浮気調査広島コラム

自分で浮気調査をしたら…相手にバレた!自分が罪に問われてしまうの?
2022/07/23

パートナーが不倫をしていると分かった時には、頭に血が上り「浮気の現場を突き止めてやる!」と意気込まれる方がいますがちょっと待って下さい。

 

自分で浮気調査をした場合、知らぬ間に違法行為をしてしまい、本来浮気の被害者である自分が訴えられてしまうリスクがあるので注意が必要です。

 

自分で浮気調査をして相手にバレてしまうケース

 

パートナーが浮気をしていると分かった時には、何とか浮気の証拠を掴み取ってやる!と怒り心頭になりますが、そこは一旦深呼吸をして冷静になる必要があります。

 

最も多いケースとしては感情的になってパートナーを責めてしまうことです。「浮気しているでしょ!」「浮気している事、知っているんだからね!!」と怒鳴り散らすことは逆効果です。

 

今後、浮気が原因で離婚をする、離婚はしない、別居をするなど、どんな結論に至るとしても相手に怒りをぶつけた途端に、パートナーと浮気相手は徹底的に警戒をするようになります。

 

そうなってしまった場合、いくら優秀な探偵社に浮気調査を依頼しても明確な不貞関係がわかる証拠写真・動画を撮影する事に警戒心が下がるまで時間が必要になります。

 

まだ浮気の証拠がないまま、パートナーに浮気を問い詰めても素直に認めることはまずありません。ほとんどの場合は逆ギレをし「何を言っているんだ!」と家を飛び出してしまうケースもあります。

 

その場合、浮気の証拠もなく、これから浮気の証拠を掴むこともできず、夫婦関係は悪化していき、結局、こちらが不利な条件で離婚せざるを得なくなるケースもあるので注意が必要です。

 

自分で浮気調査をして相手にバレると、自分が罪に問われるリスクがあるの?

 

パートナーの行動を把握するために自分で浮気調査をすると、知らない間に違法行為をしてしまうケースがあり、その場合は本来被害者である自分が罪に問われるリスクがあるので要注意です!

 

例えば、パートナーのスマホからLINEやメールの内容を勝手に見た場合は「不正アクセス禁止法違反」となります。メールだけでは明確な証拠にはならず、リスクが高いです。

 

たとえ配偶者であっても、車や服装、バッグなどにGPSアプリやボイスレコーダーを取り付けた場合は「ストーカー規制法」・「プライバシーの侵害」になる可能性があるので避けるようにしましょう。

 

また、尾行して万が一相手に気づかれると、「つきまとい行為」に触れる可能性もあるので、強引に自己調査を進めるのはNGです。

 

明確な浮気の証拠を掴むには、パートナーの持ち物に勝手に触れたり、怒りをぶつけるのではなく冷静を装い、合法的に浮気調査をするプロの探偵社に任せると安心できます。

 

明確な浮気の証拠を獲得するなら…探偵実績55年のベテランの探偵が揃う中央リサーチ広島へ

 

裁判でも認められるような高品質な調査結果に定評があり、調査終了後のフォローも充実しています。

ご質問、ご相談はお気軽にお電話、メールをご利用くださいませ。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

無料相談0120-30-6630