探偵ブログ

悪質な嫌がらせを受けたら探偵事務所にご相談を!

興信所や探偵事務所と聞くと、どのような仕事をしているイメージをお持ちでしょうか? 浮気調査や人探しをする人達、と思う方も多いでしょう。実際に、ご依頼いただく案件は浮気調査が多いのですが、それ以外にも日常生活のあらゆる困りごとを解決する仕事をしています。「もっと早く知っていればよかった」と語るある女性からのご意見をいただきました。

悪質な嫌がらせに苦しむ日々

私は40代後半の主婦です。今では穏やかで安定した生活をしていますが、つい数年前までは悪質な嫌がらせに苦しめられてきました。 はじめは無言電話で、週に1回あるかないかくらいの頻度だったのが、だんだんと増えていき、多いときは昼夜を問わず、1日に10回くらいかかってくることがありました。 それだけでなく、私が不在の時や気づかない間に自宅の庭に生ごみや犬の糞などが投げ込まれるようになり、郵便ポストに消印のない手紙が投函されるようになりました。手紙の中身は罵倒する単語が書かれている時もあれば、全くの白紙で投函されていることもありました。

夫に相談しても「家のことは自分で解決してくれ」と相手にされず、警察に相談しても犯罪行為があるわけではないという理由で何の対処もしてくれませんでした。私も精神的にますます疲弊していきました。一時期眠れなくなり、睡眠薬にお世話になったこともありました。

隠しカメラで犯人の特定に成功

最終的には自分で犯人を捜すしかないと思い、玄関先に隠しカメラを設置したところ、設置後しばらくして自宅から徒歩3分くらいのところに住むAさんが嫌がらせをしていることがわかりました。 Aさんは、子ども同士が同級生ということもあり、何度も顔を合わせていた母親です。映像を見せて問い詰めると、私の子と同学年の子どもがいて、Aさんの子は中学受験に失敗したのに、私の子が合格したことに逆恨みしたと白状してきました。知り合ったときから、やたらと自分の子どもを自慢していてちょっと変わった人だとは思っていましたが、ここまでひどいことをする人だとは思いませんでした。

その後、私が学校関係者や保護者に根回ししたので、Aさんは居づらくなったのか、しばらくして引っ越していきました。うちへの嫌がらせがきっかけだったのかどうかはわかりませんが、離婚したそうです。あのころ、探偵事務所が嫌がらせの調査を行っていると知っていたら、間違いなく依頼していたと思います。ビデオカメラの設置箇所にすごく悩みましたし、途中で電池が切れて録画に失敗したこともあったので、素人が調査するのには限界があるのではないでしょうか。今では、静かな生活を送れていて、とても幸せです。

嫌がらせは犯人の特定が難しく、一般の人が解決するのは非常に困難です。それに、盗難や器物損壊などの犯罪がなければ、警察はなかなか動いてくれないのが現状です。プロによる調査で、確実に犯人を特定し、解決を図りましょう。

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します