探偵ブログ

平気で違法な仕事をする広島の探偵事務所もあるの?

探偵事務所はどこに浮気調査を依頼しても結果は同じだろう…という考え方は注意が必要です。

 

探偵の調査レベルによって調査結果は異なりますし、調査できない内容もあります。

 

最近は、本来は引き受けられない依頼を受けたり、違法な手法をする業者もあるので要注意です。

 

今回は、違法な手法をする探偵事務所についてお話していきます。

 

 探偵が違法調査となるケースとは?

 

探偵事務所に依頼すれば何でも調べてもらえる訳ではありません。

 

探偵に依頼しても「違反調査になるのでお引き受けできません」と断られる相談内容もあります。

 

探偵は、探偵業法に反する調査は違反調査になるため、たとえ調査することができても断ります。

 

違反調査になる可能性の高いケース

 

・電話番号や携帯番号からの個人特定

・盗聴器の設置依頼

・車のナンバープレートからの個人特定

・ローン残高の調査

・出身地や出生など差別に関わる調査

・特定の地域出身者を調べる行為

・戸籍謄本や住民票の入手の依頼

・別れさせ屋、復讐屋などの行為

・反社会的組織・団体からの依頼

・ストーカー、DVなど犯罪に関する調査

 

正当な探偵事務所の場合は、上記に関する相談内容は断ります。

 

しかし、違反調査と知りながら依頼を引き受ける業者や「調査できます」と答えた業者は避けるべきです。

 

違法調査をする探偵事務所に依頼してしまった場合はどうなる?

 

依頼主が違反調査だと知らずに依頼してしまった場合は、調査自体が「違法性あり」となるため、証拠として認められません。

 

探偵業法に反する調査は違反調査を依頼した場合は証拠にならないので注意しましょう。

 

証拠にならない調査依頼

 

・器物破損罪

盗聴器を無断で対象者の車に設置した

 

・窃盗罪

盗聴器をコンセントの中に設置した

 

・住居不法侵入罪

無断で対象者の住居に侵入した

 

・信書開封罪

対象者の郵便物を勝手に開けた

 

・窃盗罪

対象者の郵便物を持ち去った

 

よくある依頼は、車のナンバープレートや携帯番号から個人情報を得たいという相談です。

 

直接個人情報を入手する行為はプライバシーを侵害する個人情報の不正取得となるので注意しましょう。

 

違法調査を行っている探偵事務所に依頼しても証拠にならないため、時間とお金を無駄にします。

 

違法調査をするのは悪徳業者である可能性が高く、後でわかった時には手遅れです。

 

それだけでなく、依頼主が違法行為と知りながら依頼した場合は罪に問われるリスクもあるのです。

 

あえて違法調査をしなくても、合法的に調査をすれば問題を解決できる方法があります。

 

広島で調査に定評のある中央リサーチでは問題が大きくなる前に、合法的に問題を解決へ導きます。

 

LINEや電話の無料相談では親切な相談員が丁寧なカウンセリングを行っています。

 

ぜひ一度、ご相談してみることをおすすめします。

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します