探偵ブログ

数十年前に別れた前妻と子どもの行方を探偵に調べてもらった男性

今回お話を伺ったのは、離婚歴のある男性で、別れた妻と子どもがどこで何をしているのか知りたくなり探偵事務所に行方調査を依頼したそうです。 ※実話を元にしたフィクションです。弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。

ひどい別れ方をした前妻と子どもたちのことを思い出すように

長年勤務した会社を定年退職し、今は妻と2人で第二の人生を歩み始めたところです。時間に余裕のある日々を過ごしているうちに、過去の自分のことを振り返るようになりました。

実は私はバツイチで、20代の頃に別の女性と結婚していた時期がありました。前妻とはいわゆるデキ婚で、子どもを2人授かりましたが、当時の私の未熟さゆえに前妻に愛想を尽かされ、結婚4年目で離婚を言い渡されたのです。貯金を切り崩したり、子どもたちの学資保険を解約して友達と遊びに行ったりしていたので、愛想を尽かされるのは無理もありませんでした。

離婚後は毎日の生活が精一杯だったのと、いきなり離婚を突きつけた前妻に対する憎悪の気持ちもあり、養育費の支払いはすぐに止めてしまいました。しばらくの間は養育費を振り込むよう、前妻から催促の連絡が来ていましたが、すべて無視していました。今考えると、自分でも最低なことをしていたと思います。

その後、転職先で出会った今の妻と再婚しました。前回の結婚での自分の態度を反省し今の妻とは比較的良好な関係を築けています。仕事も順調で、若い頃よりも少しはぜいたくな暮らしができるようになりました。

前妻と離婚してからもう30年以上が経ちます。前妻と子どもたち2人がどこで何をしているのか、今頃になって気になりだしました。養育費を払わなかったことで離婚後は県内にある実家に身を寄せていたはずですが、少し前に、前妻の実家の前を通りがかってみたところ、すでに取り壊されて違う建物が建っていました。

前妻と子どもたちの行方がわかったところで、直接会って謝罪できるかどうかわかりません。顔を見たくないとまで言われるかもしれません。自分で探して会うのはどうしても怖いと感じ、妻には内緒で探偵事務所に前妻と子ども2人の行方を調査してもらうよう、依頼してみました。

予想しなかった意外な結末

探偵から受け取った調査報告書は驚くべき内容が記載されていました。前妻は私と離婚してから5年後に、他の男性と再婚したようです。家族4人で円満な家庭を築いていたようですが、今から8年前に前妻はがんを発症し、翌年死亡したと書かれていました。

子どもたち2人は、無事に大学を卒業し、上の子は大手企業に勤務し、結婚して3歳と1歳の子どもがいること、そして下の子は現在独身で、東京で一人暮らしをしていることもわかりました。

前妻がすでに故人になっていた事実は、非常にショックで正直まだ立ち直れていません。ですが、子どもたちは立派な社会人になって、しかも私の血のつながった孫までいるとわかり安心しました。それと同時に、当時の自分の愚かさが恥ずかしくなり、前妻と子どもたちに対しては本当に申し訳ないことをしたと反省しました。

今の妻との間には子どもができず、不妊治療を続けても授かることができなかったので、欲を言えば血がつながった子どもや孫に会いたいという気持ちもあります。ただ、今の私にそれが許されるとは思っていません。遠く離れて暮らす子どもたちの幸せと、前妻の冥福を祈りたいと思います。

生き別れた家族や恩人などを探す行方調査は、弊社でも得意としており、さまざまなご依頼を受けてきました。どうしても会いたい人がいる、あるいは探してほしい人がいるという方は、まずは弊社までお気軽にご相談ください。

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します