探偵ブログ

家に連れて行ってくれない彼氏

もし交際相手が「一緒に写真を撮りたくない」「家に連れていきたくない」と言い出したら、何か知られたくない不都合なことでもあるのかと疑いたくなるものです。 ましてや自立している大人なら、お互いの暮らしぶりやプライベートを知りたいと思うのはごく自然なことではないでしょうか? 交際相手が、なかなか家に連れて行ってくれなくて悩んでいたという女性からお話を伺いました。

アラフォー独身男性と交際開始

私が大学を卒業して間もないころ、20歳近く年上の男性とおつき合いしていました。 元彼は、フリーランスとして働いている人でした。書籍を出版したり、大学の非常勤講師をしていると言っていました。 私が学生時代に飲食店でアルバイトをしていたときのお客さんで、何度もお店に通っているうちに仲良くなり、お店以外の場所で会うようになりました。 20歳近く年が離れているので、私はてっきり既婚者だろうと思っていました。それでも不倫を覚悟で交際を開始。その後に、元彼は独身だと判明しました。堂々と交際できると思ってすごく嬉しくなりました。

元彼とは順調に交際を続けていましたが、いくつか不満点がありました。 まず、旅行に行きたがらない点です。フリーランスでしたから仕事に穴を開けられないという理由で、電車で1時間程度の温泉旅行しか行ったことがありませんでした。また、旅先でツーショット写真を撮ろうとすると、何かと理由をつけて嫌がり、私がなんとか説得して1,2枚だけツーショットでの写真を撮ることができていました。

何よりも不満だったのは、一度も家に連れて行ってもらえなかったことでした。 元彼のアパートの最寄り駅には何度も行ったことがあります。その周辺のホテルにも行きました。にもかかわらず、家には来るなと言うのです。何度も自宅訪問を拒まれていくうちに「もしかして既婚者?私は騙されている?」と元彼を疑い始めるようになりました。 自宅を教えられるほど、元彼は私に心を許していないのではないか、と悩むこともありました。

おつきあいを始めてから1年半以上経過した頃、しびれを切らした私からついに「家に連れて行ってくれないなら別れる」と申し出ました。

ついに自宅訪問。元彼の家で見たものとは!?

私の申し出を重く受け止めたのか、元彼は「じゃあ、家に連れていく」と言って、実際に自宅まで連れて行ってくれました。 そこで見た光景に引いてしまいました。 8~10畳ほどのワンルームに足の踏み場もないほどの書籍や資料がびっしり積まれていたのです。 元彼曰く、それまで都内に個人事務所を開業していたのが、今は撤退してそこに置いてあった本や資料を全部自宅で保管しなければならなくなり、その状態になったのだそうです。 ゴミ屋敷とまではいかないけど、片づけが苦手な私でさえも引いてしまうほどひどく物が散乱している部屋でした。

当時の私はまだ若かったので「既婚者じゃないのね。よかった!家に連れて行ってくれてありがとう!」と、深く考えずに納得してしまいました。 今考えれば、元彼は確実に片づけられない人だったし、いかなる理由があろうと、彼女を家に連れて行かないなんて、誠実さに欠けると思います。 当時、私は契約社員で極端に給与が少なかったので、探偵を雇うことはありませんでしたが、もしお金があったら探偵に頼んでもいい状況だったと思います。

交際相手が隠し事をしていると感じたら

ツーショット写真と自宅訪問を拒むのは、不倫している既婚者と同じ行動ですね。今回は、相手の男性が本当に独身だったのでレアなケースかもしれません。ツーショットについてはわかりませんが、単に写真が苦手な方だったのでしょうか。 この女性は、しばらくしてこの男性とはお別れし、今は別の男性と結婚されたそうです。既婚者との無用なトラブルを避ける手段として、プロの探偵に身辺調査を依頼する方法もありますので、お気軽にご相談くださいね。

 

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