探偵ブログ

娘の交際相手の素行が心配。結婚前調査で判明した事実とは?

子供に交際相手を紹介されたところ、いかにも素行の悪そうな人で心配になった、という話は非常によくあります。ましてや、札付きの不良であることが近所に知られている人物なら、不安を抱いても仕方がありません。ここでは、娘の交際相手の結婚調査を探偵に依頼したケースを見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

娘の彼氏は元不良。結婚は非常に不安

私の娘は幼馴染の男性と交際しているのですが、私と夫はこれを決して歓迎していませんでした。交際相手は昔から素行が悪いことで有名で、警察に補導された経験もあったからです。ご両親や兄弟はまともな方なのですが、そんな家庭でも非行に走る人は出てしまうのですね。

娘もいい大人ですから、私も我慢して交際を黙認してきましたが、結婚の話を切り出された時は当然反対しました。そもそもまともに働いているのかもわからないし、家庭内暴力を受けるかもしれない。そのような不安を突きつけて再考を促したものの、娘は頑として聞き入れず、親子関係が険悪化してしまったのです。

友人の助言を受け、探偵に結婚前調査を依頼

私たち夫婦が1番恐れていたのは、娘が結婚を強行し、親子の縁を切られてしまうことでした。 これが双方にとってもっともよくない展開であり、避けなければならないことは理解しています。だからといって、このまま何もせずに娘の結婚を認めるわけにはいきません。 実際、交際相手の素行には不透明な点が多いのです。

身内の問題とはいえ、自分たちだけで解決するのは不可能だと感じた私は、親族や親しい友人にも娘のことを相談しました。すると、友人の1人から探偵の結婚調査を勧められたのです。友人も息子さんの結婚相手に不安があり、調査を行った経験があるとのこと。私はすぐに地元の探偵事務所に相談し、結婚調査を依頼しました。

交際相手はまじめに働いていた。結婚を応援することに

交際相手の住所はわかっているので、尾行自体は簡単に始められます。素行に問題があった人物だとわかっている以上、手を抜くわけにはいきません。探偵には、たっぷり1ヵ月かけて交際相手の行動を調べてもらうことにしました。

その結果判明したのは、「意外にもまじめにやっている」という事実です。勤務先は隣の市の工場なのですが、遅刻や欠勤をしている様子もなく、毎日働いているとのこと。怪しい人たちとの交際や悪所通いなどは、もちろんしていません。

この結果を受けて、私たちは態度を改めざるをえませんでした。どうやら昔のイメージに引きずられて、交際相手の人間性を決めつけすぎていたようです。不安が完全に消えたわけではありませんが、ひとまず娘との結婚は応援することにしました。幸せな家庭を築いてくれることを願っています。

結婚に不安があるなら、探偵の調査がオススメ

決めつけはよくないとわかっていても、交際相手の人間性を気にしてしまうのが親というものです。少しでも不審点があるなら、探偵に結婚調査を依頼して、不安を取り除いておきましょう。 中央リサーチ岡山の調査は細かい懸念まで丁寧に調査いたします。 また、調査は内密に行い、お相手や周りの方へ知られることはありません。 親御さんからご依頼いただいた場合も、娘さんや息子さんへ知られずに調査いたします。

不気味な隣人の正体は?探偵の調査で思わぬ結果が

集合住宅では大勢の人が暮らしています。中には、まったく交流のないご近所さんもいるでしょう。今回は、隣人の素行調査を探偵に依頼したケースを紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

隣に男性が引っ越してきたが、何か嫌な感じ

私の住んでいる賃貸マンションはそれなりに大きく、いろいろな人が引っ越してきます。ご近所さん同士の交流は盛んで、関係は良好でした。そんなある日、隣の部屋に新しい入居者がやってきたのです。

あいさつに行ったところ、新たな隣人は1人暮らしの若い男性だとわかりました。1LDKを1人で使っているのですから、それなりに収入もあるはずです。私は「わからないことがあったら何でも聞いてください」と言いましたが、男性は曖昧に返事をしただけでした。私はその態度に、「何か嫌な感じがするな」と思いました。。

