探偵ブログ

不倫で人生がめちゃくちゃに 代償はあまりに大きかった

不倫はリスクの大きい恋愛

浮気調査は、最も多いご依頼のひとつです。

人はなぜ、いけないとわかっていても不倫してしまうのでしょうか。 好きになるとと周りがよく見えなくなり、スリルが余計恋を燃え上がらせるのかもしれません。

しかし、ばれてしまえば一大事です。 今回は不倫をした若い女性のエピソードをご紹介します。

たった数ヶ月のことで人生を棒に振ることになってしまった体験談です。 (実話をもとに一部フィクションを交えています。)

普通の女子大学生への甘い罠

この悪夢が始まったのは私が大学生の時でした。 大手メーカーに就職も決まり、残り少ない大学生活を謳歌しようと、小さな建設事務所でアルバイトをしていました。

社長と従業員のおじさん2人のアットホームな環境でした。単身赴任で寂しいから、と社長はよく食事に誘ってくれました。

最初は遠慮していたものの、大学生ではとても行けない豪華なディナーにつられ、ついつい誘いに乗るようになっていきました。

奥様来襲

ところが、そんな幸せは長くは続きませんでした。 クリスマスが過ぎ、年末も近づいた寒い日のお昼過ぎことです。

私は仕事終わりに来る予定だった社長のために、夕食の下準備をしていました。ピンポーン、と部屋のインターホンが鳴り、モニターを覗くと年配の女性がいました。 一瞬、母かと思いましたが、よく見ると違います。 新聞の勧誘などでもなさそうなので、通話ボタンを押しました。

「はい、どちらさまですか?」

「○○の妻です。話し合いに来ました。」

○○とは社長の苗字です。

一瞬遅れて、社長の奥様だと理解すると、頭がパニックになり、思わずモニターを切ってしまいました。

すると、アパートの扉をドンドンと叩きながら、「開けてください。主人と浮気をしていたのはわかっています。あなたの意向を伺いにきました。」と、大声を出されてしまったので、慌てて扉を開けました。

不倫の証拠を掴まれる

奥様は高級そうな毛皮のコートを着たまま、部屋に上がると、いつもは社長が座っている椅子へ腰かけました。

「慰謝料500万円を請求します。」

そう静かに言うと、手元のカバンから写真を4枚取り出しました。

私がアパートの扉を開けながら社長とキスしている写真、社長をアパートに招き入れる写真、また別の日に手を繋いでいる写真、ホテルへと入っていく写真。

それは明らかにこの一週間の私たちであり、不倫現場の写真でした。全く気付きませんでした。

まるで写真週刊誌にスクープされたようでした。震える手がその写真を受け取りましたが、きっと元データは別にあることはわかっていました。

「…そ、そんなお金ありません。」

「そうですか、ではこの写真は好きに使わせていただきますね。」

「ちょっと待ってください!私たちは…私と社長は本当に愛し合っています。」

「はいはい。」

「たとえその写真をバラ撒かれたとしても私たちは別れません!奥様こそ、離婚してください!」

どうせ大学に撒かれたとしても、あと少しで卒業するのだから関係ないと強気に出てしまいました。 そのくらい社長のことを好きでした。

奥様は冷めた視線で私を一瞥すると、早々に帰っていきました。

奥様の報復で何もかもが崩れ去る

なんだか私は勝ったような気分になって、社長に電話をしました。しかし、電話は繋がりませんでした。

仕事が忙しいのかと思っていましたが、夜になっても社長は来ず、もう一度電話をしてみると、「現在使われておりません」と携帯が解約されていました。 翌日、事務所を訪れましたが、社長は出てこず、別の従業員さんに追い返されてしまいました。 そこで私は初めて社長に捨てられたのだと気付きました。

しばらくは毎日のように泣いていました。そして、社会人になってもっといい男を捕まえるぞ!と気持ちを切り替えた矢先、就職予定の企業から電話があり、内定が取り消しとなりました。 採用先に不倫がばれたのです。

私は内定先を大学にも伝えていなかったので、まさかこんなことが起こるとは思いませんでした。

さらに実家にも伝わり、母から怒りの電話がかかってきました。 私の身辺調査をした、おそらくプロの探偵が内定先や実家などすべて調べ、奥様が私の不倫写真とともに暴露したのでしょう。 冷や水を浴びせられたようでした。

不倫の代償は大きかった

その時になって、やっと我に返ったのです。 人のものを盗ってはいけないなんて、幼稚園の子どもでも知っていることです。

あんなオジサンのために就職先を、未来を、棒に振るなんて、なんて馬鹿なことをしたのだろうと、何度も悔やみました。

結局実家にも勘当され、今はフリーターとしてなんとか生計を立てています。 就職しようとしても奥様が邪魔をしてくるからです。

周りには誰一人として怪しい人なんていないはずなのに、常に監視されているようで、就職しようとしても、彼氏ができそうになっても、引っ越しをしても邪魔をされます。

いったいこの状況は、あと何年続くのでしょうか。

探偵の調査力

今回は調査のターゲットになり、かなり厳しい状況に陥ってしまった方の体験談でした。

このように、浮気調査というのはターゲットに見つからずいつの間にか証拠をおさえてしまうものなのです。探偵の調査はプロの仕事なので、素人に見破られるということはまずありません。

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します