。

 

広島県での浮気調査は40年の実績がある㈱中央リサーチがおすすめてす。

 

電話・メール・ラインメッセージでも無料相談を行っているので、気軽に尋ねてみてはいかがでしょうか?

 

 

浮気調査を3日で解決

探偵事務所に浮気調査を依頼すると、浮気調査を完了するまでどれくらいの期間がかかるのでしょうか?

 

結論から言えば、浮気調査の期間はケースバイケースですが最短3日間で完了することができます。

 

早く浮気調査が終わるメリット

浮気の証拠を3日間で完了することができれば、精神的なストレスが軽減するのがメリット。

 

調査期間が長くなればなる程気持ちがソワソワして気になって、夜も眠れない方は多いです。

 

調査期間が3日間であれば、我慢できる程度ですから

気持ち的にも楽だと言えますね。

 

浮気調査が短期間で終わるメリットは、費用も抑えられるのも嬉しいポイント。

 

浮気調査にかかる費用は、調査期間が長くなればなる程高くなりますので3日間であれば費用の負担も軽くなります。

 

浮気調査を行う回数は?

 

浮気調査は毎日するのかと言うと、そんなことはなく

1週間~1ヶ月の間に平均3日~5日程度調査を行います。

 

浮気をしている人は、浮気相手と毎日会っているわけではなく、平均1週間に1回、月に2~3回くらいのペースで密会しているからです。

 

1日の浮気調査を6時間依頼した場合、3日間分の調査時間は18時間~30時間です。

 

浮気調査にかかる期間はケースバイケース

 

浮気調査にかかる期間は、ケースによって変わり、場合によっては1ヶ月間かかることも。

 

では、浮気調査にかかる期間はどうやって決めるのでしょうか?

 

依頼者ごとに浮気の事情は異なり、情報提供が多いか少ないかで浮気調査の期間が変わってきます。

 

調査を開始する前に準備期間が必要ですから、情報が少ない場合は時間がかかるでしょう。

 

探査に浮気調査を依頼する際は、調査がスムーズに進むように必要な情報をまとめておくことが大切です。

 

そして調査員は、浮気の十分な証拠を複数入手するため最終的に1ヶ月ほどの時間が必要になることもあります。

 

浮気調査の進捗状況を知らせてくれる業者がおすすめ

 

浮気調査を依頼中に、どこまで調査が進んでいるか気になるかと思います。

 

優良な探偵事務所の場合は、浮気調査の進捗状況を依頼者に知らせてくれます。

 

どこまで進行しているか把握できるので、安心して過ごすことができますね。

 

しかし、探偵事務所によっては証拠を渡すのは最終段階だけの業者もあり、それまでは報告なし場合もあります。

 

これから浮気調査を依頼する探偵を決めるときは、途中経過を教えてくれるか確かめることが大切です。

 

探偵に人探しを依頼した時の料金相場は?

家族や恋人、友人が突然失踪して、どうすれば良いか悩んでいませんか?

 

警察は事件性と関連していなければ、対応してくれないため途方に暮れてしまう方も多いです。

 

そんな時は、探偵事務所に人探しを依頼するとスムーズに解決してくれるでしょう。

 

人探しは時間が経てば経つほど、見つけるのが難しくなるため、早めに依頼することが解決率が高くなります。

 

今回は、人探しを探偵事務所に依頼した時の料金相場をご紹介しましょう。

 

人探し探偵に調査依頼した際の料金相場

 

人探しを探偵事務所に依頼した時の料金相場は10万円から上は100万円です。

 

人探しの難易度が高いほど料金も比例して高くなります。

 

例えば、数日前に失踪した人よりも何年も前にいなくなった人の方が、難易度は高くなります。

 

 

人探しの調査依頼の料金はどうやって決めるの?

 

多くの場合、人探しの調査依頼は成功報酬型の料金システムとなっています。

 

依頼した時に着手金を支払い、成功した時のみ成功報酬を支払います。

 

支払いの総額は着手金と成功報酬の合計となります。

 

人探しの調査依頼の総額は、調査にかける時間と調査員の人数により変わります。

 

依頼対象者の情報が少なく、なかなか調査が進まない場合は、調査時間と調査員の人数も増やすと、料金は高くなります

 

人探し調査依頼の料金が100万円になる理由は?

