探偵ブログ

浮気調査で探偵は夜フラッシュ使わない?

探偵事務所の浮気調査は、調査員が夜の時間帯に尾行や張り込みをすることが多くなります。

 

プロの探偵は、夜にフラッシュを使わずに証拠となる画像や動画を撮影することが可能です。

 

プロの探偵の調査方法は対象者にバレずに行うこと

が鉄則ですので、素人とは大きな技術の違いがあります。

 

今回は、浮気調査における夜のフラッシュについて見ていきましょう。

 

 

探偵が浮気調査で使う暗視カメラとは?

 

浮気調査の成功のポイントは、尾行・張り込みで決定されると言っても過言ではありません。

 

対象者に気づかれないように証拠となる写真・動画を入手するためには、暗視カメラを使います。

 

暗視カメラは一般のカメラと異なり、ISO感度の最大値が高く、赤外線投光器を使って、フラッシュなしでも暗視撮影できるのがポイント。

 

浮気調査では暗い場所、夜に浮気の証拠を撮影することが多くあるので、探偵は遠くまで撮影できる高感度のカメラを使い、浮気の証拠を押さえます。

 

素人が手持ちのカメラで撮影する場合、フラッシュをたかないと人物を特定することはほぼ不可能です。

 

しかし、フラッシュをたいたら、すぐに対象者に気づかれてしまうでしょう。

 

市販のデジタルカメラやビデオカメラでは遠くまで撮影することもできません。

 

プロの探偵はフラッシュなしでも暗視撮影できる機材を多数用意して、浮気の証拠撮影を行います。

 

暗視撮影用の機材を使うと、暗い場所でも鮮明な浮気の証拠写真を撮影することが可能です。

 

 

暗視カメラと一般的なカメラの違い

 

最近は、暗視機能付きのデジタル一眼レフカメラが増えていますが、撮影時には複雑な操作とテクニックが必要です。

 

一般的なカメラでも、暗視機能を使って撮影は可能ですが、浮気の証拠撮影には機能的には十分ではありません。

 

探偵は、ISO感度が高いカメラ、赤外線投光器と赤外線カメラを使い分けて、暗い場所でも浮気の証拠撮影をします。

 

ISO感度の高いカメラを使うと、フラッシュなしでも周囲に気づかれずに撮影できます。

 

赤外線投光器は赤外線を照射して、離れた場所でも投光器から照射された赤外線を捉えて撮影できる機材です。

 

明確な浮気調査の証拠を入手するためには、複数の暗視撮影用機材を使う業者を選ぶようにしましょう。

 

 

広島での浮気調査は中央リサーチへお気軽にご相談下さい

 

広島での浮気調査を依頼するならば、実績が豊富な中央リサーチがおすすめです。

 

暗い場所で撮影できる機材、ISO感度の高いカメラ、赤外線カメラなどを使い分けて、技術の高さに定評あり!

 

広島の土地勘もある調査員によって、高度な機材と技術を駆使し、確実な証拠を入手します。

 

浮気調査の証拠集めをご検討の方は、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します