隣人を追い出そうという騒動に発展、探偵に調査を依頼

隣人の男性は、それ以降も私たちとの交流を持ちませんでした。 彼のことはご近所さんの間でも噂になっており、「何か不気味」「普段何をやっているのかさっぱりわからない」などと、散々な悪口を言われていました。 隣人はどうやら夜間に仕事へ出ているらしく、昼間にほとんど顔を合わせないことも疑われる一因になっていたと思います。

そのような状況が続いた結果、ご近所さんの1人が大家さんに「あの不気味な男の素性を教えてほしい」と訴えました。しかし、「個人情報に関わることは教えられない」と突っぱねられたそうです。 これがきっかけとなって、私たちの中では「あの男は何か怪しいことをしているに違いない」という考えが固まっていきました。

ついには、「あの男をなんとかしてマンションから追い出そう」という動きに発展。そのためには証拠が必要だということで、探偵に隣人の素行調査を依頼することになったのです。

すべては思い込みだった。夫にも叱られ反省

探偵に相談したところ、マンション内での調査はできないとのことで、主にマンション外での尾行調査をしてもらうことになりました。特に重要なのは、隣人の勤務先や出入りしている場所です。私たちは、推理小説の主人公になったかのような気分で調査結果を持っていました。

しかし、探偵がもたらした結果は、私たちの予想とは正反対のものでした。 隣人は市内にある有名企業で研究者をしており、その関係で夜勤が続いていたのです。同僚と仲よく飲みに行くこともあるなど、ごく普通の、むしろ優秀で好感の持てる男性だとわかりました。ご近所と交流がなかったのも単なる人見知りのようでした。

結局、この一連の騒動は、私たちの勝手な思い込みによる空騒ぎだったということです。一体何をやっていたのやら…。夫からも「恥ずかしい。もう少し他人を信用した方がいい」と呆れられてしまいました。まったくその通りだと思います。探偵に相談していなければ、大変な行動に出ているところでした。

不審でも証拠のないことは、探偵にご相談ください

今回は不審人物ではなかったケースをご紹介しましたが、時には本当に不審人物が近隣にいることもあるでしょう。 中央リサーチでは、浮気調査だけでなく、さまざまな調査を承っております。 家庭のトラブルや近隣からの嫌がらせなどを解決するお手伝いをさせていただきます。 お困りごとがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

【結婚調査】息子が連れてきたバツイチ子持ちの年上女性

息子が結婚したいと言う女性は、バツイチ子持ち年上女性。息子の嫁として相応しい人なのかどうか身辺調査を依頼した母親の体験談をご紹介します。 ※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼いただいた案件ではございません。

30代後半独身の息子

60代後半の夫婦の私達には、30代後半になる独身の息子がおります。 息子は実家から一駅離れたマンションに住んでいます。私は時々息子が出勤している留守に手作りのお惣菜を持っていったり、散らかっている部屋を掃除したり洗濯をしたりして世話を焼いていました。 私達がまだ元気なうちはいいですが、独身のまま年を取り将来は孤独死するんじゃないかと思い、早く結婚してほしいと願うばかりでした。

息子の部屋に脱ぎ捨てられていたストッキング

そんなある日のこと、いつものように息子の部屋を掃除していると女性のストッキングがゴミ箱に投げ捨てられていたのです。裏返った片方がゴミ箱の周りにかかり、それはだらしなく生々しい光景でした。 女性を家に引き入れたのでしょうか?中年の息子の部屋とは言え、親としてはとてもショックでした。

息子からの告白

それから1ヵ月ほどたった頃、息子から突然結婚したい人がいると告白されました。 相手の女性はバツイチで、息子よりも10歳年上、大学生になる娘さんもいるとのことでした。 仕事先で知り合い意気投合し、付き合い始めたようです。 私も夫もこの際バツイチだとか年上だとかにこだわるつもりはありませんでしたが、私はどうしてもだらしなく脱ぎ捨てられたストッキングが頭から離れず、薄汚いイメージを払拭することができませんでした。

