探偵ブログ

探偵は自分の時間を犠牲にしても人助けの為に?

探偵の調査員になると、「なんの為にやっているの?」「やりがいはあるの?」と聞かれることがあります。

 

探偵の仕事はターゲットとなる対象者を尾行・張り込み・聞き込みをして事実と証明できる証拠を掴み、依頼主に渡すことです。

 

探偵業界は、一般的にはあまり馴染みがなく、特殊な仕事内容のため、探偵調査員は何のためにやっているのか…と疑問に思う方も多いかもしれません。

 

探偵のお仕事は一言でいうならば「人助けのため」と言えます。

 

これは決してキレイ事ではなく、探偵だけが調査に踏み切ることができるため、多くの人を助けることに繋がるのです。

 

 

探偵のお仕事は困った人に証拠を渡して問題を解決へ導く

 

例えば、パートナーが浮気をしていて確定的な証拠がないまま離婚協議や調停や裁判になった場合、法的で「浮気の事実」が認められません。

 

法的で浮気・不倫だと認めらるのには不貞行為が分かる強い証拠が求められます。

 

不貞行為が分かるという点がポイントとなるので、LINEやのラブラブメールやキスや手を繋いでいる写真は証拠能力が低いとされます。

 

何度もラブホテルへ出入りしたり不貞行為をしている事実が分かるように顔が鮮明に写った証拠写真・動画が必要となります。

 

パートナーの浮気・不倫問題に悩みながらも、勇気を出して探偵に浮気調査を依頼すれば、確定的な証拠を入手できるので、法廷で認めてもらうことができます。

 

探偵は浮気相手の住所も突き止めるので、慰謝料を請求することもできますし、離婚を決めたらパートナーに養育費も請求するのとも可能でになります。

 

もし、浮気の証拠がなかった場合は、パートナーは浮気の事実さえ認めずに言い逃れをして、慰謝料を請求できないまま不利な条件で離婚するしかなくなってしまうのです。

 

探偵が浮気の証拠を入手することで、浮気の事実を明らかにして被害者を守ることに繋がります。

 

浮気調査をして浮気・不倫の事実がなかった場合は、安心して夫婦関係を修復する流れになるでしょう。

 

探偵調査員は、ターゲットとなる対象者の動きに合わせて調査をするので、機敏な行動力や忍耐力も求められます。

 

時にはプライベートを犠牲にしてでも、調査を継続することもありますが、すべては「有力や証拠を掴むため」に尽きます。

 

探偵調査員は、有力な証拠が最終的に被害者を助けることにもなると知っているので、「人助けに繋がる」と感じているのです。

 

 

探偵は、どんな仕事よりも難しいお仕事?

依頼主からの相談を受けて、ターゲットとなる人物を尾行したり張り込み、聞き込みなどをして調査するのが探偵のお仕事。

 

日本において、探偵の調査員になるためには、特別な資格は必要とされていません。

 

しかし、実際に現場で活躍中の探偵の中には、持っている知識や技能には人によって差があります。

 

今回は、優秀な探偵調査員が持ち合わせている能力や素質について解説していきます。

 

 

探偵の調査員は対象者に気付かれないことが大前提

 

一人前の探偵として仕事をするには、専門的なスキルやノウハウ、他にも忍耐力や体力、機動力が求められます。

 

探偵が依頼主から受ける依頼内容は人によって様々ですが、多くのケースは浮気・不倫問題による証拠の入手です。

 

浮気・不倫問題を解決するためには、対象者の調査が必要となるものが非常に多いです。

 

探偵が調査を進める方法としては、尾行・張り込み・聞き込みの3パターンが基本となります。

 

対象者が浮気をする日程を予測して、後を追い行動を把握パターンを把握したり、浮気現場近くで身を潜めて何時間も待機することも…。

 

その他、対象者と関係がありそうな人物から情報を仕入れたりするのも仕事です。

 

どんなケースであっても、探偵は対象者にバレずに調査を進めることが大前提です。

 

万が一、対象者に気づかれてしまったら、警戒心を強めてしまい調査が難航したり、浮気相手と別れて証拠が取れないリスクもあるからです。

 

 

探偵の調査員はアスリート級の精神力や機動力が必要

 

尾行や張り込みくらいならば「自分でできそう…」と思う方も多いかもしれません。

 

