探偵ブログ

ストーカーの正体はご近所さん! 理由は実に下らないこと

恋愛トラブルはもちろん、恨まれる覚えもないのに何者かがつきまとってくることがあります。ストーカーの正体は、思いもよらない人かもしれません。ここでは、ご近所さんがストーカーと化してしまったケースを見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

ある日、背後に人の気配が。勘違いかと思いきや……

私は30代の専業主婦です。週3日でパートに出ており、健康のためにジョギングもしているため、外出する機会は多い方です。ご近所さんともよく顔を合わせるのですが、いつも必ずあいさつをしており、特にご近所トラブルのようなことはありませんでした。

しかしある日、いつも通りジョギングをしていると、誰かに見られているような気配を感じました。振り返ってもそれらしい人は見当たりません。ただの勘違いかと思い、その日は普通に帰宅しました。ところが、それ以降も妙な気配をたびたび感じるようになったのです。

ストーカーが怖くて夜も眠れず、探偵に調査を依頼

「誰かに見られているような」謎の視線は日に日に強く感じるようになりました。

ある朝、ジョギング中にゴミ置場を通りすがると、うちの出したゴミ袋だけが開いて何かに荒らされていることがありました。 「確かにしっかり封をして捨てたはずなのに」、としばらく疑問に思っているいる時に、気づいたのです。自分がストーカーされていたことに。外出するたびに感じていた「謎の視線」の正体はストーカーだったのです。

まさか自分が被害にあうとは思っておらず、当時はかなり怖かったのを覚えています。一度、私が振り向くのと同時に誰かが慌てて逃げ去るのを目撃したこともあり、疑惑は確信へと変わりました。

私は恐怖のあまり外出ができなくなり、夜も満足に眠れなくなりました。夫に付き添ってもらって警察にも行ったのですが、今の段階では警察としては動きようがないとのこと。念のため近所のパトロールを増やしてくれるそうですが、直接的な解決にはなりませんでした。

すると、夫は「探偵に調査を依頼してはどうか」と提案してきました。私自身を尾行してもらえば、ストーカーの正体もわかるのではないかというのです。私は半信半疑でしたが、他に何の解決策もなかったため、ネットで調べた探偵事務所に相談することにしました。

何と犯人はご近所さん! 理由は以前のトラブル

探偵事務所の担当者は、私の話をとても丁寧に聞いてくれました。しかも、犯人を特定して証拠の写真を撮影すれば、嫌がらせをやめさせて慰謝料請求をすることも可能だというのです。私は平和な生活を取り戻すため、ストーカー調査の実行を決断しました。

犯人はいつ現れるかわからないので、調査期間はみっちり10日間とし、その期間はわざと外出を増やすようにしました。以前に犯人に見られていることに気づいた場所も、外出時のコースに含めました。ゴミ出しもいつも出している時間にゴミ置場に持って行くようにしました。 綿密な打ち合わせのおかげもあってか、犯人はまんまとおびき出されました。

驚いたことに、犯人はすぐ近所に住んでいる年配の女性でした。証拠写真を見せて追求したところ、ストーカー行為を認めて事情を白状しました。何でも、私がお高くとまっていて気にいらないので、何か弱みを見つけてやろうとつきまとっていたそうです。そのうち、ゴミ袋の中を開けるなど、やることがエスカレートしたようです。あまりに下らない理由に、私は力が抜けてしまいました。

現在は、慰謝料を請求するべきかどうか夫と検討中です。2度とくだらない理由で嫌がらせさをせないために、お灸をすえておくのが正しいのでしょう。もう少し考えてから結論を出そうと思います。

ストーカーの正体がわからない時は、探偵を頼ろう

人間は何がきっかけで変貌するかわかりません。何の落ち度もない人が、犯罪の被害にあうこともありえるのです。ストーカーはエスカレートします。犯人が特定できないストーカー被害は警察も動きにくいので、困った時は探偵に相談してみましょう。

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します