探偵ブログ

知っておくべき!浮気の証拠となるものって?!

はじめに

みなさんはパートナーが浮気しているのでは?と思ったことがありますか?

パートナーの浮気を立証するにはその証拠が必要です。

特に慰謝料をもらうとなると、証拠がないと請求するのは難しいです。

ここでは浮気の証拠になるものとはどんなものなのかご紹介したいと思います。

 

浮気の証拠になるもの

・写真や動画

たとえば、パートナーと浮気相手がラブホテルや自宅に出入りしているところや、2人で旅行しているところ、泊まったことが分かる写真や動画…などです。

こういった証拠は裁判になった時、浮気していたことが認められやすいものの、次のような条件が必要です。

複数かいにわたる不貞行為がはっきりしている、撮影した日時が記録されている、ラブホテルなどに入るところと出るところの両方が撮影されている…などですね。

 

・メールやLINE

最近浮気の証拠として多いのがパートナーのスマホに残されたメールやLINEの履歴です。

また、SNSなどで浮気がバレてしまうことも多いですが、それだけで浮気の証拠にはなりにくいです。

メールやLINE、SNSなどで性行為があったことが推測されるか確認できないと、証拠として認めれる可能性は低いでしょう。

また、最悪偽造されてしまうこともあるので、一般的に証拠能力は低いと考えられます。

ただ、パートナーが浮気を調停や裁判で認めている場合だと、こういったものでも浮気の証拠になるので、しっかりとプリントアウトして残しておきましょう。

 

浮気の証拠にならないもの

では、一見浮気の証拠になりそうでならないものにはどういうものがあるのかと言うと、

・車の座席に落ちていた異性の髪の毛

・パートナーと浮気相手が一緒に写っている写真

・浮気相手から来たと思われる手紙

・スマホや携帯電話に登録された浮気相手の連絡先

・浮気相手との直接的な表現以外のやりとり

これらは全て、浮気の証拠として認められないことがほとんどです。

 

浮気の証拠集めはプロに依頼を

パートナーの浮気を疑う場合、証拠集めを自分で行うのは現実的に難しいです。

そこで、プロである探偵事務所に依頼するという手があります。

探偵なら浮気調査を日ごろから依頼され専用の機材で調査しているため、対象者に気づかれず証拠集めを行うことができます。

しっかりと対象者の行動を監視することができ、調停や裁判で有効な浮気の証拠が集められます。

ほとんどの探偵事務所では相談や見積もりは無料ですので、複数の業者から見積もりを取った上でどの探偵事務所に依頼するか決めるといいでしょう。
ただ、プロが調査するので、それなりの費用がかかるのは当然のことです。

トータルの調査費用には幅があるものの、決して安いとは言えません。

そのため、本当に信頼でき親身になってくれる探偵事務所かどうか見極める必要があります。

また、親身になって相談に乗ってくれるかどうかも重要なポイントです。
パートナーの浮気の証拠を集めたい方はぜひご参考になさってみてください!

 

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