しかし実際は、対象者に気付かれないように調査を進めて確定的な証拠写真を撮影するには探偵スキル・ノウハウが必要です。

 

探偵調査員は、多くの現場に出て経験を重ねて腕を磨き、独自の企画力、技術、推理力を培っていきます。

 

その場の状況を踏まえて、臨機応変に対応できる冷静さや状況判断力、時にはアスリート並の機動力が求められるのです。

 

 

 

浮気調査は気づかれずに証拠を撮る事の難しさ

最近は、ネット上でも自分でできる尾行や張り込みのノウハウが公開されており、「やってみよう!」と思う主婦の方も多いようです。

 

確かに自分で浮気調査をすれば、費用もかからず自分の目で浮気現場を目撃することができます。

 

しかし万が一、尾行と張り込み中にパートナーに気づかれてしまったらリスクは大きいことを知っておきましょう。

 

浮気・不倫カップルは知り合いに見られないように人目を避けて行動するので、周囲の目を気にしています。

 

尾行や張り込みに気づかれたら、パートナーは警戒心を持ち、メールや写真の浮気の証拠を隠滅し始めるでしょう。

 

「これはマズイ!」と思って浮気相手と別れてしまい、浮気の証拠が撮影できなくなるケースもよくあります。

 

浮気かどうか確かめる前に夫婦関係が壊れてしまったら、もう一度信頼関係を取り戻すのは大変です。

 

プロの探偵調査員であっても、対象者に気付かれないことを大前提に様々なスキル・ノウハウを駆使して調査を進めていきます。

 

対象者に気付かれずに尾行や張り込みをすることは、想像されている以上に難しい業務です。

 

 

プロの探偵が浮気調査で行うターゲットにバレない尾行のテクニック

 

浮気調査で尾行をする目的は、離婚裁判で有効になる浮気の証拠画像・動画を撮影することです。

 

プロの探偵調査員がする尾行は、相手の行動を探ったり監視して、ターゲットに気づかれないように跡をつけていきます。

 

尾行中に車やバイクで事故を起こしてしまったり、張り込み中に近隣住民に怪しまれて警察に通報されるトラブルにならないように慎重に行動することが大切です。

 

多くの探偵事務所は、対象者を見失うリスクを避けるために2〜3人のチーム体制で調査をしていきます。

 

対象者が、電車やバスなどの公共機関を使って移動をする場合は歩いて尾行を行います。

 

尾行中は、対象者と歩調を合わせながら跡をつけて、絶妙な距離を保つことがコツ。

 

あまり近すぎると怪しまれますし、遠すぎると対象者を見失ってしまうので、100~200メートルの距離をキープします。

 

歩調を合わせると、自分と相手の足音が同調するので足音で尾行がバレないのがポイント。

 

対象者や周囲に気を配りながら足元を見て歩き、対象者が立ち止まった場合は自然に振舞う柔軟性も大切です。

 

何時間も尾行をするので、かなりの集中力と緊張感に耐えられる忍耐力が求められます。

 

対象者が車に乗って移動をする場合は、調査員も車で尾行をしますが、バックミラーを見た時に不審に思われないことが重要なポイント。

 

ターゲットに怪しまれないように一定の距離を保ちながら、見失わないように尾行するのは、高度なドライブテクニックが必要です。

 

浮気問題のスムーズな解決の為にも、実績のある中央リサーチ広島へお気軽にご相談下さい。

 

 

浮気で、悩んでいたらストレスから体調を崩す方が急増?

旦那さん・奥さんの浮気が発覚して、それ以来誰にも相談できずに悩んでいたらストレスで体調を崩す人が急増しています。

 

パートナーと浮気相手はそんなことも知らず、被害者である自分は心身ともに苦しめられている…。

 

仕事や家事に支障をきたすほどストレスで押しつぶされそうになっている場合は対策が必要です。

 

今回は、パートナーの浮気問題によるストレスチェックと解決方法をご紹介しましょう。

 

 

パートナーの浮気問題によるストレスチェック

 

最近の自分の状態を思い出しながら、下記の15個の質問に答えて当てはまるものにチェックしてみてください。

 

1) 最近、体がだるくて疲れやすい

 

2) 思い通りにいかないと感じる

 

3) 睡眠を取っても疲れが取れない

 

