探偵ブログ

知らぬ間に結婚調査されていた!過去の悪行を暴かれた男性の話

自らが結婚調査の対象となってしまったある男性は、探偵の調査結果を見せつけられたとき、「怖くなった」そうです。どのような経緯があったのでしょうか。詳しくお話を伺いました。 ※弊社でご依頼いただいた案件ではありません。

バツイチ男性が婚活で女性を射止めた

僕は36歳で建設業を営んでいます。はじめは社員3名程度の零細企業でしたが、ここ数年、事業を拡大し、現在は社員30~40名を抱えるほどに成長できました。さらに事業を拡大するべく、多忙な僕を支えてくれる奥さんが欲しいと思い、数年前に婚活を始めました。 その後、しばらくして当時29歳の女性と出会い、結婚を前提におつきあいを始めることになりました。彼女は看護師をしていて僕にはもったいないくらい、誠実で優しい女性です。

実は、僕はバツイチで子どもがいます。まだ20歳そこそこのやんちゃ盛りの頃に、当時付き合っていた彼女が妊娠し結婚したのですが、性格の不一致で数年後に離婚しました。もちろん、僕自身にいたらないところがあったという認識もあったので、親から借金して慰謝料を一括で支払い、養育費は今でも払い続けています。元妻と子どもは地元から飛行機の距離の地方都市に引っ越したので、子どもにも会っていないし、連絡もとっていません。交際当初から彼女にはこの事実を伝え、納得してもらった上で交際を続けていました。

彼女からの突然の話

交際期間が1年を過ぎた頃、彼女から「大事な話がある」と連絡を受けました。話し合いは僕の自宅で行われることとなり、何かあったのだろうかと不安になりながら彼女が来るのを待っていました。そして彼女と彼女のお兄さん、そしてお兄さんの友人の3人でわが家に来ました。

状況をうまく呑み込めないまま彼女の話を聞くと、僕の離婚歴を心配して探偵事務所に素行調査を依頼したそうです。そして「あなたは自分の過去に嘘偽りはないと話していたけど、私にまだ話してないことがある」と言うのです。 全く心当たりがないのでもったいぶらずに教えてくれと頼んだら、探偵事務所からの調査結果を見せてくれました。そこには僕が結婚する前、中学から高校にかけて起こした事件がすべて書かれていました。

自分でさえ忘れていた過去

僕が中学生の時に不良グループに入り、万引きして何度か補導されたこと、高校1年の時に当時の担任に暴力を振るい入院させるほどの怪我を負わせ、警察沙汰になったこと、過去の僕の非行が詳細に書かれていたのです。 暴力を振るったりする人とは絶対に結婚できないから別れてほしいと言われてしまいました。 お恥ずかしい話ですが、これら一連の出来事はもう20年以上も前のことで、自分でも忘れていたため、呆然とするほかありませんでした。

僕が別れ話に逆上して彼女に危害を加えるのではないかと心配し、お兄さんとその友人が同行してくれたそうです。確かに僕は気性の激しいところはありますが、高校の時の暴行事件で素直に反省し、もう二度と暴力を振るわないと決めていました。それから立ち直って以来、万引きや暴力などの罪を犯したことは一度だってありません。

僕にとって後ろめたい過去は、20代のときの離婚だけだと思っていました。探偵事務所の調査結果を目の当たりにし、若気の至りとはいえ、人生の傷になるような罪を犯していたんだと痛感しました。本当に悔しくてなりませんが、彼女とは別れることになりました。 自分でも忘れてしまうような過去のことを探偵によって暴かれるとは夢にも思っていませんでした。プロの探偵の調査力には、どのような嘘や隠し事もかなわないのではないでしょうか。 これからは、こんな僕でも結婚してくれる女性を一から探し始めようと思います。

この男性には残念な結果となってしまいましたが、結婚調査ではこのように徹底的に調査を行います。 プロの調査員が依頼者のためにベストを尽くしますので、調査が必要な場合はどうぞご相談ください。

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します