探偵ブログ

浮気調査で尾行時、信号の変わる秒数把握が成功と失敗の要因となる

浮気調査は探偵のスキルやテクニックにより、成功と失敗に分かれます。

 

浮気調査を依頼する依頼主としても、どんな技術や体制が必要なのか予め知っておくことも大切です。

 

浮気調査で欠かせない尾行時には、信号が変わるタイミングを把握しておくことが重要です。

 

 

信号が切り替わるタイミングは尾行車両の成功と失敗の分かれ道

 

車でターゲットを尾行する時は、ターゲットの車は2台、3台分先行しています。

 

尾行をしている自分の車だけが赤信号に引っかかると、ターゲットの車だけ先に進んでしまい見失うリスクがあります。

 

ターゲットの車が直進ではなく、右折するときは信号のタイミングが命取りとなります。

 

赤信号に引っかかりそうになったとき、思い切って信号を渡り切るには高度な運転テクニックが必要です。

 

尾行エリアを知り尽くしている探偵は、信号のタイミングを先読みしてターゲットとの距離を詰めておきます。

 

ターゲットを見失わないように先回りできる脇道を使う対策も大切です。

 

 

探偵は高度な運転テクニックが必須

 

車による尾行調査は、時には危険な運転といわれる急な進路変更をしなくてはならない事もあり、高度な運転技術が求められます。

 

尾行ルートを予め把握しているときは、先回りや距離詰めが必須となります。

 

運転者は常にバックミラーを見ている可能性があるので、同じ車種の車がずっと自分の後にいるとすぐに気がつきます。

 

無理な運転をして事故を起こしたり、ターゲットに尾行がバレたら失敗となります。

 

 

複数名で数台の車輌による尾行がプロのコツ

 

 

ある程度の規模の探偵事務所は、徒歩や車を使った尾行でも

チームを組んで複数名で行います。

 

尾行用の車を2台以上用意している探偵事務所もあり、効率的に尾行をするために車1台とサポート用のバイク1台という組合せをする時もあります。

 

赤信号に引っかかりターゲットの車を見失ったり、ターゲットの車が急な停止をした場合には後方を走っているサポート用のバイクがフォローします。

 

ただし、ターゲットにバイクの存在を気づかせないためにも長時間の尾行にはリスクが伴います。

 

そのため、尾行を成功させるためには経験豊富なスタッフが高度な運転技術とスキルを持っている事が大切なのです。

 

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します