探偵ブログ

現地妻?海外での浮気調査

探偵事務所による浮気調査は、国内に限らず、海外でもおこなわれることがあります。ここでは、海外でのご主人の浮気調査を依頼した女性のお話をご紹介します。 ※弊社にご依頼をいただいた案件ではありません。実話を基にしたフィクションです。

海外出張の多い夫

私は40歳の専業主婦で、中学生の子どもを1人育てています。 夫は貿易関連会社を経営しており、アジア圏を中心に世界中を飛び回っています。ここ数年前からはさらに事業を拡大していくために月に2回以上海外へ行くこともありました。

家を空けることが多い夫ですが、こうして生活ができているのは忙しく働く夫のおかげですので、私は不満に思ったことはありませんでした。

特定の都市に行くときだけ生活用品を持参している

しかし、中国のある都市に行くときだけ、持参する荷物が非常に多いことに気づきました。どうも、便利なキッチングッズや高級な化粧品類などを詰めているようなのです。

夫は私に気づかれないように荷物の準備をしていたようでしたが、なんとなくいつもと違ってコソコソしている様子がうかがえたので、「そんなものを持って行ってどうするの?」と軽い気持ちで聞いてみました。 夫は「現地の社員や取引先の人からぜひ持ってきてほしいと言われるんだ。日本製は海外でも信頼されているから喜ばれるんだよ」と話していました。

私としては腑に落ちない答えでしたが、紙おむつや粉ミルクなどのベビー用品まで私に隠れて持っていくようになったのをきっかけに、現地妻の存在を疑うようになりました。

出張期間に合わせて探偵事務所に調査を依頼

探偵事務所に相談したところ、海外での調査も可能との返事でしたので、夫の出発日に合わせて調査を依頼しました。2日間だけの調査でしたが、結果として、中国での現地妻の存在がはっきりと確認できました。

夫が空港に降り立つと、まだ1歳に満たないくらいの男の子の赤ちゃんを抱っこした若い女性が出迎えていたそうです。3人でとても仲睦まじい様子の写真を調査員の方が撮影してくれていました。 ベビー用品はおそらく夫そっくりの赤ちゃんのための物だったのでしょう。そして2日間という短い調査で、夫はホテルには宿泊せず、女性宅で寝泊まりしていることもわかりました。

謝罪を受け入れ、再構築

夫より先に調査員の方が帰国したので、報告書を確認しました。数日後に帰国した夫に報告書を見せて問い詰めたところ、現地妻の存在を認め、謝罪されました。現地の飲み屋で仲良くなったホステスで、何度も通ううちに親しくなりすぐに男女の関係になったそうです。しばらくして女性が妊娠していることがわかり、結婚はできないものの養育費を支払い、生活費を援助していると話していました。

私はもう、夫に裏切られた気持ちでいっぱいになり、離婚したかったのですが、まだ育ち盛りの子どももいますし、専業主婦をしていた期間が長く、再就職先が見つかるとも思えないので、今回は夫の謝罪を受け入れることにしました。今は夫を信じるしかありませんが、また同じような浮気が確認されたら、その時は本当に離婚したいと思います。

弊社では海外の調査も承ります。渡航費用についてご心配かもしれませんが、まずはご相談だけでも大丈夫です。気になることがございましたらどうぞお問合せください。

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します