外資系の会社に勤務し仕事がバリバリできる。豪快で男勝りな所があるけれどとても魅力のある女性だと息子は言いますが、私は息子がだまされているのではないか、手玉にとられているのではないかと不安でいっぱいでした。 夫とも相談をし、探偵事務所に女性の結婚前調査を依頼してみる事にしたのです。

探偵事務所に依頼した息子の相手の調査結果

調査結果は思いもよらない内容でした。 息子とは比べ物にならない一流大学を出てフランスに勤務し、フランスで結婚し出産。その後離婚し帰国した女性は、外資系保険会社でバリバリと業績を上げ、今では都内に5戸もマンションを保有しているそうです。 娘さんはフランスの大学に留学しているそうで大変優秀なのだとか。 両親は既に他界しているものの、実家は病院を経営していて兄が継いでいるというエリート一家だったのです。また、ボランティア活動にも熱心で恵まれない子供の施設への慰問や寄付など、日本だけではなく海外でも積極的に活動を行っているということでした。

年上バツイチ子持ちなんて吹っ飛んでしまう程の調査結果でした。 私はストッキングの事などすっかりどうでもよくなってしまい、逆にうちの息子では釣り合わないのではないかと心配になるほどでした。

新しい家族

その後、留学中の娘さんの一時帰国に合わせて母娘そろって挨拶に来てくれました。 都会的なはつらつとした方で、好印象な女性でした。 フランス人とのハーフの娘さんも愛くるしい美人さんで、息子にも懐いていて、いきなりおじいちゃん、おばあちゃんと言ってくれ嬉しくて涙がでてしまいました。 やっとこれで安心することができました。これからは息子夫婦と孫の将来を見守っていきたいと思います。 色々と相談にのってくれた探偵事務所の方には感謝しております。 思いこみだけで人を判断するのではなく、真実を知るのが大切だとあらためて思いました。

素敵な家族ができ本当に良かったです。待った甲斐がありましたね。 結婚するにあたって聞きづらい事や、知りたい事等、結婚調査なら中央リサーチにお任せください。小さなことでも真摯に相談に応じます。お待ちしています。

長年愛人を囲っていた夫。探偵の浮気調査で証拠を入手

パートナーの浮気が発覚した時、一度の過ちなのであれば、まだ許す気にもなれるでしょう。しかし、長年にわたって浮気をしていた場合、怒りや悲しみもその分大きくなることもあるでしょう。ここでは、夫の愛人の存在を突き止めたケースを紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

夫に愛人がいる?不審点はあるが追求できず

私はかなり前から、夫に愛人がいるのではないかと疑っていました。 決定的な証拠といえるものはありません。ただ、私に隠れて誰かと電話をしていることが多かったり、買った覚えのない高価な品物を持っていたりと、不審な点が目立っていたのです。

とはいえ、夫は毎日まじめに仕事をしていましたし、私に対する暴言や暴力などは一切ありません。子供の面倒も見てくれているので、浮気を疑っているなどとは口に出せない状況にありました。 結局、誰にも浮気の疑惑を相談できないまま、時間だけが過ぎていったのです。

自分の立場が危ういと気づき、探偵に調査を依頼

本格的な追求の必要性を感じたのは、子供が中学に上がったころでした。子供の教育をめぐって、夫とケンカになってしまったのです。その話自体は数日後に決着がついたのですが、私は自分の置かれている状況の危うさに気づきました。

もし夫に愛人がいるのであれば、今回のようなことがきっかけとなり、離婚を決意するかもしれません。そうなった時、浮気の証拠をつかめていなければ、私が損をするだけだと考えたのです。迷った末、私は探偵に浮気調査を依頼することにしました。

浮気の期間はなんと10年!離婚と慰謝料請求へ

探偵には、1週間の調査をしてもらうことになりました。 夫の行動パターンを考えると、週に一度は愛人と会うだろうと思われたからです。できれば、2人が長い期間交際している証拠も入手したかったのですが、それはなかなか難しいとのこと。でも、浮気の決定的な証拠をつかめば、これまでの経緯をすべて白状させることは可能だと考えました。

