探偵ブログ

探偵は高度な運転技術、高度なカメラ技術、そして忍耐・集中力が必要?

テレビドラマや映画に出てくる探偵は、クールな主人公として描かれていることが多く、カッコ良さに憧れて「探偵になりなたい」と思う人もいるでしょう。

 

しかし、実際の探偵の業務は、主に尾行・張り込みがメインといった地味な仕事が多く、忍耐や体力、集中力が必要です。

 

対象者を見失わないために、高度な運転技術、鮮明な証拠写真・動画を残すためにカメラや機材を使いこなすテクニックも求められます。

 

探偵の調査員になるために特別な資格は必要ありませんが、様々な能力が求められるため、向き・不向きがあるのです。

 

 

探偵になるために求められる能力とは?

 

探偵の仕事は、対象者となるターゲットに気づかれないように跡から付ける尾行や長時間の張り込みなど、地味で目立たない仕事です。

 

対象者がいつどんな行動をするか分からないので、緊張感の中機敏に動く柔軟さと忍耐力か求められます。

 

例えば、最も依頼が多い浮気調査の場合、ラブホテル付近で張り込みをして、対象者と浮気相手が出入りする瞬間を撮影します。

 

浮気調査は夜になることも多く、暗い場所でも鮮明な写真・動画を残す高度なカメラ技術も必須条件です。

 

多くの探偵学校ではスキルやノウハウを学ぶことができますが実際に探偵事務所へ入社してから、先輩に学び実務経験を積みながら独自野スキルを磨いていきます。

 

 

探偵の調査員に向いている人とは?

 

実際の探偵の仕事は、カッコいいイメージとは裏腹に、苦労が多いのに地味という過酷な業務をこなさなければなりません。

 

探偵調査員になるためには特別な資格は必要ありませんが、適性はあるので、どんな人が向いているのか確認していきましょう。

 

▼探偵の調査員に向いている人

好奇心が旺盛な性格

体力に自信がある

判断力がある

忍耐力がある

頭の回転が速い

強靭な精神力

高度な車・バイクの運転技術がある

その場に馴染む目立たないができる

高度なカメラ技術

新人の調査員も日々鍛錬を続けることで、スキルやノウハウは向上していきます。一人前の探偵になるために先輩から多 くの技術を学び、約5年程度の実務経験を積むことで一流の探偵調査員になることができるでしょう。

探偵は、車の運転からバイク、自転車など乗りこなせないと仕事にならない

探偵が調査をする際は、その場の状況に合わせて、徒歩、自転車、バイク、車の運転など様々な移動手段を使います。

 

旦那さん・奥さんが電車やバスなど公共交通機関を使っているけどそれでも尾行はできるの?と心配な方もいるかもしれません。

 

尾行というと車か徒歩で行うというイメージがありますが、電車やバスなど公共交通機関を使った尾行も行います。

 

探偵はどんな状況でも柔軟に尾行を行える体制を整えているので安心してください。

 

 

探偵は車、バイク、自転車など移動手段を柔軟に切り替える

 

ターゲットが大型バイクや自転車乗る場合、探偵は同じ移動手段を準備し尾行します。大型バイクうを尾行する場合は探偵も大型バイクでないとうまく追尾できないのです。調査員3名体制「バイク・自転車・車」という組み合わせも行われます。

 

また公共交通機関を利用するターゲットは歩きで移動するため、基本的には徒歩尾行となり、バスや電車に乗る際は徒歩尾行班が追跡します。

 

難しい事案の場合は、複数の調査員の人員体制で追尾を行うというのが基本的な尾行方法になるでしょう。

 

他にも、探偵には様々な手法があり、ターゲットの行動パターンに合わせて車やバイク、自転車を使い分けていきます。

 

公共交通機関を利用するタイミングがわかっていれば、別の調査員に先回りさせ車を待機させることもできます。

 

 

タクシーで移動するターゲットを追う方法は?