 

人探し調査の総額料金が100万円を超える高額の場合は、どんな条件のケースでしょうか。

 

例えば、調査範囲が広く交通費や出張費がかかり、多くの調査員が必要とされる場合です。

行方不明者の足取りを追うためには、日本全国が調査活動の範囲となったり、海外も捜索範囲となる場合もあります。

調査範囲が広ければ広いほど、調査時間が長くなり調査員も多く必要となるので高額になります。

 

 

人探し調査依頼の料金を抑えるには?

 

調査対象者の情報量が多ければ多いほど、捜索の難易度は低くなるため、料金も安く抑えることができます。

 

人探し調査の費用を安く依頼するには、なるべく多くの情報を提供して、調査時間を短くして、少ない調査員で解決できるように準備しましょう。

 

例えば、家出した家族の場合は、部屋に残された持ち物、交友関係、スマートフォンのメッセージやSNSのアカウントなどの情報を探偵側に提供します。

 

 

人探し調査依頼が得意な探偵事務所の選び方は?

失踪した家族や恋人、お金を貸していなくなった友人を探したいと思ったら、人探しに実績のある信頼できる探偵事務所に依頼しましょう。

 

当探偵社は尋ね人や、思い出の人探しの調査力にはご依頼主様に好評頂いております。

 

全国対応、そして海外からのご依頼も幅広いネットワークを駆使して人助けをお手伝い致します。

お住まいのエリアに関係なく、人探し・尋ね人調査をローコストでご提供致します。

人探し調査の内容やお見積もりは、電話、メール、ラインからお気軽にお問い合わせください。

 

 

社内不倫が横行!浮気調査で浮気相手は社内不倫が最多

人の家庭を壊す浮気・不倫を平気で続ける人が増えています。

 

浮気・不倫という行為には、後ろで必ず苦しんでいる妻や子供がいるのです。

 

自分の欲だけを優先して浮気・不倫をする無神経な人はどんな浮気相手がいるのでしょうか?

 

今回は、当探偵事務所に寄せられる浮気・不倫のよくあるパターンについて解説していきます。

 

不倫相手は社内にいる!社内不倫が最多

 

夫・妻が浮気をしていると分かったら、相手は誰なのか気になって夜も眠れなくなります。

 

当探偵事務所に寄せられる浮気・不倫の調査依頼において、浮気相手は同じ社内にいるパターンが最多です。

 

社内不倫は探偵の浮気調査で簡単にバレる

社内不倫をしている男女はどの職場でもいると考えられます。

 

お互いが独身である社内恋愛ならば、誰にも迷惑をかけていませんから問題ありません。

 

社内恋愛から結婚するケースは多くありますし、周囲の社員からも歓迎されることでしょう。

 

しかし、どちらか一方、または両方が既婚者の場合は

全く話が異なります。

 

社内不倫は道徳的にも倫理的にも認められておらず、不貞行為があれば法律的にも違反となります。

 

社内不倫は周りにバレていることが多い

 

社員不倫は本人同士は周りにバレずに上手くやっていると思っています。

 

「やってはいけないことをしている」という刺激的なスリリングな毎日を楽しんでいるようです。

 

しかし、そう思っているのは当の二人だけで、職場の同僚は二人の関係に気がついているケースが多いです。

二人の関係を隠していても、会話や視線を見るだけで「なんか違うな」と周囲は気が付いて怪しみます。

 

仕事帰りに仲良さそうに話していたり、一緒に帰る姿やデート現場を見つかる可能性もあります。

 

社内不倫の結末は昇進・昇格できずキャリアが閉ざされる

仕事をバリバリに頑張っていて営業成績が良くても、社内不倫をしている人は社会的な信用を失います。

まず、社内不倫が周囲にバレると、社内の空気が悪くなり、同僚や上司などから冷たい目で見られるようになるでしょう。

 

