探偵ブログ

まだ半年も経っていないのに! 結婚直後の浮気調査

浮気というものは、結婚後しばらく時間が経ってから発生すると思われがちです。しかし実際には、早い段階で浮気に走ってしまうケースもあることを忘れてはいけません。今回は、新婚早々に妻の浮気が発覚し、調査を行った事例を紹介します。

※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

 

結婚からわずか3ヶ月後、妻に不審な様子が

相談者:20代男性 職業:会社員

 

私と妻は、大学時代からの数年間の交際を経て結婚しました。交際中からお互いの両親へのあいさつもすませ、ほぼ結婚を前提としていたほどだったのです。かつては2人とも実家暮らしでしたが、結婚後は家を出てマンションで2人暮らしを始めました。まさに順風満帆といっていい状態だったと思います。

ところが、結婚から3ヶ月ほど経ったころ、妻が不審な様子を見せるようになりました。ケンカをしたわけでもないのに、どこかよそよそしい態度を取るようになったのです。私は、何か妻を怒らせるようなことをしたのだと考え、「不満があったら遠慮なく言ってほしい」と話しました。しかし、妻は「何でもないよ」と答えるだけだったのです。

 

妻は浮気をしている? 父に連れられ探偵に相談

妻への不信感が頂点に達したのは、結婚から5ヶ月目でした。このころになると、妻は夜の営みを明確に拒絶するようになっていたのです。こんなことは、大学時代にだってありませんでした。もしかして妊娠したのかと思い、妻に確認してみましたが、それも違うと言います。

ここでようやく私は、妻が浮気をしている可能性に思い当たりました。もしそうなら、とても許せる話ではありません。妻とはもう何年も一緒にすごしてきた中ですし、結婚からもまだ半年経っていないのです。

私はどうしていいのかわからなくなり、実家の両親に事情を打ち明けました。母は何かの間違いではないかと言いますが、父はしばらく考えた末、「そういうことはプロに任せるべきだ」と断言。私を強引に探偵事務所へ連れて行ったのです。

 

妻の浮気は結婚直後に始まっていた

私は探偵という職業にあまりいいイメージを持っていなかったのですが、いざ探偵事務所を訪問してみると、オフィスがとてもきれいなのに驚かされました。担当者の対応も丁寧だったため、私はすっかり探偵を信頼し、積極的に事情を話したのです。父も交えた相談の結果、20日間ほどの浮気調査を行ってもらうことになりました。

そして残念なことに、やはり妻は浮気をしていたのです。浮気相手は私の知らない男性で、どうやら妻の仕事の関係者らしいことがわかりました。証拠写真を突きつけたところ、妻は浮気の事実を認め泣きながら謝罪。結婚前から二股をかけていたわけではなく、結婚から1ヶ月ほどあとに出会い、強く惹かれて関係を持ってしまったことを白状しました。

現在、妻には実家に帰ってもらっています。妻のご両親は「必要ならすぐにでも離婚届に判を押させる」と謝罪してきましたが、私はそこまでは求めていません。早い段階で浮気をやめさせられたことが唯一の救いでした。しばらくは1人で落ち着こうと思います。

 

不審な様子が見られたら、どんな夫婦でも浮気調査を!

人は、何がきっかけで浮気に走ってしまうかわかりません。結婚直後に浮気をしてしまうことも十分考えられるのです。パートナーに不審な様子が見られれば、新婚夫婦だろうと熟年夫婦だろうと、中央リサーチまでいつでもご相談ください。 お客様のご不安が解消できるよう、誠意を持って調査させていただきます。

 

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