 

いつもはバスや電車を使っている人も深夜になるとタクシーを使って移動する人も多くなります。

 

ターゲットがタクシーに乗った場合は、徒歩尾行と車両尾行の組み合わせて調査を進めて行くのが基本です。

 

基本的にターゲットがどんな移動手段を使っても、先を予測しながら探偵は柔軟に移動手段を切り替えて、尾行することが可能です。

 

 

調査の移動手段が気になる場合は探偵事務所に相談しましょう

 

実際にどんな移動手段で尾行するかは、調査内容によって異なりケースバイケースです。

 

どんな移動手段を使って調査するのかなど、気になることがあったら、お気軽に探偵事務所の無料相談を使って相談してみましょう。

 

プロの探偵は、調査方法や移動手段を分かりやすく説明してくれますし、調査にかかる時間や費用も事前のお見積りや、打ち合わせで分かるのでご安心ください。

 

 

 

 

都合の悪いことは誰しも自らは言わない

男性も女性も、好きな人には「良い人」・「素敵な人」だと思ってもらいたいはずです。

 

婚活パーティーや合コンでも、初対面の異性には自分の特技や趣味を話して魅力的にアピールしますよね。

 

恋愛だけでなく、就職・転職をする際にも必ず必要になるのが自己PRです。

 

他の人には負けない何かを持っていることは、確かに男女問わず素敵な人だと印象付けることができます。

 

しかし、都合の悪いことはどうでしょうか?

 

誰しも人には言いたくない過去の話は一つや二つあるでしょう。

 

実は過去に大きな問題を起こした事がある、転職回数が多い、離婚歴があるなど、人に言いたくないことは、自ら進んで話題にはしません。

 

もし、結婚相手が多くの秘密を持っていて、あなたに言わないまま結婚話を進めたら結婚生活はどうるでしょうか?

 

知らない事実が分かっても結婚後にすぐ離婚できるものではありません。

 

 

婚約者を結婚調査するメリット

 

近年は、ネットを通じて知り合った人と婚約するケースが急増しており、交際期間が短いままスピード婚する人が多いです。

 

スピード婚となれば、お相手の素性はよくわからないまま勢いで結婚する人もいます。

 

しかし、どんなに気が合って結婚したとしても、結婚後に知らない事実が発覚して、「こんなはずじゃなかった…」と思いたくはありませんよね。

 

探偵に結婚調査を依頼しておけば、婚約者のプロフィールや素行、生活失態を調べることができます。

 

都合が悪くて言えなかった事実も側面からの調査により結婚前に真実を知ることができるのが最大のメリットです。

 

また結婚調査では、婚約者の詳細な事実関係の調査で、経歴、や学歴に嘘はないか、健康面や経済面で大きな懸念材料はないかなども調べることができます。

 

 

結婚調査はどんな方法で調査するの?

 

探偵に結婚調査を依頼すると、家族の生活実態や、資産、職業、人物性や風評など中心にお調べできます。

調査対象者の素行が気になる方は尾行と張り込みを中心に休日にどこへ行って誰と何をしているのか、仕事内容や行動パターンを掴むことがてきます。

 

自分と婚約していながら、陰では婚活パーティーに参加したり異性とデートしている場合は、婚約について考え直すきっかけとなるでしょう。

 

誰でも自分が調査されていると知ったら、嫌な気持ちになり婚約破棄のリスクも考えられます。

 

そのため、最も重要なのは探偵調査員は、対象者に気づかれることなく調査を進めることなのです。

将来の安心の為、まさかの確認調査の為、事前にプロの技術での結婚調査をご検討ください。

 

 

見てみぬふり?長い不倫関係は離婚の要因となる事が多い

「旦那さんが浮気をしているみたい…」「嫁が不倫しているようだ…」と思っても多くの人は現実と向き合いたくない、といった理由から放置してしまうことも。

 

しかし、見てみぬふりをした長期化する不倫関係は知らぬ間に親密な関係となり、夫婦関係が修復不可能になることが多いです。

 

パートナーの浮気が発覚したら早めに解決に向けて対処をしないと離婚するしか残された道はなくなってしまうのです。

 

今回は、パートナーの浮気・不倫を見てみぬフリをした後に待ち受ける結末について解説していきます。

 

 

パートナーの浮気・不倫関係を見てみぬフリをしたら?

 

パートナーのスマホをふと覗き込んだら、デートの約束を目にしてしまった、ラブホテルの領収書が出てきた…など、浮気・不倫の発覚はふとした瞬間に気が付きます。

不倫してるかもしれないという不安が明らかに確信に変わった時は、家族として今後の人生をどうすれば良いでしょうか?

