探偵ブログ

ハーフ顔の女性 生みの親を見つけたい

連絡先がわからず、住んでいる場所もわからない。でもどうしても会いたい人がいる-。そんな時に利用していただきたいのが探偵事務所による「人探し調査」です。今回は、人探し調査を依頼した女性のお話です。 ※実話をもとにしたフィクションです。

物心付く前に育ての親のもとに

私はもうすぐで27歳になる女性です。つい最近、人探しのために探偵事務所に調査を依頼しました。私には生みの親と育ての親がいます。物心付く前に育ての親のもとに来たので、生みの親のことは名前も顔も知りません。ただ、肌の色が白く、顔立ちもハーフ顔なので外国の血が入っていることは間違いありません。

見た目はハーフ顔ですが、親は2人とも純日本人だし、私も英語は全く喋れません。周りからは顔が似てない、本当の親子じゃない、ハーフなのに英語がしゃべれないの?などとよくいじめられていました。どうして自分だけこんな顔をしているのかと悩み、親に対して強く反発していた時期もありました。そんな私の様子を見かねた母親が、私が小学校高学年の時に初めて自分は親と血のつながりがないことを教えてくれました。育ての親はそんな私に対しても優しく接してくれて、悩んでいた私に理解を示してくれたおかげで、今では良好な関係を築けています。

生みの親を探すが、所在がわからず

昨年、結婚したのを機に自分の生みの親に会ってみたいと育ての親に相談しました。育ての親は私の気持ちを理解してくれて、当時仲介してくれた関係者の方などに聞いてくれたのですが、生みの親の所在はわかりませんでした。

戸籍をたどることも考えましたが、戸籍に関する知識が浅く、忙しさもあってなかなか思うように調べられませんでした。途方にくれていると、主人が「探偵に依頼してみないか」と提案してくれたのです。

探偵事務所の尽力により、生みの親と面会

そして、探偵事務所に生みの親探しを依頼した結果、見事に見つけてくださいました。すぐに連絡を取って、生みの親がいる東京に行き、実際に会うことができました!本当に感動の瞬間でした。

生みの母親の話によると、当時付き合っていたアメリカ人の男性との間に私を妊娠したものの、相手と連絡が取れなくなってしまったそうです。まだ20歳で、どうすることもできなくて私を手放したそうです。その後いまの旦那さんと知り合って結婚し、2人の子どもを産んだそうです。同伴していた高校生と大学生のお子さんは私と何処となく似ているなと感じました。そして、ハーフの容姿で生まれてきたのに、守ってあげられなくて申し訳なかった、苦労をかけたと涙ながらに謝罪されました。

連絡を取る前は、自分が名乗り出ることで実母の家庭を壊してしまわないか、迷惑をかけるのではないかと悩みました。それが、会ってもらえただけでなくご家族にも紹介してもらえて嬉しかったです。今ではたまに連絡を取って近況を報告する間柄になっています。

私だけでは生みの親を探し出すことはできなかったと思います。探偵事務所の方には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

27年ぶりに再会したことによって、長年心に秘めていた思いを伝えられて本当に有意義な時間を過ごせたと言います。所在がわからないけど会いたい人がいる方は、ぜひご相談くださいませ。

 

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