探偵ブログ

探偵業法や法令を熟知していない探偵事務所もあるの?

浮気調査や素行調査を探偵事務所に依頼しても「個人情報やプライバシー侵害は大丈夫かな?」と気になっていませんか?

「逆に対象者から訴えられるリスクはないの?」と不安な方も多いでしょう。

結論からいえば、探偵社に浮気調査や素行調査を依頼したからといって訴えられることはありません。

しかし、法律知識がない探偵社に依頼してしまうと法令違反に当たるケースもあるので注意が必要です。

通常の調査を行う場合、探偵事務所に浮気調査や素行調査を依頼しても訴えられることはありません。

しかし、法的知識なく違法・犯罪行為となる調査を行った場合は訴えられるリスクがあります。

例えば浮気の決定的な写真を撮影しようと他人の私有地に侵入してしまったり、盗聴器・盗撮器を仕掛けるために、無断で入った場合は違法行為です。

また探偵が行う張り込み・聞き込み・尾行は合法的に進めますが、例えば対象者の自宅や敷地内に無断で入ってしまうと住居侵入罪となります。

他にも、しっかりと探偵業法に基づいて浮気調査を行ったとしても調査で得た証拠を依頼主以外の第三者に無断で公表することは名誉毀損で訴えられるリスクがあります。

探偵業の届け出をしていない業者は依頼主にもリスクあり探偵業を経営するためには、最寄りの警察署に探偵業の届け出を行う必要があります。

無許可の探偵事務所が調査した場合は、違法行為によって得た証拠となり、裁判で証拠として認められない可能性が高くなります。

また、無許可の探偵事務所に依頼した人も名誉毀損やプライバシーの侵害で訴えられるリスクがあります。

証拠が得られない、調査費用や時間が無駄になるだけでなく、ご依頼者自身にも被害が及んでしまう事もあるのです。

まずは探偵社と契約する前に、探偵業法の届出をした「探偵業届出番号」を確認しましょう。

 

広島で信頼できる調査依頼は中央リサーチへ

探偵業法を遵守し、厳格な調査を行う探偵事務所を選べば、依頼主本人がプライバシーの侵害などで訴えられるリスクはありません。

まずは、無料相談やホームページなどで探偵業の届出を出していることを必ず確認しましょう。

また、法律知識に精通しており、探偵業として経歴が長い探偵事務所は信頼できる証と言えます。

「中央リサーチ広島」は地元で55年の実績があり、探偵業法を遵守した上で合法的に行います。

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します