 

一生添い遂げると誓い合ったパートナーの裏切りは相当な精神的ストレスを受けるはずです。

 

多くの人は辛い現実と向き合いたくないと思い、少し様子を見たら浮気・不倫関係が解消されるかもしれない…と見てみぬフリをする方も多くいます。

 

パートナーの浮気・不倫関係を見てみぬフリをして放置すると自然消滅するどころか、長期化して取り返しのつかない結果になるリスクがあることを知っておきましょう。

 

初めは単なる職場の相談相手の関係であっても、お酒が入ると男女関係となり、長期化して家族よりも大切な存在になってしまうのです。

 

特に夫婦関係が上手く行っていない、忙しくてすれ違いが多い、性生活がない場合は、浮気相手との愛が確実に育まれてしまうのです。

 

 

パートナーの浮気・不倫を放置する結末は離婚しかなくなる

 

浮気・不倫問題の場合、時間が経てば経つほど恋愛感情が高まってしまい、手遅れになる可能性が高くなります。

 

早期に浮気調査をして、浮気・不倫関係を解消すれば証拠を突きつけて、問題解決に向けて話し合う余地は十分にあります。

 

しかし、不倫関係が長期化すると家族よりも浮気相手が大切な存在となるので、気持ちが戻らず、離婚しか選択肢はなくなってしまうのです。

 

早く不倫関係を解決すれば、夫婦関係の修復の可能性があったものの、長期化すれば離婚か解決方法はなくなってしまいます。

 

不倫カップルは、新しい人生の再出発を約束しあい再婚に向けて愛を育み、自分勝手な計画を合法的に進めるために準備を始めるでしょう。

 

不貞行為を証明する明確な証拠がなければ、慰謝料請求もできずに泣き寝入りになってしまうリスクも高いです。

 

 

 

スマホの履歴削除は浮気のサイン?

パートナーの浮気発覚のきっかけは、ふとした瞬間にスマホを見たときが多いようです。

 

浮気・不倫をしている人も、浮気相手とのやり取りにはスマホを使っている人は多いのです。

 

浮気・不倫をしている人はバレないように様々な工夫をしていてそのやり方は人によって変わります。

 

敢えてLINEは使わずSNSのダイレクトメッセージを使ったり、オンラインゲームのコメント機能を使っている人も。

 

今回は、スマホから読み取る浮気のサインについて解説していきます。

 

 

スマホの履歴削除をする人は浮気・不倫しているかも

 

一部のトークの履歴がない場合は、浮気相手からのLINEメッセージを部分的に消している可能性があります。

 

会話の流れが不自然になり、話が繋がっていない場合はメッセージを定期的に削除していると考えられます。

 

浮気相手と見られる人がトークリストの上の方にあるのにトークな中身が全くない場合は、毎回メッセージを全部削除しています。

 

浮気相手からのメッセージは毎回消せばバレないだろうと思っていますが、削除しすぎていると逆にバレバレです。

 

LINEやメール履歴の削除を頻繁に繰り返している人は浮気・不倫をしている可能性があります。

 

スマホには浮気のサインが出やすいので、見られるタイミングがあれば要チェックです。

 

 

スマホで浮気が発覚したら探偵へ浮気調査を依頼するのがおすすめ

 

パートナーのスマホを見ていたら浮気していることが発覚したら裏切られたショックで夜も眠れないでしょう。

 

浮気相手はどこの誰なのか、自分の目で確かめたいと自分で浮気調査を始める方もいます。

 

しかし、自分で浮気調査をはじめても不貞行為が分かる確定的な浮気の証拠を撮影するのは非常に難しいと言えます。

 

尾行や張り込みをしても本人にバレてしまったら警戒心を強められて、浮気の証拠は入手できなくなるでしょう。

 

浮気・不倫問題を話し合いで解決したい場合も、確定的な証拠がなければ本人は認めてくれません。

 

浮気をしている人は素直に認めることはなく、証拠がなければ「浮気なんかしていない」と逃げ切ろうとします。

 

夫婦関係をもう一度修復したいと考えている方も、しっかりした浮気の証拠を入手してから話し合うことが大切です。

 

離婚を視野に入れて浮気相手に慰謝料請求して、パートナーからも養育費を請求する場合も、確定的な浮気の証拠があれば有利になります。

 

将来どんな道を進むにしても浮気の証拠は重要であり、自身で浮気の動かぬ証拠を撮るのは非常に難しいのでプロに依頼することをおすすめします。

 

 

 

 

話し合いは証拠の事実を基にしないと進まない?