4) イライラしやすくなった

 

5) 何をしても やる気が出くなった

 

6) 人と話すのがおっくうになった

 

7) 風邪をひきやすくなった

 

8) 最近、食欲がない

 

9) 最近、お酒の量が増えた

 

10) 悩みは一人で抱え込んでしまう

 

11) 決断力がない

 

12)小さなことにも腹が立つ

 

13)時々すべてを投げ出して逃げたくなる

 

14)朝の目覚めが悪い

 

15) 怒りを爆発できず溜め込んでしまう

 

上記の8個以上に当てはまった場合は、パートナーの浮気問題によるストレスが溜まっていると判断できます。

 

 

浮気問題の解決方法

 

浮気のことを考えていたら将来が不安になり、精神的に参ってしまった…という方も少なくありません。

 

特に妊娠中のパートナーの浮気は、精神的ダメージが大きくストレスによりお腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

 

浮気問題は放っておくとエスカレートしてしまうので、辛くしてもしっかり向き合い解決する必要があります。

 

浮気問題を解決するためには、まずは不貞行為が断定できる確定的な証拠を集めてから慰謝料を請求する流れとなります。

 

浮気相手へ慰謝料の請求を考えている場合は、証拠はできるだけ多く集めることが重要です。

 

慰謝料請求を確実に成功させるためにも、浮気調査の解決実績が多い探偵・興信所の中央リサーチ山口へお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

浮気よる夫婦げんかは子供の心に大きく影響する?

浮気問題が発端で夫婦関係が悪化した場合、子供にどんな影響があるでしょうか?

 

今回は、浮気問題による夫婦げんかが子供に与える影響について詳しく見ていきましょう。

 

 

子供の頃から両親の喧嘩を日常的に見ていたらどうなる?

 

幼少期から日常的に両親のケンカを見ていた子供は、人格形成に大きな影響を与えます。

 

浮気問題による夫婦ケンカを子供の前で繰り返していると、子供が成長する過程で様々な悪影響を及ぼします。

 

 

子供の言葉遣いが荒くなり乱暴になる

 

子供は親の言葉を聞きながら育っていきます。

 

親が日常的に荒く感情的な言葉を使い夫婦ゲンカをしていると、子どもは同じような言葉遣いになってしまうのです。

 

大人なってからケンカばかりしている親が嫌になっても言葉遣いは脳に染み付いているので、子供自身も乱暴な口調になってしまいます。

 

相手を蔑むような言動を日常的に聞いている環境で育つと、丁寧でやさしい言葉を使う意味も分からず大人になっていくでしょう。

 

 

周囲との日常のコミュニケーションにも支障が出始める

 

浮気問題による夫婦げんかを子供の前でしていると、子供は荒っぽい環境の中で育つため、思いやりや感謝の気持ちにかけた性格になります。

 

大人になっても同僚や上司など周囲との人間関係と上手くコミュニケーションを取ることも苦手意識を覚えます。

 

両親がお互いの感情をぶつけ合う姿を毎日見ているので、感情のコントロールができない人間になるでしょう。

 

自分の思い通りにいかないと、相手を威圧したり怒鳴り散らしたりする事も…。

 

子供は、自分の感情だけで行動する自己中心的な性格になっていくでしょう。

 

 

集中力が散漫になり学力レベルが下がる

 

親がいつも浮気の問題で大ゲンカしていると、子供は防衛本能が過敏になりストレスが溜まるので、集中力がなくなります。

 

集中力が散漫になるため、著しい学習能力の低下に繋がります。

 

 

結婚にネガティブなイメージを持つ

 

両親が日常的にケンカをしている家庭で育った子どもは、家庭を作ることに対して消極的になります。

 

温かい家庭をイメージできないので、結婚に対してネガティブなイメージしかありません。

 

恋愛しても独りでいた方が気が楽だと思うようになり、晩婚や一生独身を選ぶ大人になる可能性があります。

 

昭和の時代の言葉、パートナーと二人三脚は死語?

