探偵ブログ

優しさを踏みにじる夫に諦め 離婚に向けての浮気調査

互いに協力して、様々な困難や問題を乗り越えていく。本来、夫婦というのはそういった関係性のはずです。しかし、中にはそう考えていない人もいます。
今回は、優しさを踏みにじられてしまったケースをご紹介します。
※弊社にご依頼をいただいた案件ではありません。実話を基にしたフィクションです。

繰り返される借金

最初に彼の借金が発覚したのは結婚直前でした。理由を問いただすと、学生時代に始めたネットワークビジネスが原因だと言っていました。それまで、お金に困っている素振りを見せたこともなかったので、本当に驚きましたが、彼と一緒になりたかった私はそれまでの貯金で、彼の借金を支払いました。

しかし、借金は癖になるのでしょうか。結婚して2年後には新たな借金が判明しました。借金は2年間で150万円。
その時の借金の理由は、仕事関係の付き合いで必要だったというものでした。部下もでき、飲みに連れていく機会も増えたというのです。
共働きなので、お互い自由に使えるお金はそれなりにありましたし、同年代に比べても給料は決して少なくありませんでした。いくら付き合いが多くても、給料の中から払えないというのは考えにくいです。
納得いきませんでしたが、その時も私の貯金から一括で返済しました。その時に借金はしない。お金が必要な時は私に相談する。そう約束したのです。
しかし、その約束は守られませんでした。またも借金が発覚したのです。

再度の借金で浮気の疑い 探偵へ依頼

新たな借金は家への返済の催促電話で判明しました。今回はいきなり問いただすことはしませんでした。帰宅後、彼が寝たのを確認してから財布の中身を確認することにしてみたのです。
何故、そんなにお金が必要なのか?何に使っているのか?何かヒントでもないかと思い、財布の中身を確認してみたのです。そこで、見つけたのはジュエリーショップのレシート。高級レストランのレシート。女性もののショップのレシートなどでした。
それまで、浮気という理由を一切考えていなかった私はショックを受けました。しかし、それと同時に諦めもついたのです。
私は探偵事務所に浮気調査を依頼して、数々の証拠を集めました。

その後、この女性は証拠を突き付け離婚したそうです。彼の問題を夫婦の問題として考え、自分なりに解決しようとしていたのに、それを踏みにじられた。悲しい結末となってしまいましたが、せめてこの女性が前向きな気持ちで未来に進まれることをお祈りしています。

次に進むために証拠を確保しておきたい。そう考えているのであれば、早いうちに証拠を集めておいた方が得策といえます。
まずは、ご相談だけでも大丈夫です。気になる事があれば、いつでも中央リサーチへお問い合わせ下さい。

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します