探偵ブログ

探偵は高度な運転技術、高度なカメラ技術、そして忍耐・集中力が必要?

テレビドラマや映画に出てくる探偵は、クールな主人公として描かれていることが多く、カッコ良さに憧れて「探偵になりなたい」と思う人もいるでしょう。

 

しかし、実際の探偵の業務は、主に尾行・張り込みがメインといった地味な仕事が多く、忍耐や体力、集中力が必要です。

 

対象者を見失わないために、高度な運転技術、鮮明な証拠写真・動画を残すためにカメラや機材を使いこなすテクニックも求められます。

 

探偵の調査員になるために特別な資格は必要ありませんが、様々な能力が求められるため、向き・不向きがあるのです。

 

 

探偵になるために求められる能力とは?

 

探偵の仕事は、対象者となるターゲットに気づかれないように跡から付ける尾行や長時間の張り込みなど、地味で目立たない仕事です。

 

対象者がいつどんな行動をするか分からないので、緊張感の中機敏に動く柔軟さと忍耐力か求められます。

 

例えば、最も依頼が多い浮気調査の場合、ラブホテル付近で張り込みをして、対象者と浮気相手が出入りする瞬間を撮影します。

 

浮気調査は夜になることも多く、暗い場所でも鮮明な写真・動画を残す高度なカメラ技術も必須条件です。

 

多くの探偵学校ではスキルやノウハウを学ぶことができますが実際に探偵事務所へ入社してから、先輩に学び実務経験を積みながら独自野スキルを磨いていきます。

 

 

探偵の調査員に向いている人とは?

 

実際の探偵の仕事は、カッコいいイメージとは裏腹に、苦労が多いのに地味という過酷な業務をこなさなければなりません。

 

探偵調査員になるためには特別な資格は必要ありませんが、適性はあるので、どんな人が向いているのか確認していきましょう。

 

▼探偵の調査員に向いている人

好奇心が旺盛な性格

体力に自信がある

判断力がある

忍耐力がある

頭の回転が速い

強靭な精神力

高度な車・バイクの運転技術がある

その場に馴染む目立たないができる

高度なカメラ技術

新人の調査員も日々鍛錬を続けることで、スキルやノウハウは向上していきます。一人前の探偵になるために先輩から多 くの技術を学び、約5年程度の実務経験を積むことで一流の探偵調査員になることができるでしょう。

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します