探偵ブログ

浮気性の夫。浮気調査の探偵がプロ的視点で浮気を明らかにする!

パートナーが浮気をしている様子。でも、浮気慣れをしている人ほど証拠は掴みにくいものです。今回はあの手この手で言い訳を重ねた夫の浮気を、探偵が暴いたケースをご紹介しましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。 浮気しているのに…証拠が掴めず悔しい思いをする日々 相談者:30代女性 職業:専業主婦 結婚前、交際当時から浮気性だった夫。結婚してからもたったひと月目にして出会い系サイトで知り合った女性とLINEしていることが発覚し、大げんかになりました。けれども、専業主婦として仕事をせずに家事・育児をこなしている私は、生活費を夫に頼らざるを得ません。 離婚は何度も考えましたが、経済的な理由から断念。夫に「浮気を止めて欲しい」と言っても、LINEアカウントを削除されたり、巧妙に相手とのやり取り手段を変えたりして、証拠を隠滅。「浮気はしていない」と言い負かされてきました。 ある日、また浮気の証拠を見つけました。夫が飲み会で酔っ払って寝静まったときのこと、夫のスマホにLINEメッセージの受信を知らせるポップアップ表示がありました。 「明日ご飯食べに行こう」と絵文字つきの文面。浮気相手だな、と思いましたが、夫のロックナンバーは知る由もありません。また、夫の浮気を見過ごさなければならない私でした。 友人に相談の結果、探偵に調査を依頼することに 私たち夫婦をよく知る友人にこのことを相談すると、「一時的にお金がかかっても、そのあと慰謝料請求できるよ。探偵に頼んでみたら」とアドバイスを受けました。私は、離婚すると経済的に苦しい、現状を変えようにも何もできない…と思っていましたが、その言葉で真実を明らかにすることを決意。すぐに探偵事務所を訪れました。 調査の結果、たった1週間で夫は同じ職場の女性と浮気していることが分かりました。相手は独身女性で、私よりもうんと若い人。しかし、その女性はとある不動産会社の社長令嬢であることが調査で分かっていたので、私は夫と相手両方に、調査結果を証拠として慰謝料を請求しました。 まさか、私が探偵に頼むほど思い詰めているとは知らなかった夫。また、話し合いの前に子どもと私は実家に帰っていたため、なんのごまかしもできませんでした。これまで経済苦を理由に浮気性夫の元で耐えていましたが、私にとってよい条件で離婚できて、本当によかったです。 もうすぐ、私は離婚後知り合った、優しい男性と再婚します。当時お世話になった探偵さんには、深く感謝しています。 浮気を明らかにしたいなら調査のプロに依頼を 素人目に見ても浮気をしている相手。しかし、離婚調停や裁判の場では確固たる証拠が必要になります。自分の思う条件で離婚したいと考えているなら、ぜひ探偵にご相談を。中央リサーチでは誠意をもって、調査いたします。

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します