探偵ブログ

探偵は、車の運転からバイク、自転車など乗りこなせないと仕事にならない

探偵が調査をする際は、その場の状況に合わせて、徒歩、自転車、バイク、車の運転など様々な移動手段を使います。

 

旦那さん・奥さんが電車やバスなど公共交通機関を使っているけどそれでも尾行はできるの?と心配な方もいるかもしれません。

 

尾行というと車か徒歩で行うというイメージがありますが、電車やバスなど公共交通機関を使った尾行も行います。

 

探偵はどんな状況でも柔軟に尾行を行える体制を整えているので安心してください。

 

 

探偵は車、バイク、自転車など移動手段を柔軟に切り替える

 

ターゲットが大型バイクや自転車乗る場合、探偵は同じ移動手段を準備し尾行します。大型バイクうを尾行する場合は探偵も大型バイクでないとうまく追尾できないのです。調査員3名体制「バイク・自転車・車」という組み合わせも行われます。

 

また公共交通機関を利用するターゲットは歩きで移動するため、基本的には徒歩尾行となり、バスや電車に乗る際は徒歩尾行班が追跡します。

 

難しい事案の場合は、複数の調査員の人員体制で追尾を行うというのが基本的な尾行方法になるでしょう。

 

他にも、探偵には様々な手法があり、ターゲットの行動パターンに合わせて車やバイク、自転車を使い分けていきます。

 

公共交通機関を利用するタイミングがわかっていれば、別の調査員に先回りさせ車を待機させることもできます。

 

 

タクシーで移動するターゲットを追う方法は?

 

いつもはバスや電車を使っている人も深夜になるとタクシーを使って移動する人も多くなります。

 

ターゲットがタクシーに乗った場合は、徒歩尾行と車両尾行の組み合わせて調査を進めて行くのが基本です。

 

基本的にターゲットがどんな移動手段を使っても、先を予測しながら探偵は柔軟に移動手段を切り替えて、尾行することが可能です。

 

 

調査の移動手段が気になる場合は探偵事務所に相談しましょう

 

実際にどんな移動手段で尾行するかは、調査内容によって異なりケースバイケースです。

 

どんな移動手段を使って調査するのかなど、気になることがあったら、お気軽に探偵事務所の無料相談を使って相談してみましょう。

 

プロの探偵は、調査方法や移動手段を分かりやすく説明してくれますし、調査にかかる時間や費用も事前のお見積りや、打ち合わせで分かるのでご安心ください。

 

 

 

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します