夫婦は「二人三脚」で足を揃えて生活するという常識が変わりつつあります。

 

時代は昭和、平成、令和と移り変わり、夫婦関係の捉え方も多様化しています。

 

今回は、「夫婦とは二人三脚」の考えが変わってきた背景を見ていきましょう。

 

 

変わりつつある夫婦の二人三脚

 

昭和時代は、結婚すると常に2人一緒に意識することが常識でした。

 

結婚して夫婦になれば家族となるので、子育てや金銭面でも協力して生活していかなければなりません。

 

独身時代のように自分の趣味に給与をすべて使い込んだり、自分勝手な行動は慎む必要があります。

 

平成になってからは、夫婦関係でもプライベートを重視する夫婦が増えてきました。

 

個人的な趣味を楽しむために、自分のお小遣いの範囲で好きなものを購入してもパートナーも不満はないでしょう。

 

 

家庭内別居が増えている理由

 

結婚したら二人三脚という常識が崩れていている現代では、夫婦の形は多様化しています。

 

そんな中、家庭内で別々に暮らす家庭内別居をする人も増えています。

 

家庭内別居についての法律上の定義はありませんが、一般的には夫婦関係は破綻しており、何らかの理由で離婚や別居もせず同居を続けている夫婦のことです。

 

そして、家庭内別居と一口に言っても完全に口を聞かない婚姻関係が破綻しているケースバイケースもあれば、家事を分担したりするなど様々なパターンがあります。

 

家庭内別居が増えた理由は、夫婦関係は冷え切っていて離婚したくても子どものために我慢している、経済的な事情、夫が離婚に応じないなどが挙げられます。

 

 

仮面夫婦とは?

 

最近は、仮面夫婦という言葉もよく聞きますが、家庭内別居とは何が違うのでしょうか。

 

夫婦関係ら破綻しているけれど、何らかの理由で離婚しないと言う意味では家庭内別居と仮面夫婦は同じです。

 

両者の違いは、仮面夫婦の場合は、人前では仲の良い夫婦を演じているけれど、家庭内別居の夫婦は一緒に人前に出ることがないという特徴があります。

 

夫婦二人三脚という常識が消えつつある現代では、家庭内別居や仮面夫婦は新しい夫婦の形と言えるのかもしれません。

 

不安・疑問・不審を感じたら探偵・興信所の中央リサーチ島根へお気軽にご相談下さい。

 

結婚率低下、離婚率上昇はこれからも続くのか?

厚生労働省が発表した2018年における日本国内の婚姻件数は59万件となり、婚姻率は0.47%、前年から0.02%ポイント減となりました。

 

今回は、婚姻率と離婚の割合である離婚率の動向を見ていきましょう。

 

婚姻率の低下の原因は晩婚化・価値観の変化

 

婚姻率とは、既に結婚している人は含まれず、該当年において一定人口に対し婚姻した件数の値です。

一年で結婚した人が最も多かったのは1947年に記録した最大値と1.20%です。

太平洋戦争終結直後に生じた結婚ブームにより、団塊の世代を生み出しました。

団塊の世代が結婚することで、今度は1970年前後に第二次ベビーブームが起こります。

1970年前後の婚姻率の高さは第二次ベビーブームが影響していると言えるでしょう。

それから20年後、1990年から2001年あたりまで、緩やかな上昇が見られますが、価値観の変化や結婚時期の分散により大幅な上昇はありません。

それからは、晩婚化や価値観の変化によって婚姻率は減少傾向にあります。

生涯独身を決めている人も多く、恋人がいても必ずしも結婚がゴールではないと考える人も増えています。

離婚率の上昇は若年層ほど高くなる

1960年代まで離婚率は減少していましたが、その後は緩やかな上昇を続けて2002年には戦後最高値の0.23%となりピークを迎えました。

しかし、直近の離婚率は0.20%を切り落ち着きを見せています。

 

離婚率は男女間の価値観の変わり、経済的な問題、社会環境の変化が影響しています。

離婚率は若年層ほど高くなる傾向にあり、特に15~19歳の離婚率の高さはトップです。

授かり婚をした未成年のカップルは、結婚後に数年で離婚してしまうケースが多くなっています。

また、近年は職場不倫が増えており、不倫問題が深刻化して離婚に至るケースも増えているのが特徴です。

離婚の原因の多くは、経済的な問題や浮気不倫かキッカケとなるため既婚者は対策をとっておくことも大切です。

浮気の慰謝料請求は証拠と浮気相手の住所が必要不可欠

旦那さん・奥さんが浮気をしていると分かり、慰謝料を請求したいけど何が必要なのか悩んでいませんか?