旦那さん・奥さんの浮気が発覚して浮気問題を解決するためには、当事者本人達の話し合いが必要です。

 

その時に、浮気の事実が分かる確定的な証拠が必要です。

 

浮気をしている本人達は、浮気の証拠がなければ「浮気をしていません」と逃げる人がほとんどです。

 

確かに浮気の証拠がなければ「浮気はしていません」の一点張りで簡単に逃げることができます。

 

しかし、不貞行為が断定できる確定的な証拠があれば、浮気をしている当事者は認めざるを得ず、もう逃げ場はありません。

 

慰謝料請求を視野に入れた離婚を考えていても、夫婦関係を修復する方向を考えていても、いずれにしても浮気の証拠を入手することが大切です。

 

浮気・不倫問題の解決は証拠がなければ始まらない

 

浮気問題を話し合いで解決して夫婦関係を修復したい方、離婚を視野に入れて調停・訴訟したい方、人によって思いは様々です。

 

離婚する・しない、どちらにしても、まずは相手が浮気を認めない限り話は進まず、浮気問題は解決しません。

 

浮気問題はまずは不貞行為が分かる確実な証拠がなければ前に進まないのです。

 

浮気相手とのLINEやメールを持っていても「ただの仲の良い友人だよ」と言われてしまうかもしれません。

 

キスをしている写真を見せても「飲み会の罰ゲームだよ」と言い訳されるでしょう。

 

しかし、ラブホテルに出入りしている確定的な写真があれば「不倫関係にある」と断定することができます。

 

 

慰謝料請求をするには不貞行為が分かる確定的な証拠が必要

 

話し合いで浮気のLINEやメールの証拠を見せてその場で反省した場合でも、慰謝料請求となると、態度をガラリと変えて急に否定する人も少なくありません。

 

浮気を認めたらから浮気相手に慰謝料請求できると自信を持っていても、後で手のひらを返されて「浮気なんてしていない」と反論されることもあるのです。

 

慰謝料を請求するためには、LINEやメールの証拠だけでは十分ではありません。

 

浮気を証明できなかったために、慰謝料を請求できなかったという悔しい思いをしないためにも確定的な証拠を入手することが大切です。

 

 

 

技術がなくても高額な探偵社もあれば、技術があっても低額な探偵社の存在?

パートナーの浮気が発覚して、探偵事務所の料金表を比較していると、同じ浮気調査なのに料金に幅があることが分かります。

 

探偵事務所の調査料金は、特に宣伝費、他には調査に必要な人数と個々の人件費単価や各種さまざまな車両・機材使用などがそれぞれ業者により異なるため、料金に差が開いているのです。

 

実際に、腕が良い探偵調査員が多いのにリーズナブルな料金の業者もあれば、低スキルなのに料金が高い業者も存在します。

 

裁判でも有効な証拠を入手するためには、高品質な証拠を撮影できるスキルを持つ探偵事務所に依頼することが大切です。

 

では、なるべく調査費用を抑えて優良な探偵事務所を選ぶにはどこをチェックすれば良いのでしょうか?

 

早速見ていきましょう。

 

 

同じ浮気調査なのに費用が安い・高いの差があるのはなぜ?

 

近年、探偵事務所は格安をウリにする業者と高額な業者と分かれてきています。

 

気をつけたいのは、安い業者だからといって100%悪いわけではく、高額な業者でもスキルが伴わないケースもあるので注意が必要です。

 

最近の格安探偵事務所は、広告費用をかけずに紹介やインターネットを通じて集客をしています。

 

宣伝費用にお金をかけていないので、調査費用を安く設定しているのが特徴です。

 

一方で、高額な探偵事務所の場合は、紹介型のアフィリエイト広告、検索上位に広告表示させるリスティング広告、繁華街での看板など広告費用を多く使っています。

 

宣伝にかける経費が多いため、広告費用を回収するために調査費用を高く設定しなければなりません。

 

近年、探偵事務所の調査費用が数十年前と比べて高騰している理由はネット広告が一つの理由だと考えられます。

 

 

探偵事務所の選び方は調査力を見極める!

 

探偵事務所の料金は業者によって幅があるので、料金の安い・高いだけでは選ぶことはできません。

 

では、どうすれば優良な探偵事務所を見極める事ができるでしょうか?

 

それはズバリ探偵調査員の調査力です!

 

どんなに安い探偵事務所でも調査に失敗したり、ピンボケした証拠写真を渡されても納得できませんよね。

 

浮気調査は失敗や不明瞭な証拠は避けなければなりません。

 

調査費用の安さだけで選び、肝心な調査力を確かめないで依頼してしまうと後悔することになります。

 

浮気調査を依頼する際には、ホームページの調査の技術力をしっかり確認して口コミもチェックすることをおすすめします。

 

 

 

検索履歴から解る言葉の意味?