当然ながら不倫は社会的に認められない行為なので信用されなくなります。

 

「二人とは一緒に働きたくない」というクレームも増えて周囲の態度がどんどん変わって行くはずです。

 

社内不倫の行く末は、今後仕事を任せてもらえなくなり、昇進・昇格できず、キャリアが閉ざされる道へと進みます。

 

不倫をするという行為は金銭的リスクが高い

 

社内不倫をするとキャリアが閉ざされるだけでなく、金銭的リスクが高いことも知っておく必要があります。

配偶者から慰謝料を請求されたり、離婚を告げられて子供の養育費や生活費を支払い続ける必要があります。

 

社内不倫を始め時は刺激的で楽しい毎日が続きますが、最終的には仕事と家庭の全てにおいて、取り返しのつかない状況と直面することになります。

 

いま社内不倫をしている人は、そのリスクを考える冷静な気持ちが必要です。

 

探偵に家出や恋人・知人の所在調査を依頼すると何が分かるの?

家族が家出をして帰ってこない…、恋人と連絡が途絶えてしまった…、お金を貸した友人の居場所が分からなくなった…と悩んでいませんか?

 

お世話になった人や恩師、旧友などに会いたいけど、

所在がわからないと悩む方も多いでしょう。

 

そんな時は、探偵事務所に所在調査を依頼すると、お悩みを解説することができます。

 

今回は、探偵事務所の所在調査をすると、どんなことを調べてくれるのかご紹介しましょう。

 

 

所在調査はどんなケースがある?

子供や夫・妻が家出をして戻ってこない…という家出や失踪されたご家族の所在調査は多いです。

 

所在が分からなくなった、夫・妻・子供・ペットを探してほしいといったケースがあります。

 

他にも、幼い頃の旧友・恋人・恩師など懐かしい人の現状などの人探し全般についても調べます。

 

家出・行方不明等で安否が気になる場合は人命に係わる事もあるため、早期相談・発見が大切です。

 

友人・恋人にお金を貸したまま急に連絡がつかなくなった、多重債務を抱えて消息を断ってしまった人物の居場所も探し出します。

 

 

お世話になった恩師や先輩にもう一度会ってお礼や近況報告をしたい

 

恩師やお世話になった先輩の消息にもう一度会いたい、お礼を言えなかった人に気持ちを伝えたい…と

いうケースも所在調査を依頼すると役立ちます。

 

懐かしい思い出の恩師、急な引越しで連絡が取れなくなってしまった同級生、昔の恋人などの消息も以前住んでいた住所や少ない手がかりからでも調査が可能です。

両親の離婚により疎遠になった両親探し、一度も会ったことのない肉親探しも対応しています。

迷子になったペットも探し出せる?

 

家族の大切な一員であるペットが行方不明になると自分で探し出すには限界があります。

ペット調査では、周辺へのビラ貼り・ポスター、目撃者の聞き込み、捜索調査を行い、迷子になってしまった愛犬、愛猫を探し出します。

 

ペット特有の獣道、足跡の確認、飼い主の呼ぶ声の録音、えさの仕掛けと水のある場所の捜索などを駆使して迅速に対応いたします。

 

 

お金を貸した恋人・友人の所在調査は?

金銭の貸し借りをした恋人や友人が突然いなくなって連絡が取れなくなってしまったというケースも所在調査で居場所を突き止めることが可能です。

 

不正を働いた従業員、雇用主がいなくなったケースも早めの対応が求められます。

 

民事訴訟などに備えて相手の住所が分かったら、その後は法的な措置が必要になります。

 

当探偵事務所㈱中央リサーチでは、対象者を発見した後に精通した顧問弁護士をご紹介いたします。

 

 

その他の所在調査は?

ある人のお墓を探してほしい、認知症や精神病患者など、徘徊で行き先がわからなくなってしまった人を探したいといったケースも対応しています。

 

 

NGケースは?

 

所在調査の全般にわたり、DVや虐待、ストーカー被害などの違法な目的による調査は対応していません。

 

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します