探偵ブログ

浮気の証拠確保のために探偵を利用した女性

浮気調査のご依頼をいただく方の中には、すでにパートナーが浮気していることは知っているものの、決定的な証拠がないために、私達プロに証拠の準備を依頼する方がいらっしゃいます。今回お話をうかがった女性もその一人で、自分一人ではできなかったことを探偵事務所に依頼されたとのことです。 ※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。実話をもとにしたフィクションです。

冷え切った夫婦関係

私と夫は今から20年以上前に結婚し、子どもを2人授かりました。私は結婚したばかりの頃、専業主婦をしていましたが、下の子どもが小学生になった頃からパートの事務員として働き始め、毎日忙しい日々を過ごしていました。

一方、夫は接客業の仕事を続けていて、土日出勤、平日休みになることが多く、家事も子育てもほとんど私一人でしていました。夫が仕事で忙しいのは理解していましたが、平日でも洗濯や掃除などの家事を手伝ってくれないのは悲しくて、年月を重ねるごとに夫への愛情が薄れていくのを感じました。夜の夫婦生活も、どちらが拒否するわけでもなく自然と減り、連絡事項以外の会話を一切しなくなってしまいました。

そんな夫の浮気に気づいたのは去年の今頃。女の勘が働きました。平日の休みになるといつも機嫌がいいというか、夫の世代向けのファッション誌を買ってコーディネートの参考にしたり、今までは興味を示さなかった香水や時計に興味を示したり…。「どうして急にそんなのに興味を持つようになったの?」と聞いても「なんとなく」と返事されるだけでした。

出会ってから30年近く経ちますが、こんなに身なりに気をつけるようになり、浮かれている姿は見たことがないと思い、浮気を疑うようになったのです。隙を見て夫の携帯を見てみると、職場で知り合った若い女の子と卑猥なメッセージのやり取りを発見したのです。もともと冷めきっていた夫に対する愛情がさらに冷えていくのを感じました。

悩みに悩んだ末離婚を決意 探偵事務所に調査を依頼

夫の携帯を見てしまってから、本当に離婚していいのかどうかずっと迷い続けました。まだ下の子が大学生で迷惑がかからないか、私が一人で暮らしていけるのかどうか考えていました。しかし、職場でパートから社員登用されたのをきっかけに自分だけでも生活していける収入をなんとか確保できるとわかり、離婚を決意。夫からはもらえるものはしっかりもらって離婚したいと思ったので、夫の浮気現場を撮影してきてほしいと探偵事務所に依頼しました。快く引き受けてくださり、追跡調査3回目にしてようやく決定的な証拠を確保してもらい、離婚に踏み切ったのです。

その後、夫と若い女が2人で手をつないでホテルに入っていく現場の写真をもとに、夫に離婚を迫りました。はじめはどうして浮気がバレたのだろうと怪訝そうな顔をしていましたが、もともと夫婦仲は冷え切っていましたから、後腐れなく離婚することができました。

今では子どもたちの手も離れ、私は悠々自適に一人暮らしをしています。離婚の証拠づくりを手伝ってくださった探偵事務所の方に感謝しています。

当社でも、これまでに数々の浮気現場をおさえてきた実績があります。パートナーが浮気をしている可能性が高いなら、泣き寝入りせず真実を明らかにし、公平な条件で離婚されれば気持ちも晴れるのではないでしょうか。確かな証拠づくりのお手伝いなら、ぜひ当社にお任せください。

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します