探偵ブログ 探偵ブログ

違法な調査をしない探偵事務所でないと安心して依頼できない?

自分で尾行や張り込みなどの浮気調査をすると、違法行為となる可能性があるとよく言われます。

 

プロの探偵事務所に依頼すれば、安心して合法内で調査してもらえるはず…と思う方は多いです。

 

しかしながら、実際にプロの探偵事務所に依頼しても、必ずしも「違法性は絶対にない」とは断言できません。

 

探偵事務所によっては、違法だと分かっていながら堂々と調査をする業者もあるからです。

 

知らずに違法調査をするケースもありますので、依頼者は注意が必要です。

 

探偵がしてはいけない違法調査

 

探偵事務所に依頼すれば、どんな内容も引き受けてもらえるとは限りません。

 

探偵事務所であっても、違法性がある調査は実行することはできないからです。

 

探偵業法で決められている禁止調査や公序良俗に反する調査は違法となります。

 

調べる技術やスキルがあったとしても、禁止されている違法調査は引き受けることはできません。

 

例えば、日本国籍を取得、帰化した事実は差別に関する調査になるため禁止となっています。

 

DV被害者に対する所在調査は、加害者である事を隠して依頼してくる可能性が高いため断ります。

 

ストーカー規制法やその他の犯罪に当たる情報調査も同様に違法調査となるので引き受けることはできません。

 

例えば、ストーカー目的でターゲットの住所や居場所を調べる所在調査や行動調査は違法調査です。

 

子供の家出の調査依頼があった場合は、児童相談所などで、過去に同様の相談がなかったかどうか事実確認をします。

 

その他にも、拉致、換金、誘拐、暴行などに当たる犯罪をすると分かった場合は違法調査となるので断ります。

 

 違法調査をする探偵事務所に要注意

 

探偵事務所の中には、違法性があると分かっていながら依頼を引き受けるケースがあります。

 

そういった業者には関わらないようにする注意が必要です。

 

探偵業法では、調査結果を他の目的に使わないと誓約書に記載することが義務付けられています。

 

実際に、悪徳な探偵事務所により、調査結果が犯罪に使われる被害も起きています。

 

これから、探偵事務所に調査依頼をする方は、業者選びは慎重に行いましょう。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します