浮気・不倫をしている人は、スマホの中を見れば一発でバレてしまうほど、浮気の手がかりが隠されています。

 

浮気の手がかりは、LINEやメール、SNSをチェックする定番のやり方の他にも、検索履歴をチェックする方法があります。

 

スマホやパソコンのブラウザにある検索履歴をチェックすれば浮気の事実を確認できることもあるのです。

 

今回は、検索履歴から浮気を見つけるやり方を見ていきましょう。

 

 

浮気の手がかりはスマホやパソコンのブラウザにある検索履歴にあり

 

浮気・不倫をしている人は、独身時代のようにウキウキ気分でデートスポット、レストラン、ホテルをブラウザで検索しています。

 

Googleやヤフーの検索窓には今まで検索したキーワードが出てきます。

 

レストランやバー、ラブホテルなどの検索履歴が見つかったらデートに行く場所を検索していた可能性があります。

 

 

お気に入りサイトを登録するブックマークもチェック

 

いつもよく見るサイトは、お気に入り登録するブックマークも浮気発覚の手がかりとなります。

 

例えば、女性のプレゼントの選び方、デートスポットランキング、ディズニーホテルの予約サイトなどをブックマークしていたら浮気の気配が…。

 

閲覧履歴を見ても何も出てこなかった…と安心していてもブックマークに浮気痕跡が残っているかもしれません。

 

 

検索履歴やブックマークから浮気が発覚したら探偵に相談しよう

 

パートナーの浮気はスマホから発覚するケースがほとんどです。

 

浮気相手とのラブラブなメッセージやキスしている写真を見つけたとしても、それだけで「浮気をしています!」と立証するのは難しいのです。

 

たとえLINEに不貞行為か伺われれるやりとりがあったとしても「単なる冗談だ」と言い訳されることもあります。

 

浮気問題を解決するためにも、不貞行為がハッキリ分かる証拠の写真・動画が必要です。

 

小さなお子様がいてまだ離婚を考えていなくても、確定的な証拠がなければ、パートナーは浮気の事実を否定し続けて話し合うことが出来ません。

 

夫婦関係を修復するにしても、離婚を視野に浮気相手に慰謝料請求することになっても、強い浮気の証拠が必要だと言えます。

 

スマホから見つけた浮気の痕跡は、あくまでも浮気の手がかりに過ぎず、決定的な浮気の証拠にはなりません。

 

浮気の手がかりを探偵に見せて、スムーズに浮気調査できるように持っていくことが賢いやり方です。

 

 

 

 

 

 

子供の為と我慢しても泣いてる親の顔は子供の心に傷をつける

強い信頼関係があり、愛し合っている夫婦であっても、100%浮気はないと言い切ることはできません。

 

結婚している限りは、パートナーが浮気・不倫をしている可能性はあると言えます。

 

自分には関係ないと思っていても、万が一浮気・不倫をされた時はどう対応すべきか考えておくことも大切です。

 

特にお子様がいるご家庭は、子育てを優先させるためパートナーの浮気・不倫が発覚しても見てみぬフリをする人も…。

 

しかし、子供は親が傷ついて悩んでいることを分かっているので、さらに子供の心に深い傷を負ってしまうことになります。

 

 

パートナーの浮気・不倫問題を内に秘めて我慢するのは子供のために良くない

 

まだ小さなお子様がいる場合は、すべては子供のために生きている人がほとんどです。

 

パートナーの浮気・不倫が発覚しても見てみぬフリをして内に秘めてしまう人も多いです。

 

しかし、子供はお母さんが元気がない、何か悩んでいるみたいと気がついています。

 

お母さんが不安な気持ちでいたり、悲しんでいると子供も不安になったり情緒不安定になります。

 

いつもお母さんは元気で笑顔でいて欲しいと思っています。

 

パートナーの浮気・不倫問題は辛くしてもしっかり向き合い夫婦で解決に向けて話し合うことが大切です。

 

最終的に夫婦関係を修復するにしても、慰謝料請求したり離婚を選択することになっても、本人と話し合うことが重要です。

 

パートナーの浮気・不倫問題が解決すれば、お母さんもスッキリして元気になり、子供も安心して過ごせるようになります。

 

 

パートナーとは冷静に話し合うこと

 

旦那さんが何度も浮気・不倫を繰り返す場合でも感情的になることなく、冷静さを保ち話し合うことが重要です。

 

子供のために見てみぬフリをして我慢していたらならば、、話し合いの場に持ち出しても良いでしょう。

 

浮気をしている多くの人は、浮気している事実をすぐに認めずシラをきる傾向にあるので、証拠を集めておく必要があります。

 

探偵事務所に浮気調査を依頼して確定的な浮気の証拠を入手すれば相手は言い逃れのできない状態となります。

 

子供のためにも浮気問題は早期に解決することを心がけることが大切です。

 

 

 

 

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します