探偵ブログ

8年つき合った彼氏の裏切りに、復讐を決意した女性のお話

今回ご紹介するのは、長年付き合った彼氏にひどいフラれ方をした女性のお話です。探偵事務所に相談し、涙ながらに悔しい思いを打ち明けたそうです。

※弊社にご依頼いただいた案件ではなく、一般の体験談です。

交際して6年経っても彼氏から結婚の話がない

学生時代にサークルで知り合った私と元彼は、交際開始から3年経った頃に同棲を始めました。結婚を前提とした同棲なら、と両親も了承してくれました。結婚願望が強かった私はすごく嬉しかったのを覚えています。

ですが、いざ同棲を始めたら結婚の話はなく、交際開始から6年経った頃に、いつくらいに結婚するかと私から勇気を出して相談すると、「俺はまだ社会人として未熟だし、家族を養えるほど人間的にも成長できてない。今すぐ家庭を築くことはできない」と言われてしまいました。

妊娠発覚!彼氏の思わぬ言葉

交際から8年が経過したある日のこと、妊娠が発覚しました。 喜んでくれると思いました。結婚できると思っていました。 「赤ちゃんができたみたい」と言ったときの元彼の反応は、今でも忘れられません。

すごく動揺した様子で、「堕ろした方がいい!」と。 頭の中が真っ白になりました。

今すぐは結婚できないけど、いずれ結婚しようと説得され、私は泣く泣く堕胎手術を受けることになりました。

気まずくなり破局、そして知った衝撃の事実!

中絶したのをきっかけに、私達の関係はぎくしゃくしはじめ、2ヶ月後には同棲を解消し、別れることになりました。 ものすごく落ち込んで未練タラタラだった頃に、彼の名前をインターネットで検索してみたら、本人のものと思われるSNSを発見しました。

当時、別れてからまだ3ヶ月も経っていませんでしたが、なんと交際中の女性と婚約したと書かれていたのです。 さらに遡ってみると、私と別れた直後に「実は半年以上前からつき合っている彼女がいる」との書き込みがありました。完全に私の交際時期と重なっています。私の彼に対する未練はその瞬間に怒りへと変わりました。

探偵に依頼し、彼の住所の特定を依頼

元彼の動向を探るべく、私は探偵業者に依頼しました。彼はSNSでほぼ毎週末、馴染みの居酒屋で飲んでいると書いていたので、調査日時の指定は比較的容易でした。探偵の方は、住所を調べてくれただけでなく、飲み屋から腕を組んで出てくる写真、一緒に同じマンションの一室に入る写真、マンションの表札に、元彼とお相手の女性と思われる苗字が2つ書かれている写真も撮影してくれました。

元彼とのツーショット写真とエコー写真を送付

住所がわかったところで、元彼の家に私と過去に撮影したツーショット写真と、中絶した赤ちゃんのエコー写真を送ることにしました。私だけ泣き寝入りして元彼だけが幸せになるのは納得がいきませんでした。

ツーショット写真も日付が書かれたものを送りました。SNSで報告している交際期間が重なる時期のものと、交際当初からの写真も数枚。それから、同じく交際期間が重なっていることがわかるエコー写真と、中絶の同意書のコピーも同封しておきました。

婚約解消したそうです

写真送付後、毎日欠かさず更新されていた元彼のSNSはぴたっと止まりました。どのような経緯があったのかはわかりませんが、しばらくして女性と婚約解消したと聞きました。

このような報復は、常識的には褒められた行為ではなかったかもしれません。それでも、復讐を果たしたことでようやく私の気持ちは落ち着きました。先日、彼のSNSページのブックマークを消去しました。これ以上追いかけて叩いても仕方ありません。これからは、過去を胸にしまって、前を向こうと思います。

元彼の素行調査の体験談をご紹介しましたが、いかがでしょうか。 この女性は、とてもつらい経験をされたようですが、これから幸せに人生を歩んでいけるよう、お祈りしています。

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します