調査の結果、夫と愛人がホテルに入っていく様子が撮影され、あっさりと証拠を入手することができました。問題はその後で、夫は浮気の事実を認めたものの、付き合い始めたのはつい最近だと言い訳をしたのです。しかし、愛人と個別に話し合いの場を持ったところ、2人がずっと以前から交際している証拠を出してくれました。

夫が愛人と付き合い始めたのは、なんと10年も前でした。夫は10年間も私をだましていたのです。あまりのことに、私は呆れてしまいました。現在は、離婚に向けて話し合いをしています。浮気の期間が長かったので、慰謝料は高額になるでしょう。協力に免じて、愛人への慰謝料請求はせず、夫にのみ請求しようと思っています。

愛人の存在は探偵の調査で突き止めよう

浮気自体が許しがたい行為ですが、長期間に及べば悪質さは跳ね上がります。期間が長ければ長いほど、慰謝料の相場も高額になります。交渉のためにも探偵の調査で浮気の証拠を入手しておくことが大切です。 パートナーの言動を不審に感じることがありましたら、中央リサーチまでお気軽にご相談ください。

【嫌がらせ調査】元校長だった老人の逆恨み

近所の老人から受けた嫌がらせ。 あまりの執拗さに困り、嫌がらせ調査の依頼をしたご家族のお話です。 ※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼いただいた案件ではございません。

執拗な嫌がらせ行為

2ヵ月程前から我が家は嫌がらせ行為に怯えるようになりました。 家の門の前に糞尿が置かれたり、庭に生ごみを捨てられたりもしました。 我が家は、母方の70代の祖母と、離婚して女手ひとつで私を育ててくれた40代後半の公務員の母、そして今年会社員になった私の3人家族です。 活動的な祖母は、お茶や長唄などを教えているので週に4日は家を留守にしており、嫌がらせは私達が留守の間に行われていました。 母にも私にも全く心当たりはなく、ご近所付き合いも良好です。閑静な住宅街の中、長年の顔見知りの人達がそんなことをするなんて考えられませんでした。

祖母の告白

警察に相談するかどうか話し合っていた所、祖母がそう言えば…と重い口を開いたのです。 半年位前に我が家から20メートルほど離れた場所で販売された建売住宅に、老人と息子夫婦が引っ越してきました。 学校の校長先生をしていたというその老人は、歳も祖母と同じ位で道で会うと立ち話をする仲になり、祖母がやっている長唄教室にも通うようになったそうです。 そして、私達が留守の時に家に突然遊びに来たり、なんとなく祖母に好意があるそぶりを見せ始めたそうです。祖母はそれを感じて少し距離を置いたようですが、長唄の生徒さんでもあるので邪険には扱えなかったそうです。 ある日、長唄のお稽古でずれていた箇所を指摘した所、その後お稽古に来なくなってしまったそうで、時々道で会って挨拶をしても、無視をされるようになってしまったと祖母は言いました。 その老人の嫌がらせかどうかは証拠がないのでわかりませんでしたが、放っておくわけにはいきません。

探偵事務所に嫌がらせ調査を依頼

証拠をつかまなければと考え、たどりついたのが探偵事務所でした。 探偵事務所の方は、こちらの相談を真摯になって聞いてくれ、犯人を突きとめるべく調査に乗り出してくれることになりました。 調査の結果、嫌がらせをしていたのは祖母の言っていた老人でした。 きょろきょろ辺りを見回しながら、庭にゴミをなげこむ姿や、袋に入れていた汚物を家の前に置く姿、挙句の果てに門柱に立小便をしている姿まで映し出されていました。 これだけの証拠があれば、警察も動いてくれるはずです。 ところが祖母は、警察沙汰にまでしなくていいのではないかと言い出しました。

嫌がらせをした老人の家族に相談

祖母の気持ちを汲んで、事を荒立てず嫌がらせをしてきた老人の息子さん夫婦に相談してみることにしました。 夫婦共に教員だというご夫婦はとても良い方で、二度とこんなことはさせませんと約束をしてくれました。

少しまだらボケも入っており、施設を探しているところだったそうです。また、寂しい思いをさせてしまっている我々にも責任があると頭を深く下げられる姿を見て、なんだか気の毒になりました。

