探偵ブログ

それってホントに偶然?たび重なるつきまとい行為を探偵が撃退!

偶然を装ったつきまとい行為は、違和感を覚えても「勘違いかもしれないし…」と思ってしまうので、なかなか対処に踏み切れません。しかし、「あれ?」と思ったら、迷わず対策をとることが大切なのです。今回は、たび重なる「偶然」が悪質なつきまとい行為だった…というケースをご紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。 たまたま参加した街コン…それが悪夢の始まり ※相談者:30代男性 職業:会社員 もともと自分に恋人はいたのですが、最近よく耳にするから…と興味本位で参加した街コン。恋人を探すつもりは到底なかったので、3000円ほどで女の子と話せて飲み食いできるならいいや、くらいのつもりでした。 その中のひとりの女性と趣味の話で意気投合。勤務先も近くだということが判明し、思った以上に盛り上がってしまいました。その女性から「場所を変えてもう少し話しませんか?」と言われたので、軽い気持ちでOK。街コン終了後に近くの喫茶店でお茶をし、連絡先を交換しました。その夜、さっそくお礼のLINEが来たのですが、さすがに罪悪感が芽生えて「実は彼女が居るので、友達でよかったら」と返信。しかし彼女からのリアクションはなく、悪いことしたなぁ、と胸が痛みました。 なぜか1日に何度もばったり…不審に思い調査を依頼 次の日、駅で後ろから「偶然ですね!」と誰かに声をかけられました。振り向くと街コンで出会った女性。数分立ち話をして別れました。 その日の昼、昼飯を買いにコンビニに立ち寄ると、またその女性が。「こんなこともあるんですね」とお互い笑ってしまいました。 そしてなんと、その日の帰りも彼女と同じ電車に乗り合わせたのです。 しかし、これは始まりにすぎませんでした。 この日から毎日、出社時、昼、帰宅時に、彼女にばったり会うのです。酷いときには自分のマンションの近くで出会うことも。ここまで続くとさすがに自分も「偶然とはいえちょっと気持ち悪いな…」なんて感じ始めました。 そして休日。その日は朝から恋人が遊びに来ていました。夕方、近所に食事に行こうとマンションを出ると、またその女性にばったり遭遇。すると恋人が、薄気味悪そうに呟きました。 「あの人、朝、私がマンションに来たとき、部屋の玄関に立ってた…。私の姿を見ると、きっと睨んでどこかへ行ったの」 それを聞いたとき、全身鳥肌が立ちました。 事の顛末を恋人に正直に話し、「これはストーカー一歩手前だ」という結論になったので、探偵に調査を依頼。するとやはり、その女性はつきまとい行為を行っていたことが判明。自分がうっかり会社名を伝えたため、彼女は会社までやってきて、自宅まで後をつけていたようです。 調査結果を警察へ提出して事態は収束。恋人にはきっちりお灸をすえられました。 違和感を覚えたら、迷わず探偵へ相談を あまりにも偶然がかさなったり、不自然な場所で何度も会ったりする…。薄気味悪さを覚えても、「ただの思いすごしだ」なんて軽くあしらっていたら、悪質なストーカー行為へと発展する恐れがあります。「おかしいな」と感じたときは、探偵に調査を依頼することもひとつの方法だと覚えておいてください。 中央リサーチでは、お客さまのご相談に親身になって対応いたします。些細なことでもお気軽にご相談ください。

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します