探偵ブログ

嫌がらせ対策の監視カメラにオーブ(たまゆら)が浮遊?

嫌がらせ・ストーカー対策に監視カメラを付けて見みたら、オーブ(たまゆら)が写っていたら、「不気味!」と一瞬怖くなりますよね。

 

今回は、監視カメラに写ったオーブの正体について解説していきます。

 

写真や動画に映り込むオーブとは?

 

オーブ(たまゆら)とは霊魂とも呼ばれ、自然の多い場所で自然霊や精霊が浮遊していると考えられています。

 

あなたの守護霊がオーブという状態で写ったり、その土地に未練があって浮遊している霊魂が写り込むケースがあります。

 

オーブの色、形、大きさ、数にはバラつきがありますが、円形・楕円形をした円や球が多いです。

 

常にフワフワと動いていており、写真に写っている人やその土地、撮影者に反応して何かメッセージを発するために写ることがあります。

 

オーブが写る理由とは?

 

オーブが写る理由は、先程述べたように、スピリチュアルな現象として姿を現す場合もあれば、光の反射によって写る場合もあります。

 

スピリチュアル現象としてオーブが発生した場合は守護霊などが何かあなたにメッセージを伝えていることもあります。

 

その場所にいる霊的な力がオーブとして写ることもあるようです。

 

霊感が強い方は、画像や動画でもオーブが写りやすいと言われています。

 

光の反射によってオーブが写る時は、宙に浮いている埃、またはカメラのレンズにホコリが張り付いていること理由です。

 

レンズに張り付いたホコリが光の反射を受けると、ゆらゆらとしてオーブのように見えることがあるのです。

 

明るくて丸いオーブが宙をフワフワと浮いているので、何か霊的なメッセージがあるような気がしますよね。

 

しかし、多くのカメラマンは、オーブ現象は毎日のように体験しているので、スピリチュアル的な意味はなく、光の反射という説を重視しています。

 

監視カメラや防犯カメラに写ったオーブを霊的な物として見るのか、光の反射として見るのかは判断が難しいところです。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

無料相談0120-30-6630

 

 

 

 

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します