そうして、我が家に平穏な暮らしがまた戻ってきました。 祖母も元気に毎日を過ごしております。 探偵さんのおかげで真実が判明でき、嫌がらせがなくなり本当に感謝しています。

元校長というプライド故に、人前で注意された事に逆恨みをし、嫌がらせを始めた老人。 好意が裏返って執拗な嫌がらせになってしまったのかもしれません。 このように嫌がらせやストーカー行為などにお困りの方は、中央リサーチまでお気軽にご相談ください。どんな小さな案件でも問題解決へとお手伝いいたします。

奔放すぎる妻に悩む夫。浮気をやめさせることはできるか?

人の性格は、そう簡単には変わりません。常に複数の異性と関係を持つほど奔放な人なら、結婚してもその傾向が続く可能性はあるでしょう。今回は、何度も繰り返される妻の浮気を、探偵が調査した事例を見ていきましょう ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

結婚しても奔放な性格が直らない妻

私の妻は、昔から奔放な性格として友人たちの間で有名でした。私と出会ったのは大学時代なのですが、当時すでに複数の男性と関係を持っていたようです。私は熾烈な戦いを勝ち抜いて、妻との結婚にこぎつけたといっていいでしょう。妻がプロポーズを受けてくれた時、私は喜びを隠しきれなかったことを覚えています。

しかし、問題は結婚したあとでした。妻はしばらくおとなしくしていたものの、奔放な性格は直っていなかったのです。しだいに他の男性と出かける機会が増え始めました。惚れた弱みというべきか、私は妻に対して強い態度に出ることもできず、妻が更生してくれるのを祈るしかありませんでした。

我慢も限界、妻を更生させるため探偵に調査を依頼

結婚から3年ほど経ったある日、私は友人たちと飲みに行って、嫌な情報を耳にしました。妻が友人Aと浮気をしていたというのです。といっても、2人は交際しているわけではなく、一夜を共にしただけのようでした。

いろいろと話を聞いてみたところ、妻は他にも複数の男性を「つまみ食い」している節があるとのこと。どうやら、妻の性格はまったく変わっていないようです。もう子供もいる立場ですから、これ以上放置はできません。私は妻を反省させるべく、探偵に浮気調査を依頼し、不貞行為の証拠を入手することにしました。

二度の調査で証拠を入手。現在は離婚を検討中

妻の浮気は非常に突発的・散発的で、決まったパターンといえるものはありません。 特定の相手と交際しているわけでもないようですから、浮気のタイミングを推測することはほぼ不可能です。探偵との相談の結果、まずは1週間尾行してもらうことにしました。それでだめなら、また時期をずらして調査を行うという計画です。

残念ながら、最初の調査は空振りに終わってしまいました。 お金のこともあるので少し時間を置き、2ヶ月後に再び依頼。この時期はクリスマスシーズンで遊ぶ機会も多く、浮気の可能性が高い状況でした。そして、妻が見ず知らずの男性とホテルに入っていく様子が撮影されたのです。

証拠写真を突きつけたところ、妻は浮気を認めました。これまでの浮気についても追求しましたが、「妻は何度かやった」というだけで、それほど反省した態度を見せません。結局、妻にはしばらく実家に帰ってもらうことになりました。子供の将来のことも考え、現在は離婚すべきかどうかを真剣に検討中です。

散発的な浮気も、探偵の調査なら証拠をつかめる

一晩だけの出会いを繰り返すタイプの浮気は、タイミングがわかりにくく調査の難易度が上がります。自力で証拠をつかむのは非常に難しいので、調査のプロにお任せください。 中央リサーチではご依頼者様のご不安が取り除けるよう、プロの技術を持って調査いたします。

【浮気調査】一時的な別居婚のはずが

単身赴任などで夫婦間に物理的に距離がある場合、相手の動向を探るのはなかなか大変です。今回は遠距離で暮らしているご主人の調査を依頼した女性のケースです。 ※弊社にご依頼をいただいた案件ではありません。実話を基にしたフィクションです。

