探偵ブログ

浮気の不貞が証明しやすいのはラブホテル?

私達がよく会話の中で「どこからが浮気」という話題になりますが、浮気の基準はその人によって異なります。

 

キスをしただけで浮気をしたと考える人もいれば、性行為をしたときに浮気と決める人もいるでしょう。

 

実際に、法的に浮気・不倫が証拠となり得るのは不貞行為(性行為)が断定できるものです。

 

そして、最も浮気の証拠として多い場所は、圧倒的にラブホテルが多い傾向にあります。

 

今回は、探偵事務所に浮気調査の依頼を考えている方に向けてラブホテルの証拠能力について解説していきます。

 

浮気の基準とは?

 

私達の会話の中でよく話題になる浮気をした・していないの基準は、個人の考えによって異なります。

 

異性と二人で食事や飲みに行くだけでも浮気と考える人もいれば、性行為がなければ問題ないと考える人もいます。

 

結婚をしていない恋人同士であれば、浮気の基準は当事者同士が決めることなので問題ありません。

 

しかし、結婚をしている者の浮気・不倫は原則として不貞行為(性行為)があったと断定できる場合に認められます。

 

つまり、ラインの交換をしてやり取りしているだけ、デートをしたけど食事をしただけ、手をつないでキスをしたけど性行為はしていないといった場合は、法的には浮気・不倫とは認められません。

 

民法の法律で認められている浮気・不倫は「配偶者のある者が他の者と性的関係を持った場合」です。

 

 

ラブホテルは浮気の証拠能力を法廷で証明できる!

 

不倫カップルは多くの場合、性行為をするためにラブホテルを使うことが多いです。

 

ラブホテルは様々な場所にありますので、職場や自宅から離れた場所を利用すれば、知人に目撃されるリスクを避けられるからです。

 

ラブホテルは探偵にとっても浮気調査の有力なスポットとなり浮気の証拠を取れる確率が高いです。

 

ラブホテルでの証拠写真は、法廷でも「不貞行為」が認められる確定的な浮気の証拠となります。

 

そもそもラブホテルは性行為をするための施設であり、男女で利用すれば間違いなく性行為をしたと裁判で認定されます。

 

 

浮気相手の自宅マンションは不貞の証拠とはなりづらい

 

浮気相手が独身の一人暮らしの場合、浮気相手の自宅マンションで時間を過ごして性行為に及ぶこともあるでしょう。

 

この場合、ラブホテルよりも不貞の証拠とはなりづらいため、複数の事実確認が必要となり調査に時間がかかります。

 

浮気相手とラブホテルに行ったと分かるとカチンと怒りが込み上げますが、浮気調査は容易になり、確実な浮気の証拠が手に入るメリットがあります。

 

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します