探偵ブログ

そんなつもりじゃなかったのに! 誤解が原因の嫌がらせの調査

自分自身に何の落ち度もなくても、誤解による逆恨みを受け、大きなトラブルになってしまうことは珍しくありません。今回は、男女関係の誤解から嫌がらせに発展してしまったケースを紹介します。

※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

 

近所の男性と話したら、その妻から仰天クレームが!

相談者:30代女性 職業:会社員

 

自分で言うことではないかもしれませんが、私は昔から人と話すのが得意でした。見ず知らずの人にでも気軽に話しかけられますし、相手の気を引いたり喜ばせたりといったことが、ごく自然にできていたのです。おかげで友達は大勢いましたし、仕事で得意先の方と話す時なども、この特技が大いに役に立っていました。

ところが、それが裏目に出てしまうような事件が発生します。家の前を通りかかった近所の男性と話し込んでいたところ、その方の奥様であるAさんに見られてしまったのです。もちろんその時点では、トラブルになるなどとは思っていませんでした。しかし数日後、Aさんから直接「夫に色目を使わないでください」とクレームをつけられたのです。

 

誤解は嫌がらせへと発展。我慢ならず探偵に調査を依頼

私は、余計な誤解を招いてしまったことに気づき「そんなつもりじゃなかったんです」と弁明しました。しかし、Aさんは「そんなはずはない。夫はとても楽しそうだった。あんな顔は私の前でもしたことがない」とまくしたてます。その日は何とかお帰りいただいたのですが、本当の問題はそれからだったのです。

ある日の朝、カーテンを開けて庭を見た私は愕然としました。何と、花壇がめちゃくちゃになっているではありませんか。大切に育てていただけに、ショックもひとしおです。それからというもの、家の壁に落書きがされたり、新聞や郵便物が盗まれたりといった被害が多発しました。犯人の心当たりはあります。Aさんです。

誤解をされているだけなら、私が悪者になってでも穏便にすませるつもりでしたが、ここまでやられては黙っているわけにはいきません。警察への通報に加え、探偵に嫌がらせ調査を依頼し、犯行の様子を撮影してもらうことにしました。常軌を逸した人から身を守るには、これくらいやらなければならないと思ったのです。

 

夜中の調査で証拠を入手。夫も犯人の嫉妬深さを証言

嫌がらせの頻度は次第に増してゆき、2日に1回程度は発生するようになっていました。一週間の張り込み調査を行えば十分に現場を訴えられるレベルです。犯行の時間も夜中に限定されていたため、探偵には夜11時~朝5時ごろまで張り込んでもらうことにしました。

調査の結果、わかりきっていたことではありますが、Aさんが犯人だと判明。提出された証拠写真には、犯行の瞬間がバッチリ収められていたのです。弁護士を伴ってAさん宅へ行き、旦那さんも交えて話し合いを行った結果、Aさんは口惜しそうに謝罪しました。旦那さんが言うには、前々から異常に嫉妬深いところがあったそうです。

その後、ご近所に噂が広まっていづらくなったのか、Aさんは実家に帰ってしまいました。今回の1番の被害者は、間違いなく旦那さんでしょう。どうにか更生してくれることを願っています。

 

まとめ:誤解による嫌がらせには、証拠で対抗!

思い込みの強い人は、一度「こうだ」と思ったが最後、歯止めが利かなくなってしまいがちです。誤解による嫌がらせを食い止めるには、動かぬ証拠を突きつけるしかありません。中央リサーチまでいつでもご相談ください。お客様のご不安が解消できるよう、誠意を持って調査させていただきます。

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します