夫の夢を応援して別居婚

私と夫は出身地を離れていますが、大学で出会いました。 卒業後は、互いに関東で就職しそのまま結婚しました。 夫は就職したものの地元で教師になるという夢を持っていて、結婚は焦らなくてもと言ったのですが、どうしてもと押し切られる形での入籍でした。

結婚して1年後、夫は教員採用試験で補欠合格し臨時教員として仮採用されることになりました。仮採用から本採用になることもあるとのことで夫は夢を叶えるため実家に戻ることになりました。 夫婦で何度も話し合ったのですが、仮採用状態で私まで仕事を手放すのが不安で、夫の状況が安定するまで、離れて生活することになりました。

別居半年で連絡が途切れがちに

別居後は、ほぼ毎晩夫から連絡があり、直接互いの状況や愚痴などを話していました。 また、月1〜2回は夫が東京に訪ねてきました。たまには私の方が行こうか?と言っても実家だしゆっくりできないからと彼の方から来てくれていました。

数ヶ月たち学校の夏休みが明けた頃、夫からの電話が減ってきました。メールやSNSで連絡は取れていたのでそれほど気にしていませんでした。

突然の別れ話を不審に感じる

そんなある晩、夫から電話がかかってきました。自分は夢を追いかけてばかりで申し訳ない。こんな自分では私を幸せにできないから別れてくれないかと。

突然のことに頭が真っ白になり、電話で済ませる話ではない、そちらに行くので直接会って話をしようと伝えました。ところが、絶対に来るなの一点張りです。夫と同居している両親にもしばらく内緒にしてくれと強く言われました。

あまりに不自然な態度で、実家へ行くのも嫌がるので、浮気しているのではと不審に思いはじめました。

探偵事務所に夫の調査を依頼

それ以降、夫は電話も出なくなりました。 精神的に追い詰められた私はネットで色々調べ、思い切って探偵事務所に相談することにしました。 費用面も含め、色々相談にのっていただき、まずは勤務後の短時間に限定して夫を調査してもらうことにしました。

結果は、調査3日目にあっさり判明しました。 同じ学校に勤務している女性教師と居酒屋で会って、その後ホテルへの出入りも確認できました。居酒屋では会話の記録も取れ、早く自由になって結婚できるといいねと話していました。 突然離婚を切り出した原因の解明が目的なので、これだけで私には充分でした。

きっちり片をつけに夫の地元へ

平日休暇をとって夫が勤務している時間帯に実家を訪ねました。 ご両親は別れ話を本気にしておらず、驚いていました。 帰宅した夫に、調査結果を見せると、浮気相手がいることを渋々認めました。

その晩、ご両親抜きで二人でも話し合いましたが、相手の女性は教育委員の娘なので今後教員を続けるためにも穏便に別れてくれの一点張りでした。あまりの態度に夫への気持ちも冷め、別れる決心がつきました。

夫からは謝罪はなく慰謝料という言葉も一切出ませんでした。 ご両親から慰謝料のお申し出があり、悩んだのですが2人で暮らしたアパートを引っ越して新生活を始められる程度の額を一括でいただくことにしました。また、共有財産である家具・家電なども私が好きにしていいことになりました。 辛い結果でしたが夫が豹変した原因が浮気であることが判明して、気持ち的に吹っ切ることができました。

離れて生活していると浮気の兆候を見落としがちです。 誰にも相談できない、そんな時は中央リサーチへご相談ください。お客様に合わせた費用や方法など最善のご提案をさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

妻の浮気を疑ったら反撃され泥沼化。やり返すことはできるか?

