探偵ブログ

突然離婚を言い渡された…男性が妻の調査をしてもらったエピソード

もし突然離婚を突きつけられたとき、皆さんならどのような行動をするでしょうか?今回お話を伺った男性は、思いもよらない行動に出ます。詳しくお話をしてくださいました。
※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。実話をもとにしたフィクションです。

離婚宣告を受けた男性がとった行動

私は28歳の会社員をしている男性です。ある日突然、妻から「離婚したい」と言い出してきました。私は浮気も暴力もしていませんし、全く持って心当たりがないのでなぜ離婚したいのかを聞いてみました。すると、私が妻に家事の負担をすべて任せたことと、モラハラを受けているからと言うのです。私自身、仕事が忙しかったので家事を任せきりだったのは反省しましたが、彼女を無意識に傷つけるような発言をしている自覚はなく、モラハラと指摘を受けたことは心外でした。

これから子どもをつくろうとした矢先に突然の妻からの離婚宣告で、頭の中が真っ白になりました。ですが、何としても離婚を食い止めなければと思い、インターネットで離婚を言い渡された人の経験談を調べてみました。その中に、「旦那が突然離婚したいと言ってきたが、実は浮気してて、離婚後に浮気相手と再婚をもくろんでいるようだ」という経験談を見つけました。私の妻も、もしかしたら同様に浮気をしていて、浮気相手と再婚するのではないかと思い、浮気調査に強みを持つ探偵事務所に調査を依頼してみました。

浮気の証拠が確保できず、事態は泥沼化

調査は1週間にわたって続けてもらいました。その1週間のうちに、妻はどんどん私物をまとめて出て行く準備を始めています。私はまだ離婚に同意したわけではないのに、ここまで能動的に離婚の準備を始めるのだから、やはり浮気はほぼ確実と思っていました。

ところが、探偵事務所から受けた報告では、妻は「シロ」。浮気はしていないと言うのです。そんなはずはありません。もしかしたらちゃんと調査してもらえなかったのかもしれないと思い、もう一社の探偵事務所に依頼してみようかとも考えました。ですが、探偵を雇うには調査費用がかかります。なので、もう自分で妻に聞くしかないと思い、自宅に帰ってから妻に「本当は浮気しているんじゃないか」と聞いてみました。

妻は涙を流しながら浮気を否定し「探偵を雇ってまで浮気を疑うなんて信じられない!あなたのそういうところが嫌」と、ひどいことを言われました。結局その日の夜に、妻は離婚届を置いて実家に帰ってしまいました。

妻が残したモラハラの証拠を聞いて愕然

すぐに私と妻と、結婚式の仲人を交えて話し合いが行われました。はじめは妻に離婚を思いとどまらせるように説得するつもりでしたが、妻は私に未練は1ミリもないときっぱりと断言していました。そして、一緒に住んでいる時に受けたモラハラ発言を妻が日記にしたためて、その一部はボイスレコーダーで録音してあるとまで言い出しました。

それを聞かせてもらったところ、自分には身に覚えがないのですが、妻の人格を否定するような発言や、ちょっとした失敗をひどく責め立てるような発言がいくつも残されていました。仲人もこれを聞いて離婚してあげたら?と言われてしまいました。

こうして聞いてみると確かに自分はひどいことを言ってしまったなと反省しました。結局、その時の話し合いは平行線に終わりましたが、妻の気持ちを取り戻すために今は過去のモラハラを反省し、気持ちを改めて妻を受け入れたいと思います。

こちらの男性は、後に奥様との離婚が成立したそうです。浮気を疑ったものの、実際は浮気をしていなかったというケースは珍しくありません。もし浮気調査をご検討でしたら、中央リサーチにお気軽にご相談ください。

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します