探偵ブログ

夫の浮気…自分が悪いと責められている女性の話

「夫婦喧嘩は犬も食わない」とはよく知られたことわざです。夫婦間の問題は夫婦間で解決するべきであることを暗に意味しているように思えてなりません。反対に夫婦間の問題に素直に向き合わなければ、解決を図ることはできないのではないでしょうか。ここでは、夫婦間のセックスレスに向き合ってこなかった女性のお話です。

「セックスしたくない」女性の言い分

私は現在、高校生の子ども2人を育てている専業主婦です。下の子を出産後、夫とは徐々にセックスレスになりました。子どもを出産後、どうしてもそういう気分になれず、夫からの誘いを断り続けていました。年子の男の子2人を育てていると、毎日疲労困憊で寝かしつけたと同時に自分も寝てしまうのです。何度か話し合いを持ちましたが、面倒な話し合いをするくらいなら我慢しようと思い、その時だけは誘いに応じていました。そうしていくうちに頻度が月に1回、3ヶ月に1回、半年に1回程度と徐々に減っていき、下の子が3歳になるころには完全にセックスレス夫婦になりました。

よく、セックスレスが原因で離婚するという話を聞きますが、うちに限ってはそれが理由で離婚することはないと思っていました。夫と肉体関係はなくても、良好な関係を築いている自信があったからです。実際に、大きなケンカはほとんどせず、おしどり夫婦として近所の人からは知られていました。毎食バランスのとれた食事を出し、男の子2人いる家でも毎日部屋を掃除して完璧にきれいにしていました。外で働いている夫が「すぐに帰りたくなるような家」を目指して主婦業を頑張ってきました。

夫が浮気し、相手の女性が妊娠

しかし、最近になって夫から離婚の申し出がありました。青天の霹靂で非常に驚きました。子どもが小学生に上がる前には特定の女性と不倫関係になり、何年も関係を続けていくうちに浮気相手に本気になったそうです。そして女性がこのたび妊娠し、新しい家庭を築いて再出発したい。慰謝料ナシ、家を譲るから離婚してほしいと言われてしまいました。

私は専業主婦です。離婚したら生活できなくなってしまいます。もう20年近くも仕事をしていないので、今更社会復帰などできるはずがありません。「有責配偶者からは離婚できない」と反論すると「有責配偶者はお前だ!セックスレスになった原因もお前にある。こちらは証拠も用意しているから有利に進めていくつもりだ」と反論されてしまいました。夫は、過去に私を誘ったときに断った日付と、話し合いがもたれたときの会話の内容まで詳細にノートに記述し、保管しておいたらしいのです。

夫が浮気をしていたことは全く気付かなかったので、怒りを覚えています。でも私たちは、セックスレスであること以外は本当に仲の良い夫婦なのですから離婚はしたくありません。夫はすでに荷物をまとめて家を出ていってしまいました。子ども達は「離婚してあげたら?」と夫の味方になっている始末で私の意見に聞く耳を持ちません。どうしてこうなってしまったのか…。ただただ悔しくて涙が止まりません。

こちらの女性は現在、ご主人からの申し立てにより離婚調停中だそうです。結婚してからも、夫婦間で起きた問題には真剣に向き合い、解決に向けて努力しなければいけないことを女性から教えられたような気がします。全員が幸せになれる解決策が見つかることを願っています。

 

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