浮気相手に慰謝料請求するために準備しておくべきものとは
浮気の証拠になるもの、そして相手の住所も必要です。

今回は、浮気の慰謝料請求に必要なものを解説していきます。

浮気相手に慰謝料を請求するには不貞行為が分かる証拠が必要

自分では浮気の証拠だと思っていても実際は有力な証拠にならない場合があります。

例えば、浮気相手のツーショット写真、仲の良さが分かるLINEやメールは、慰謝料を請求する証拠としては十分ではありません。

慰謝料を請求するには、不貞行為(肉体関係)があると決定づける証拠が必要です。

▼不倫慰謝料の請求をするために強い証拠

● パートナーと浮気相手がラブホテルに出入りしている写真・動画

● パソコン・スマホに、性交渉の写真・動画が保存されている

● 性的関係があったことを示す内容があるLINE・メール

● 不貞行為があったと分かる内容を録音した録音音声

● ラブホテルの領収書・会員証

● 不倫を示すようなSNSの投稿、着信履歴

単体では浮気の証拠とならなくても、他の証拠や自白と合わせて慰謝料請求する際に有効に利用できることなあります。

浮気相手の住所が必要不可欠

浮気をしたパートナーは最後まで浮気相手の住所を白状しないケースもあります。

しかし、浮気相手がどこの誰なのかわからないと当然ながら誰に慰謝料請求すれば良いのか分かりません。

浮気相手の住所を見つけるには、探偵事務所などの調査機関を利用して浮気相手の居場所について調査してもらいましょう。

浮気相手への慰謝料相場は、一般的に50~300万円となっており、状況によってはさらに高額な慰謝料を請求できることも。

浮気の慰謝料請求を視野に入れている場合は、法的に認められる確定的な証拠と浮気相手の住所を手に入れる必要があります。

浮気調査の依頼は多くの実績がある探偵・興信所の中央リサーチ広島へお気軽に、ご相談下さい。

浮気調査を依頼したら気分が楽になった?

パートナーが浮気をしているのを知っているけど、放置すれば自然に消滅するだろうとそのままにしていませんか?

 

しかし、放っておくと不倫カップルはますますエスカレートして家族よりも浮気相手を優先させて離婚しか選択肢がなくなることも…。

 

パートナーの浮気に悩み続けると精神的にも体調も崩す人もいるので、一人で抱え込まないようにしましょう。

 

離婚をする・しないにしても、夫婦関係を修復する場合でも浮気の証拠を入手すれば、浮気相手は逃げ場がありません。

 

パートナーの浮気・不倫に悩んでいる場合は、早めに探偵事務所に浮気調査を依頼することをおすすめします。

 

 

夫婦関係を修復するためにも浮気調査することが大切

 

パートナーの浮気発覚後も、小さな子供がいるから離婚は考えていないという方も多くいます。

 

離婚は全く視野に入れていなくても、浮気の証拠がなければパートナーは浮気を素直に認めることはないでしょう。

 

浮気の証拠がないのに「ゴメンナサイ」と浮気の事実を認めるケースは稀です。

 

浮気をする人の80%はまた浮気を繰り返しているデータがあります。

 

今後も浮気を繰り返さないためにも、浮気調査をして証拠を入手しておくことをおすすめします。

 

 

浮気調査を依頼したら気分が楽になる

 

探偵事務所に浮気調査を依頼したら、胸の中のモヤモヤがなくなりスッキリしたという方がほとんとです。

 

浮気調査の結果ができると白黒ハッキリするだけでなく、浮気相手との密会場所やいつ会っているか分かるので、気分的に楽になります。

 

浮気している事実が分かったら、今後の夫婦関係を修復して継続するか、または離婚話を進めるかは自由です。

 

いずれにしても、浮気をしている(不貞行為があった)事実を証明できなければ、話が前に進みません。

 

もしかしたら、既に不倫関係が深い仲になっていて、自分が知らぬ間に結婚話を進めているかもしれません。

 

その時に、浮気の証拠が入手できていなければ、慰謝料も請求できずに妻と子供を置いて不倫相手と再婚…という最悪なシナリオも考えらます。

 

これ以上の被害を抑えて自分自身を守るためにも、浮気調査をして証拠を掴むことが大切です。

 

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します