探偵ブログ

ICカード履歴を手がかりに夫を尾行!つきとめた浮気の証拠

今回は、25歳の女性の体験談です。14歳年上のご主人の浮気を疑い始めたきっかけは「女の勘」だったそうですが、どのようにして浮気の証拠を突き止めたのか、詳しくお話をうかがいました。 ※実話を基にしたフィクションです。

隠し事のないような夫

私の夫は39歳で、フリーランスのデザイナーをしています。まだ子どもがいないので基本的には夫の収入だけで生計をたてられています。家計の足しになればと思い、私もネットショップを立ち上げて得意の裁縫を生かして手作り雑貨を販売しています。夫婦ともに家で仕事をしていられるのが嬉しくて、楽しい日々を過ごしていました。

数か月前から夫が仕事で外出することが増えました。私たちは地方に住んでいて、夫のクライアントは東京や大阪にいることが多いため、普段はメールやチャットで連絡を取り、数か月に1回出張に行くことはありました。ところが、月に3回以上も地元のクライアントと打ち合わせをすると言って出かけることが増えていったのです。どんなクライアントでどんな企画なのかと聞いてみても「まだ口外しちゃいけないんだ」とごまかされ詳しい話は教えてくれませんでした。

私と夫は同じスマホを使用しています。操作方法はもちろんわかりますし、ロック解除の仕方も知っているので、いつでもスマホのチェックはできます。普段、スマホを操作していても、隠す素振りは全くありません。たまにふざけて「浮気してない?ケータイ見せて?」と聞いても「浮気している暇なんてないよ。はいどうぞ」と言って快くスマホを見せてくれます。でも、自分でもよくわからないのですが、どうしてもその時は胸騒ぎがしたのです。

ICカードの履歴をさかのぼることに

探偵事務所に浮気調査を依頼することも考えましたが、まずは自分で浮気の発見に有効な方法はないかと、ネットで調べてみることにしました。そしてICカードの履歴を探る方法を見つけたのです。

ある日、夫が取引先との飲み会帰りで熟睡していました。私はその隙に、夫のICカードを抜き取り最寄り駅に行って半年前までの履歴を確認することにしました。その結果、3ヶ月前くらい前から、普段は行かないような駅を頻繁に利用していることがわかりました。

数日後、夫がまた打ち合わせにでかけるようでした。私は友人にお願いして目的の駅に先回りしてもらいました。そして、夫が自宅を出た後に私も変装して後を追いかけ、現地で友人と合流。友人は夫を見つけ、見張っておいてくれました。夫は、30代くらいの女性とカフェで食事をしているところでした。

しばらくすると、2人はカフェを出てきました。2人で周りをきょろきょろしたと思ったら、手をつないで歩き始めました。「やっぱり」と、自分でも驚くほど冷静になっていました。バスに乗った2人を私は友人とタクシーで追いかけました。2人が下車したのは大きな道路沿いの停留所。しばらくタクシーの中から様子を見守り、道路沿いのホテルに入ったところを写真撮影に成功しました。

浮気を認め、夫婦関係をやり直すことに

その後、夫に浮気の証拠を突きつけると、「本当に愛しているのはお前だけだ!もう二度としない。許してくれ!」と土下座で謝ってきました。相手の女性はクライアント企業の社員でした。夫は既婚者であることを知らせずつき合っていたため慰謝料の請求はできず、今回の件で大事なクライアントと取引停止になってしまったのも痛手でした。私はいま、許すか許さないかの間で心が揺れ動きながら、夫婦関係をやり直しているところです。

ご主人は、スマホに残るであろう浮気の証拠は徹底的に消去していたそうです。スマホを勝手に見られても絶対にばれないよう対策を講じていたのだとか。スマホをオープンにしていても、油断できない場合もあるようですね。

今回のケースでは首尾よくご自身での尾行に成功したようですが、プロでないと難しいシチュエーションもあるかと思います。お悩みの方は、どうぞプロにご相談ください。

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します