パートナーの浮気疑惑を迂闊に追求すると、否定されるどころか反撃され、周囲も巻き込んで泥沼化してしまうことがあります。追求をする際には、必ず証拠を入手しておかなければなりません。ここではその一例を見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。

妻の浮気を疑い、探りを入れるも反撃される

私はしばらく前から、妻の浮気を疑うようになりました。 何かと私の予定を確認してきたり、土日の長い外出が妙に増えたりと、不自然な行動があまりにも多くなったからです。特に不審感を覚えたのは、外出時にやたらとめかしこんでいること。私と一緒に外出する時でさえ、あれほど服や化粧に気を使ってはいません。

しばらくは黙っていましたが、ある日とうとう我慢ができなくなり、妻に対して探りを入れてみました。休みの日に何をしているのかなど、できるだけ遠回しに聞いたつもりだったのですが、結果は大失敗。妻は「まさか浮気をしているとでも思ってるの?」と激昂し、それからしばらくは口も聞いてくれなくなりました。

妻が義両親に告げ口。屈辱を味わい、浮気調査を決断

さらにまずいことになったのは、妻とケンカをしてから半月ほど後のことです。突然妻の父から電話がかかってきて、妻の実家へ呼び出されました。どうやら、妻が先日の件について両親に報告していたらしいのです。妻の両親の前に引き出された私は、「娘の浮気を疑うとは何事だと」と散々になじられ、ひたすら頭を下げざるをえませんでした。

なぜ自分がこんな屈辱的な目にあわなければならないのか?私の中では、妻と義両親に対する怒りが渦巻くばかりでした。妻に対する疑念も、むしろ深まっていたのです。妻に浮気を認めさせるためには、ぐうの音も出ない証拠を入手するしかありません。そこで私は、探偵に浮気調査を依頼することにしました。

浮気調査で証拠写真を入手!妻と両親に謝らせることに成功

探偵によれば、証拠がない状態で浮気を追求したのはやはりまずかったとのこと。現在は妻が警戒している可能性があるので、浮気調査を行うなら少し間を空けるべきだとアドバイスを受けました。私は1ヶ月後に浮気調査を行ってもらうことに決め、それまでは妻の警戒心を解こうと、ひたすら低姿勢を貫いたのです。

そんな私の努力は実りました。浮気調査の結果、妻が浮気相手とホテルに入っていく様子が撮影されたのです。私は妻よりも前に、義両親に証拠写真を見せました。2人とも大変驚き、先日は申し訳なかったと平謝り。もちろん、妻にも浮気を認めさせました。

現在、妻は実家に戻っています。義両親曰く、根性を叩き直すとのこと。今後のことについては、もうしばらく様子を見てから決めようと思います。

浮気の追求は、証拠写真を入手してから

証拠もない状態で浮気を追求すると、かえって自分に不利な状況を作りやすく危険です。怒りをぐっと堪えて、まずは探偵に浮気調査を依頼してみてください。 パートナーの言動を不審に思うことがありましたら、中央リサーチまでお気軽にお問い合わせ下さい。

家を飛び出した息子は何をしているのか? 素行調査で実態が判明

ずっと実家にいるものと思っていた子供が、突然1人暮らしを宣言して家を出て行ってしまった。こうなれば、親としては心配するのが当然です。今回は、家を出た息子の素行調査を探偵に依頼したケースを見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

息子が会社をやめてきた。ケンカの末、息子は家を出ることに

恥ずかしい話ですが、息子とケンカをした末に家を出て行かれてしまいました。息子が突然会社を辞めてきたので、「せめて一言くらい相談したらどうなんだ」と叱ったところ、言い争いになってしまったのです。

他に行くところもないから、すぐに戻ってくるだろうと思っていたのですが、息子の行動は予想よりもはるかに迅速でした。しばらく友達の家に寝泊まりし、そこで次の就職先を見つけてマンションも確保。気が付いた時には、引っ越しの段取りまですませていたのです。息子の行動力を侮っていたとしか言いようがありません。

妻は息子の現状を教えてくれない。やむをえず探偵に調査を依頼

どうやら息子は、最初から私と離れたくて転職を計画していたようでした。その証拠に、妻には転居先や転職先を伝えているものの、私には何も教えてくれません。妻も「あなたには教えないと約束しているから」「心配しなくても元気にやっているわよ」と、完全に息子の味方をしています。私は涙が出そうになりました。

その後、どうにか妻から転居先の住所だけは教えてもらえたものの、「絶対に見に行かないように」と釘を刺されました。私は約束を守り、息子には電話1つかけませんでしたが、心配でなりません。悩んだ末、私は探偵に息子の素行調査を依頼することにしたのです。

