探偵ブログ

専業主婦が離婚前にやっておくべきこと

はじめに

夫のDVや浮気、ギャンブルなどで離婚したい…と思っている女性は多いかと思います。

女性の中でも専業主婦が離婚する場合、やっておくべきことって何があるのでしょうか?

後で後悔しないよう、ここでは専業主婦が離婚する前にやっておくべき準備についてお教えします!

 

専業主婦が離婚前にやっておくべき準備

・当面生活するための資金を用意する

ほとんどの専業主婦が必ずぶち当たる問題に、当面の生活資金の確保があります。

そもそも、離婚を本気で考えているなら、前もって自分の口座にお金を貯めておくようにしましょう。

離婚すると、住まいを確保するための初期費用などがかかるので、最低でも100万円程度は必要です。

専業主婦は収入がないので貯金しづらいかと思いますが、離婚後仕事が見つかり収入が安定して得られるまでの資金を用意しておかねばなりません。

たとえば、実家に頼れるようならある程度のお金を借りておき、働き出したら少しずつ返済する…などです。

 

・離婚後の住まいを確保する

離婚しようにもすんなりと進みそうにない場合、とりあえず別居するというケースも多いです。

離婚の前段階として別居となった場合、住まいを探さねばなりません。

よくあるのが実家や親せきの家、賃貸などですが、別居するには理由が明確でないといけません。

その理由は夫婦である以上同居の義務があり、夫婦が協力し合わないとならないので、正当な理由がない限り別居となると離婚する上で不利になる可能性があるからです。

 

・仕事を見つけておく

当然ですが、離婚すると夫からの収入がなくなるため仕事を見つけなくてはなりません。

離婚後仕事を見つけるとなると大変なので、離婚前に仕事を探しておき、ある程度仕事に慣れたら離婚話を切り出すのがベストでしょう。

離婚の話し合いを始めた時に専業主婦のままだと、離婚問題を抱えながら仕事を探したりするのは大変だからです。

逆に、離婚して生活がある程度落ち着いてから仕事を探すという方法もありますがリスクが伴いそうです。

離婚後は財産分与で得たお金や貯金などで生活することになりますが、離婚はかなり疲れる作業なので、健康面を考えると無理するのは禁物です。

 

・子どもを養育するための環境づくり

お子さんの親権を獲得するには離婚後の住いや収入のめどが立たないといけません。

親権を得るためにもこれらの準備をしっかりと行いましょう。

 

まとめ

専業主婦が離婚するとなると、離婚後の生活をきちんと考えた上で離婚話を進める必要があります。

とりあえず離婚してしまえば何とかなるだろう…などと安易な考え方では離婚後後悔することにもなりかねません。

いきなりの離婚は不安…という方は正当な理由があれば別居をしてから離婚という手もあります。

離婚前にきちんと準備をしておくことで、離婚後大変な思いをせずに済みます。

専業主婦が離婚を決意したら、やるべきことがたくさんあることがお分かりいただけたかと思います。

しっかりと準備した上で離婚に踏み切ってくださいね。

 

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します