探偵ブログ

元妻がストーカーに!探偵の調査で動かぬ証拠を入手

統計上、ストーカーの多くは被害者の元恋人や元配偶者であることがわかっています。 ちょっとした感情のもつれから、パートナーがストーカーに変貌してしまうのです。今回は、元妻がストーカーになってしまったケースをご紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

離婚してからしばらく後、何者かに尾行され始める

私は1年ほど前に妻と離婚しました。特に浮気などの大きな問題があったわけではありません。ただ、結婚前に比べると妻の性格がきつくなり、私のやることなすことに逐一口を挟んでくるようになりました。徹底的に私を束縛しようとする妻の態度に耐えることができず、離婚に至ってしまったのです。

離婚した後は、しばらく平和な時間を過ごしていました。 しかしある日、のんびりした日常が一変します。仕事からの帰り道、背後に人の気配を感じるのです。振り返っても誰もいません。気のせいかと思い歩き始めると、また気配がします。誰かに尾行されているのは間違いありませんでした。

ストーカーは元妻?警察は頼れず、探偵に調査を依頼

一体誰が私を付け回しているのか?最初はわからなかったのですが、ある日ストーカーの姿が一瞬だけ目に映りました。どうやら女性のようなのです。私は直感的に、「あれは元妻じゃないのか?」と疑いを持ちました。

元妻は私への執着を捨てきれないようで、離婚時にも相当揉めたのは記憶に新しいところです。私はすぐに元妻に連絡を取り、私をつけ回していないかと聞きました。しかし、元妻がそんなことを認めるはずもなく、「何言ってるの?」と一蹴される始末。

警察にも相談しましたが、現段階では元妻がストーカーである証拠はありません。明らかな脅迫や迷惑メールなどの被害もないため、対応が難しいとのこと。困り果てた私は、会社の同僚に相談しました。そして、探偵に調査を依頼したらどうかとアドバイスを受けたのです。

証拠の撮影に成功。警察も動き、平和な日々が戻る

探偵に相談したところ、会社からの帰り道の調査と、マンション付近での張り込みをお願いすることになりました。私のマンションは管理が厳重なので、元妻が私の部屋に来ることはまず不可能。私が会社や家から出るところを待ち伏せする以外に、つきまとう方法はないはずです。

そして、2週間の調査の結果、妻が私をストーキングする様子がバッチリ撮影されました。その証拠を元に警察に相談し、警告によって妻を引き下がらせることに成功したのです。今度こそ本当に平和な日々が戻ってくると思っています。

ストーカー行為をやめさせたいなら、探偵に相談を!

ストーカー行為をやめさせるためには、毅然とした対応が1番です。警察は証拠がないと動きづらいので、探偵の調査で証拠を入手してください。

証拠撮りは中央リサーチの最も得意とする調査のひとつです。 裁判で事実を立証するための証拠資料としても使えるよう、調査報告書も作成いたします。まずはお気軽にご相談下さい。

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します