息子は立派にやっていた。今は見守ることを選択

探偵には、とにかく息子の現状を徹底的に調べてほしいと頼みました。どんな家に住んでいるのか、街はどんな様子か、勤務先はどこなのか、どのようなパターンで生活しているのか。これらをすべて把握しなければ、安心できなかったのです。

調査結果は、私を大いに安心させるものでした。息子は単身者向けのマンションに住んでおり、街は治安もよく暮らしやすい場所。勤務先も、口に出して恥ずかしくない規模の会社でした。どうやら息子は、まったく手のかからない子に成長していたようです。寂しい気持ちはありますが、いずれ信頼関係を修復するためにも、しばらく見守りたいと思います。

離れて暮らす家族の様子は、素行調査で確認しよう

特に問題行動を起こしていなくても、自分の居場所や仕事を知られたくないと考える人はいるものです。離れて暮らす家族の様子が心配なら、探偵に素行調査を依頼してみましょう。中央リサーチではご依頼者の不安が取り除けるよう、調査させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

遠くの営業所の様子が心配。探偵の抜き打ち調査で厳しく採点

大きな企業は、各地に支社・支店を持っています。支社には本社の人間の目が届きにくいため、好き勝手なことをしている可能性も否定できません。今回は、遠方にある営業所の実態調査を探偵に依頼したケースを紹介しましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

依頼者は営業部長。遠方の営業所の成績を問題視

当社は西日本を中心に事業を展開しており、各地に合計10ヶ所の営業所を持っています。私は営業部長なので、本社も含めて全体の成績に責任を持たなければなりません。どの営業所もがんばっており、一定の成績を上げているのですが、1つだけ成績不振が続いている地域がありました。それは本社から最も離れている鹿児島の営業所です。

この営業所は、本社から離れているために目が届きにくく、ある意味では気楽に働ける場所だとされていました。何しろ遠い場所にあるので、私も頻繁には様子を見に行けず、重要な会議にはテレビ電話を使って参加していたのです。

退職者から密告が。鹿児島営業所は仕事をしていない?

なぜ、鹿児島営業所だけ妙に成績が悪いのだろう?私は原因を分析し、会議の場でも追求しましたが、はっきりしない状態が続いていました。しかしある日、事態が急転します。少し前に退職した元鹿児島営業所の営業マンから、「あの営業所はまともに仕事をしていません」と密告があったのです。

密告の内容が本当なら、成績が上がらないのも当然でしょう。私も責任者として、実態を把握しなければなりません。しかし、私をはじめとする幹部社員は全員顔を知られていますし、こっそり九州へ行って社員たちに張り付くのは不可能です。そこで私は、社長に事態を報告した上で、探偵に鹿児島営業所の調査を依頼することにしました。

あまりにもひどい実態が判明。関係者は処分

探偵には、鹿児島営業所の所長と主力営業マン数名の行動を、2週間ほど探ってもらいました。人手不足のせいもあり、ギリギリの人数で回している営業所なので、営業マンはほぼ毎日飛び回っていなければなりません。おかしな行動をしていればすぐに気づくはずです。

結果として、密告の内容はほぼ事実であることが確認されました。鹿児島営業所の営業マンたちは、外回りのスケジュールを半分ほどしかこなしておらず、パチンコ屋や漫画喫茶などに入り浸っていたのです。しかも、日報には嘘の内容を上げているという有様でした。

この問題は即座に会議にかけられ、営業所長の降格・入れ替えに発展。営業マンたちも、減給などの処分を受けました。今後は当分の間、各営業者の監視を強める予定です。

支社の問題は、探偵の調査で把握しよう

会社の規模が大きくなればなるほど、末端には目が届きにくくなります。ましてや、支社レベルで不正が行われると、把握するのは難しいでしょう。内偵をしようにも手が足りない時は、探偵に調査を依頼してみてください。 中央リサーチでは個人のお客様だけでなく、法人様向けの調査サービスも承っております。調査をご検討の際には、中央リサーチまでお気軽にご相談ください。

1 2 3 4 5 6 27

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